プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

いや〜びっくりしました。

こんなに沢山の方(約250名)からメールをいただき改めて御礼申し上げます!


でも考えてみたら、このブログを読んでいただいてる方には最低必要な手引きだと思いますので今後も継続する事にしました。

ご希望の方は下記までメール下さい。(靴の履き方希望と書いていただければ助かります。)

e-mail:jog0320@ybb.ne.jp


2c27d848.JPG24日にNBのシューズで「高さ方向へ逃げている」という表現がわかりにくかったと思います。ズバリこの写真を見ると一発で判ります。

左はアシックスのGT−2110です。右がNBの4Eですが爪先の部分の高さが全然違うでしょ!

ブログにご質問いただいた方に

「正しいシューズの履き方・ヒールロックの仕方」のレポートを差し上げていましたが、今回クリスマスということもあり、ご希望の方全員にメールにてお送りいたします。

どんなにいいシューズでも履き方が悪いと宝の持ち腐れ(古)です。

お手持ちのシューズで試していただければ多分「アッと驚く○○○」(古古)です。

ご希望の方は下記までメール下さい。(靴の履き方希望と書いていただければ助かります。)


e-mail:jog0320@ybb.ne.jp

d188e7a2.JPGシューズを選ぶ時に幅広、幅広、幅広、と3回も言わなくてもいいんですが。

とにかく幅が広い(=楽な)シューズを探している人が本当に多いです。思い当たる方は何故それが駄目かもう一度私のブログを読み直して下さい。如何にそれがもったいないことをしているかご理解いただけるはずです。

さて写真を見て下さい。

右はN社の4Eで左はアシックスのサロマです。

サロマは実際ワイドですが確かワイド表示をしていなかったと思います。

N社の4Eって結構狭いでしょ。


皆さんご存知と思いますがN社はウィズサイジングの表現で足の円周で幅を表現しています。つまり写真の狭いシューズの場合高さ方向へ余裕を出している訳ですね。

でもそんな足型の人います?

以前にも書きましたがメーカー表示のサイズは信用してはいけません。
必ず、上下サイズをしっかり紐を締めて履き比べて決めてください。メーカーやタイプでワンサイズぐらい簡単に変わります。


じゃあ何故そんな事になってしまうのか?

昨日も書きましたが、欧米人ベースの足型でシューズを作ってしまっているのです。


本当に幅広の人は履けないはずです。

フリーについて再びご質問をいただきました。

結構、突っ込んだ話になってしまいましたのでメルマガでご紹介しようとおもいましたが、一度乗った舟ですのでブログで続編させていただきました。東京都の斉藤さんからです。

ここから

↓ ↓ ↓

シューズマスター野村様、
早速のご回答、ありがとうございます。
フリーのランニングシューズとしての機能の評価はそのようになるかと思うのですが、
問題はこのフリーのコンセプトです。ベアフットに近づけることにより、町履きしても細か
な筋肉の再生、鍛錬になってランニング能力の向上につながる、ということだと思います。

バランス的にも、低負荷の運動で楽をさせないことにより鍛えられることを狙っているわ
けですよね。この意味での効果はあるのでしょうか?シューズマスターの見解をお伺いし
たいのですが。

斎藤


回答です。

↓ ↓ ↓

斉藤さま

こんばんは。

シューズマスターの野村です。

ナイキのコンセプトは素足感覚の足の運びをイメージするところに
あります。

実話、このコンセプトは約10年前に三重の小山整形外科の
小山先生がブルックスとタイアップされて地下足袋シューズを作った
のが初めです。(数年前にお亡くなりになられました。)

このシューズは芝生限定でスピードランナーが地面を掴む感覚を
意識させることを目的としていました。

ブルックスのシューズは地下足袋という形にして使用環境を限定
させたところに潔いコンセプトが明確に出ています。

ところがナイキのフリーはそれをミッドソールに持ってきたことが許せません。

フリーは簡単に言いますと海岸を走っている状況を作っています。
つまり足の力を分散させる事によって負荷をかけていることにしています。

これは欧米人の筋力バランスには問題ありません。(ネジレが少ない)

しかし日本人にとっては柔らかい、軽いシューズの好きなオバチャンが履く
コンフォートシューズと全く同じです。(行きたい所へ行ってしまう。)

何故かはブログを読んでいただければご理解いただけるはずです。

いかがでしょう?

追記です。フリーに限らずナイキのシューズに関しては、ラスト(足型)も含め基本コンセプトは欧米人ベースで作られています。彼らに言わせれば「何故、日本人向けのシューズが必要なの?」です。

過去から1つを除いてそのスタンスは変わりません。

その一つが「迅・速」で一世を風靡した初代ストリークシリーズです。これはナイキジャパンの企画です。

薄底のニーズが少ない米国ですからもともとシリーズ化されていませんでしたので参入しやすかったのだと思います。しかしこの時でも日本人向けのトレーニングモデルは造りませんでした。

10万足ぐらい売れても屁でもないのです。

彼らはモンスターメーカーですから日本の小さな需要に合わせたシューズには興味ありません。

写真のエアマリアは13年ぐらい前にブレークしました。いいシューズでした。

これだけのシューズを作れるのに.......。残念!
a9fbaee9.JPG

0d1de9a3.jpg写真はナイキのエアペガサスです。もう10年以上継続している隠れたベストセラーのシューズです。このシューズの特徴は中足ホールドがしっかりしている事と、アウトソールが一枚バーンで硬くヒールも日本人に合うタイトな造りになっています。やはり良いものはシンプルです。

今回、巷で人気のフリーについてお問い合わせいただきました。非常に好対照です。

ここから

↓ ↓ ↓

シューズマスター野村様、

いつもたいへん参考になるブログをありがとうございます。メルマガも楽しみに読ませていただいています。

最近、ナイキのフリーがちょっとしたブームになっているようです。かなり以前から米国のRunners' World誌などでもベアフットのトレーニング効果については度々記事になりますが、フリーもこの延長にあるものと思われます。フリーを普段履きにウォーキングやジョギングに使うことの効果はどれほどのものでしょう?是非、シューズマスターのご意見をお聞かせください。

回答です。

↓ ↓ ↓

Sさま

こんばんは。

シューズマスターの野村です。

フリーのお問い合わせですね。

以前にもブログで書きましたが、個人的にはナイキは好きなメーカーです。
このメーカーが本気で日本市場にあわせたシューズを作ってきたら.......?
アシックスも危ないかもしれません。

実はアシックスが一番戦々恐々としていますが、残念ながらこのモンスターメーカー
は目を向けません。

つまりフリーは欧米人には面白いシューズかもしれません。
しかし日本人には全く効果ありません。

第一に昔からナイキがデザイン性でよく採用していますハラチタイプのモノソックスアッパーは
ホールドが甘く日本人のネジレを押さえてくれません。

また形状重視の為、ヒールカウンターが入っていません。
これではビーチソックスを履いているのと同じです。

シューレースのハトメを見ていただければ一目瞭然ですね。
これでは全くホールドが取れません。

これはスニーカーです。

【通販限定】ファンケル「サプリはじめてセット」約30日分★980円(税込)

b684d655.JPG前作の2100を殆んど踏襲しています。


ただフォアフットが柔らかすぎですね。


せっかく中足ホールドが良いのに最後でクニャとねじれてしまいます。

体重のあるランナーや腰痛の方はもう少し固目のシューズをお勧めします。

da9041ff.JPG写真のシャンク部分の形状と強度が変わりましたが、足型や補強部分は継承されています。

通常メーカーは毎年モデルチェンジをしていく事でユーザーの購買意欲をそそります。


その意味ではトレーニングモデルでは珍しい程、変わっていません。

変える勇気よりも変えない勇気ですね。

fe255465.JPG好評GT-2100NY の後継モデルGT-2110です。

写真のモデルはスリムタイプ(残念ながらレディス展開のみ)。

以前スーパーナロータイプを出してきたアシックスさん!企画のOさん!

どうしちゃったの。

「なんでこんな中途半端なスリムなんか出したんですか?」と聞きたくなるほどノーマルタイプと殆んど変わりません。


正直メーカーさんも数を売りたい。

逆にワイドばかり打ち出しているメーカーよりは評価できますが、やっぱりスーパーナローを出したときの気概は感じられないです。 残念!

ただユーザーとしてのあなたは必ずこのSタイプを履いてからノーマルを履いて下さい。


殆んどの方がSタイプになると思います!



怪我から回復するときの曲線?を意識してください。

バイオリズム曲線と同じイメージで考えればわかりやすいと思います。

一般に怪我から回復した時点をピークと勘違いしてまた怪我をしてしまうパターンを繰り返しているランナーが多いです。

つまり怪我の時がマイナス域とします。

次に回復したときがゼロポイントになります。

ここから更に慎重にアップしていくことによってプラス域に持って行きます。(この我慢が大事)

その為にも自分の体調、筋力、疲労度、などできるだけ多くのパラメーターを把握することによって自分のゼロポイントを意識する事が大事です。

以前、「自分の走っているフォームは自分ではわからない。」と言いました。

わからないが故にフォームを意識すると余計に力が入り、逆にロスになってしまいます。

今日は意識しやすいフォームの改善提案です。


それはズバリ肘の位置です。


腕振りはどうしても左軸の為、疲れてくると左を抱え込んでしまいます。

逆に右は利き手の為、振りかぶってしまいます。

こうなると、第一に腕の左右の高さが違ってきます。

次に肘(ひじ)が体側より前に出てしまいます。

これでは上体が安定しませんね。


ですから肘(ひじ)の位置を常に体側より後ろに意識するのです。

それによって上体の安定が保たれ、腕振りの推進力が生きてきます。

OK?


5
創刊準備号にもかかわらず、早速の登録ありがとうございます。

多くの方から、沢山ご質問をいただきようになりブログでもご紹介させていただいておりますが、十分にご紹介できません。

OJTではありませんが生のご質問はよりあなたのランニングライフに共鳴していただけると思いブログの方でその回答をさせていただこうと思います。

メルマガは主に練習方法やボディバランスをメインにしていこうかな〜と考えています。

新たな読者が増え、気合を入れて行きますのでヨロシク!

今日はちょっと趣向を変えて私の好きな本をご紹介します。

ひすいこうたろう著 「名言セラピー」3秒で人生は変わる!

この本!それこそ目からウロコがボロボロです。年齢に関係ありません。是非読んでみてください。

巻末の一説をご紹介して本日の〆とさせていただきます。


今日という日.....

「あなたがくだらないと

思っている今日は、

昨日亡くなった人が

なんとかして生きたかった

なんとしてでも生きたかった

今日なんです。」


今日はそんな日なんです。


今日、あなたとこうして

出会えたことに感謝します。


なんちゅうテーマや!と怒らないで下さい。

肩こりがいいのではありません。

日本人は仕方がないのです。ですからうまいこと肩こりと付き合っていかないといけません。

以前にもお話しましたが、欧米人と日本人の骨盤の幅が違う為、日本人はお尻に筋肉が無く太ももで体を支えています。

その為、外側へ捻る癖が付いてしまい、ちょうど昔のロボットのように左右に振れながらバランスを取っています。

このひねりが腰の緊張を促し、体が反ることによって首が前に出てきて肩が凝るのです。

因みに欧米人にあまり肩こりの人はいません。

ところがこれを肩こり産業は見逃しません。

やれマグネットだ!マッサージ機だ!整体だ!

でも完全に治った人の話は聞いたことありませんよね。

いつも言ってますが痛い所や凝っている所が問題ではないのです。

そこへ負担を掛けているところが問題ですね。

日本人である限るある程度の肩凝りは仕方が無いのかもしれません。

だけどその原因さえ判っていれば、ランニングでもウォーキングでもその練習方法に工夫が出てきます。

どうすればいいのでしょう?


すごくシンプルに考えてください。


例えば、通勤する道順を変えてみる。

ランニングでしたら右回りをしてみる。

ジグザグに歩いてみる。

こんな所に考え方を持っていってください。普段とは違う筋肉を使います。

5
お待たせしました!?

やっとメルマガを創刊することになりました。

もちろんブログも頑張りますが、メルマガならではの発信をしていきますので登録よろしくお願いします!!

●配信先の登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000172999.htm

-------------------------------------------------------------

創刊準備号ですが、いろいろな特典も考えてます。



88dd52e0.JPG写真は以前ブログでご紹介しましたカーボンの補強を入れたGT−2100です。

先日、いつもブログを見ていただいている埼玉のNさんからご注文をいただき早速使用した感想をいただきました。

ここから

↓ ↓ ↓ ↓

> こんばんは、所沢のNです。
>
> 早速取り付けて走ってみました。
>
> これはいいです。どうも最近僕には硬い靴があっているのではないかという気になってきているのですが・・・
> 取り付けた状態でソールをいろいろな方向にねじったり曲げてみたりしてみましたが こんなに硬い靴はあまり売っていないんじゃないかと思います
>
> ところが走ってみるとこれ調子いいですね。
>
> どんどん足が前に出て行くのでペースを上げないようにするのに苦労するという感じです。靴底にバネが入っているような気がして。ゆっくり走るよりスピード出すのが気持ちいいです
>
> ただ効率が良い=トレーニング効果が高い=体に負荷がかかりやすいということで

> 走った後は最近無いくらいしんどいです。
>
> ジョグペースが上がってしまって、ゆっくり走るのがかえって難しい気がしてます

> 以前はキロ7分から6分30秒くらいでゆっくり行ってましたけど・・・
>
> 最近はキロ6分くらいが気持ちいいです。
>
>
> またしばらくこの靴で走りこんで見ます。

ここから回答です。

↓ ↓ ↓ ↓

Nさま

こんばんは。野村です。

早速のレスありがとうございます。

そうですね。
確かに横方向へ逃がさないように直進性を重視してつくりました。

その為、足抜けが良くなりますので普段の着地している時間より
短くなります。

疲れやすいのは、今まであまり使っていなかった内側の筋肉を
使っているからです。非常に練習効果が上がります。

Nさんは走力があるのでターサーを履いてた時に実感があると思います。

Nさんがおっしゃるように、このシューズは非常にネジレに対して強くなっています。
いかに世の中のシューズがダラダラに柔らかく出来ているかご理解いただけると思います。

お客さんは理由もなく柔らかいシューズがいいシューズと勘違いしてますし、メーカーも

売りたいが為にそれに合わせて造ります。

それ程、この業界は危機的な状態にあります。

※トレーニングタイプのシューズチューンアップお問い合わせ先

e-mail:jog0320@ybb.ne.jp


ゆるいシューズを履いて走ると腰の筋肉に余計な緊張が入るために腰痛になる話をず〜としてきました。

逆説の真理ではありませんが、無意識に腰に緊張が入るのは問題です。

けれども意識的に緊張する事はトレーニングになります。

具体的に言いますと後ろ走りです。

グランドの逆回りと考え方は同じですが、普段と違う動きは使っていない筋肉に意識的な緊張を入れますので運動効果は大です。

お試しあれ〜。

最近ランニングシューズの簡単な選び方についてご質問をよくいただきます。

一番いいのはお店のシューズを全部履く事です!

でも、んな事できませんよね。

過去の記事を読んでいただければわかると思いますが、初めての方にはわかりにくいかもしれませんね。

以前にも書きましたが、お店でシューズを選ぶ方の多くは「手と目と頭で選んでます。」(^^;

つまり手で持って軽さで選ぶ→→ランニングシューズは軽く出来てます。あなたは100m走のシューズを探しているのですか?

次に目で選ぶ→→町履きのスニーカーではありません!

最後に頭で選ぶ→→自分の決めたサイズ以外履こうとしない。

ね。

これではなかなかシンデレラのシューズは探せません。

大変かもしれませんが一度、バックナンバーを全部読んでみてください。

再度、ご質問お待ちしております。e-mail:jog0320@ybb.ne.jp

腹筋運動や腕立て伏せなどに限らず筋トレをする時のコツは「長めにダラダラすること」です。

まとめて100回腹筋をやろうとすると、早く終わろうとしてどうしても速くなってしまいます。

すると一部の筋肉しか活性があがりません。

あまりうまい表現ではありませんが、20回やってちょっと休憩してまた20回やる。

というようにダラダラやる方が効果大です。

ウロコ2枚ぐらい落ちました?

いよいよ来週はホノルルマラソンです。

本当に一年は早い!

以前このブログで始めてホノルルマラソンに参加される方に注意点を紹介しました。

せっかくですのでもう一つ!

経験者の方はご存知ですが日の出前のスタート後、ダウンタウンのクリスマスイルミネーションが綺麗で見とれてしまうと思わぬ落とし穴があります。

3万人の参加者がいますので自分の走っている地面が見えません。そんな時、道路の中央を走っているとセンターラインの突起物につまずく恐れがあります。

左右どちらかへコースを取るように注意してください。

マハロ〜




いよいよ冬らしくなって来ました。

調度今頃の季節は体が冬型に切り替わる時期で怪我が多くなる時です。

ご質問の中に色々な箇所の痛みの話が出てきます。

痛みにも種類がありまして、例えば朝痛い時は筋肉の痛みですが、運動直後に痛むのは神経痛です。ですから同じ箇所が痛んでもその時々によって違います。

↑このページのトップヘ