プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

今回は多くのランナーの方が参考にしていただけるご質問です。単純な現象の中に大きな問題点がありました。

ここから

↓ ↓ ↓


すごいブログだなぁ〜と感心しております。

先週、かなりのアップダウンのある周回コースで初めてのフルマラを走り、両足親指爪下が水ぶくれになってしまいました。その時はそんなアップダウンとも知らず3時間半で走る気分でターサーING(26.5cm)を履いていましたが、前半1時間45分、後半大失速の21時間15分で4時間もかかりました、トホホ。普段のレースでは豆なんかできないので、下り坂を繰り返すうちにつま先が圧迫されたのだと思っています。走力としては、普段の練習は5分/kmちょいで10〜15kmです。レースは、10km40分・ハーフ1時間30分を目標にやってます。練習靴は、GT2100NY(26cm)、adidasロッテルダム(26cm)です。ただ、結構気に入っているロッテルダムの長さがちょっと窮屈で中指に軽い血豆が出来たので、アディゼロCS(27cm)を先日購入しました。アディゼロにした理由は、私の足の形状は甲は少々高いかもしれませんが、幅は広くないと思っており、その時の試し履きではアディダスがなんとなくフィットしたからです。アシックスヘリオスランナーやジェネレーサーはワイドモデルではないのですが、私にはゆったりしていて、紐を締めると先のほうがしわになってしまいます。NBのRT1000は、足の中指が窮屈でNG.でした。このブログを拝見していて、私程度であればターサーはハーブでというのは全くそのとおりでした。つま先の血豆対策とレースと練習の靴にアドバイスいただけますでしょうか。

ここまで!

回答です!

Aさま

こんにちは。

シューズマスターの野村です。

ご質問ありがとうございます。

まず、つま先の血豆の原因ですが複数の要因があります。
第一にAさんの足が細身であることが最大の要因です。これはもうひとつのご質問と連動しますが
現状、国内で幅広の方のシューズはいくらでもありますが細身の方に履いていただけるベストシューズ
は本当にありません。

「風が吹けば桶屋が儲かる」の諺ではありませんが、細身の方はどうしてホールドが甘くなるため
シューズの中で足が遊んでしまいます。

そのためバランスを取ろうとして足の指で踏ん張ります。その瞬間!腰筋緊張(腰に力が入る)を伴い
形としてお腹が前へ突き出る格好になる為さらにバランスを取ろうとして顔が前に出ます。
(一度やってみたください。)(^^;

そうなんです。腹筋以外の全てに余計な力が入る為、その時点で余計なパワーを使ってしまっているのです。
(肩こりの原因はこれが長時間続いて起こります。)

話を戻します。(また脱線してしまいました。)

親指に力が入るのは過緊張といいまして蹴ろうという意識が強すぎると出ます。
これは親指に鉄の棒が一本入った状態で走ってますのでブレーキがかかります。
わかりやすく言いますと自転車のブレーキを力いっぱい握りながら走っている状態になります。

一部の年配のランナーに多いのですが意識して指に力を入れて走る方がいます。

これではもったいないですよね。

症状として腰痛や肩こりはありませんか?

次にシューズですが正直今のアディダスはあまりお勧めできません。

アディゼロなどはなかなかのシューズですが全てにいえるのはミッドソールが柔らかすぎる
のです。これではパワーが逃げていきます。

今、履かれているGT−2100は幅広にできてますがハトメ中央のパワーフィットがホールドを
出してくれますのでサイズが大きくなければ十分履けると思います。
それでも甲がきつくなるほど締まってしまうのでしたらミズノのウェーブクリエーションをお勧めいたします。

どちらのシューズもブログでご紹介しましたので参考に見てください。
あと「正しいシューズの履き方」もお送りいたします。

さてこれは対策にもなりますがもうひとつの原因はジョグのペースです。
5分/kmのペースで走られているようですが、これがすべてに物語ってます。

ブログでも書きましたがジョグは最低でも6分/km、できたら7分/kmで走ってください。

速く走る方が楽です。なぜなら衝撃も少ないし筋肉を使いません。
バランスも取りやすいです。自転車がそうですよね。

つまりAさんは知らず知らず一番走りやすいスピードつまり御自分の心肺能力と筋力
が一番負担の少ないタイムレンジで無意識に走ってしまっているのです。

これは言い換えればいつも使っている使い易い筋肉なのです。

でもその筋肉は悲鳴を上げてます。

何故なら最初に言いましたバランスを取っている腰の筋肉なのです。
それは生活筋といいまして普段生活しているときに使う筋肉なのです。

スポーツは非日常の筋肉を使うから楽しく効果もあります。

ゆっくり走ると疲れます。それはバランスを取る為に多くの筋肉に緊張が入る為です。
そうですだから練習になるのです。

人間の脳はどうしても一番使い易い筋肉を使おうとします。(楽をしようとします。)

何の為にジョグをするのかを理解して自分にとって「うっとうしい」「辛い」ことを
選択してください。それが練習です。

いままでのジョグは消耗です。

結論になりますが、秋藤さんもやっぱり腹筋のがうまく使えてません。
うまく使う為に実際に使ってください。使えば使えるようになります。

そうして無意識に使える筋肉を増やしていくのがジョグです。

以上です。(^^)/

またまただらだら書いてしまいました。
ご参考になればうれしいです。

お問い合わせバンバン下さい!


昨日はるばるアメリカからメールをいただきました!オハイオのFさんありがとうございます。

ここから

Subject:
日本国内用と海外仕様の違い

野村様:


最近野村様のブログを見つけ毎日(?)興味深く拝見させて頂いております。

数年間こちらで、ランニングを楽しんでおりますが、以下のことで質問があるのですが、お教え下さい。当方まだフルは走ったことはありませんが、ハーフで1時間45分前後、月間125から150マイル(200〜250km)です。

此方で購入するシューズ(アシックス、ミズノですら)はどれも合いません。日本のメーカーでも海外仕様は変えているのでしょうか?特に踵のフィット感はどれもいまいちで日本人の私には合いませんでした。2年前日本に帰国した折A店でGT2080を履いて驚き直ぐに購入しました。それ以来スロージョグには2080を履き、今ではソールの白い部分が見えております。今月日本にまいりますので、ジョグとレース用シューズを購入したいと考えております。 ジョグ用にゲルフェザーと考えておりましたが、出来がそれほどでもなさそうで(野村様の受け売りですが)GT2100にしようと考えております。レース用 (ハーフから30km)で推薦シューズがあればお教え下さい。憧れのターサークラッチと思っているのですが、小生の走力で履きこなせるか心配です。お手数ですがお教え下さい。

”シューズの正しい履き方” 出来ましたらお送りいただきたく存じます。

アメリカのFより

ここまで

回答です。

おはようございます!(こんばんはですね。)

シューズマスターの野村です。

海外からメールをいただくと本当にネットの威力を感じます。

さて海外にいくと日本のショップの品揃えに改めて感心します。
外国の場合、専門店が少なく大型のショピングモールでの買い方に
なる為、なかなか欲しいものが手に入りません。
だから通販などが発達しているのだと思います。

Fさんの使用されているGEL−2080は2〜3年以前のシューズ
ですが、アシックスがワールワイドで出しているシューズのひとつです。

現在、カヤノをはじめGT−2100NYやGEL−1100などこの
ワールドワイドモデルが生産量も豊富でアシックスの主力商品に
なっております。

ランナーズワールド誌(米国)のランキングでも上位を独占していると思います。

ですからこのシリーズでしたら比較的海外でも入手しやすいと思います。

問題はターサーなどのレース用で海外では入手が困難だと思います。
(LAのオレンジカウンティで大阪のSさんが出店されているみたいですが。)

Fさんもお判りだとと思いますが外国人は一部のシリアスランナーを
除いてターサー、ソーティーなどの薄底のシューズは履きません。
またレース用と練習用に履き分けたりもしません。需要がないんですね。

以前、試しにebayでターサーを出品したことがありますがまったく無反応でした。

話が逸れてしまいました。

さて現在ジョグ用でしたらやっぱりGT-2100シリーズをお勧めいたします。
また海外でしたら比較的入手し易いのがSauconyです。

いずれにしても靴底を見てできるだけストレートな硬めのタイプをお勧めいたします。

レースはハーフまででしたら是非ターサーを履いてみてください。
月間走行距離が200Km以上走っている方でしたら全然問題ありません。
是非、冒険してください。それがレースです。
また、ビルドアップやペース走などの練習にも使えます。

しかしブログでも書きましたがフルマラソンの場合はハーフで4分台をキープ
できるようになってからしたほうが懸命だと思います。

それとゲルフェザーはジョグ用ではありません。
アシックスの表示もレース用のワイドモデルになっています。
現行のフェザーはNBを意識してかただ幅がルーズなシューズ
になってしまいお勧めできません。はっきり言って失敗作です。

”正しいシューズの履き方”をお送りいたしますので試してみてください。
多分いままでと全く違う足感を感じていただけると思います。

多謝

現在”正しいシューズの履き方”をPDFにまとめてます”ご質問いただいた方により理解していただくために回答と合わせてお送りしています。

今月中にまぐまぐからメルマガを発行しますのでその時にご案内しようと思いましたがご希望がございましたらeBooKでお送りします。下記メールアドレスまでご連絡下さい。

e-mail:jog0320@ybb.ne.jp 野村まで

本日Kさんからご質問いただきました。

国内と外国メーカーどちらがいいのか?



ここから

↓ ↓ ↓ ↓

@ランナーのリンクでいつもホームページ興味深く拝見させて
いただいています。

ナイキのカタナ3(レース用)とカタナケージ(ジョグ用)を使って
いましたが、最近、雨の時にジムで走った後、ロッカーの上に
カタナケージを置いて風呂に入って出てきたら無くなっていました。
それでカタナケージの代わりを考えているのですが、(今は
昔のアシックスのGT−2080を使っています)
以下の質問があるのですが、教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。(当方、月間150−300km、
フル3時間43分、ハーフ1時間34分です)

1.どこにもナイキのナも今まで出てきていないのですが、
ナイキのシューズは、日本人には合わないでしょうか?
(カタナ3とケージはランナーズで、悪く書いていなかった
ので、ウエアに合わせて買いました)

2.A店でGEL-DS Trainerを履いてみましたが、幅が狭
いので止めました。GT−2100にしようかとその時思ったのですが、
11月にニューモデルがでるようなので、買いませんでした。
なにかGT−2100と併せて、走りこみ用での推奨モデルがあれば
教えていただけますでしょうか。

3.A店で購入しているのですが、いつも0.5mm大きい
サイズを勧められます。(ナイキで27cm。アシックスで27.5cm)
カタナ3も若干大きく感じるので、ジョグ用の薄めのソックスではなく、
厚めのソックスを履いて対応しています。このあたり、自分の感じ
で選んだ方が良いのでしょうか。

お手数ですが、教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

↑ ↑ ↑ ↑

ここまで

回答です。

↓ ↓ ↓ ↓

Kさま

こんばんは。

シューズマスターの野村です。
ご質問ありがとうございます。

なかなかシビアーなお問い合わせをいただだき
こちらも気合を入れていきます!

1.ナイキの是非!

さてナイキの是非ですが、私自身は好きなメーカーです。

エアマリアなどはGREAT!!!でした。

余談になりますがポートランドのキャンパス(ナイキの本社)
へも行きました。

社屋の周りは柵もなく土手の上がランニングコースになっており
昼間から走っている社員が沢山います。

そうなんです。

彼らは自分の設定した就業時間以外は自由にスポーツを
楽しむのです。

正にアメリカン!ですね。

モンスターメーカーだけのことはあります。

さてカタナシリーズですが約5年前にデビューしたその名のとうり
日本企画のレース用シューズです。
(なのを隠そう私もシューズサンプルに意見させていただきました。)

「ナイキのイノタニ君その後元気ですか?」(^^)/

それ故ヒールカウンタも日本人の足にピッタリでホールドもいい
シューズでした。

ところがこれがEU(欧州)で大人気になり結局、WWモデルに
なってしまいました。

勿論、足型は欧米人に合わせていますので踵が大きくなって
しまい、その上ワイドモデルまでできたため益々、ゆるいシューズ
に変わってしまいました。

ブログでも書きましたが、日本人の体型は世界でも非常に稀な
体型ですので足型も違います。

つまりそのような稀な足型に合わせてモンスターメーカーが
シューズを作ると思います?

これはナイキ以外のアディダスやNBなどのナショナルブランド
にも共通しています。
彼らは日本人に合わせていますというアプローチをワイドモデルや
4Eモデルで供給していると勘違いしています。

30年前でしたら十分それでOKだと思いますが、
今の若い世代でワイドモデルは必要ありません。
逆にナロータイプが必要です。

最近やっとレース用ですがNBからDワイズが出ました。

ただこれは総論ですのでKさんに合うかどうかは別ですね。

まず大事な事はシューズをきっちり履く事!
(今回、シューズの履き方を合わせてお送りします。)

これなくしては、どんなにいいシューズでも長靴を履いて
走っているのと同じ事です。

ローマオリンピックマラソンで優勝したエチオピアのアベベは
石畳の上を裸足で走り一躍有名になりました。

つまり人間の足の機能はそれ程すばらしい能力を持っています。
シューズはあくまでサポートに過ぎません。

ですから何を履いても走れるのです。(^^;

でも当時はフルマラソンを走る人は稀でしたが、シューズの機能が
発達した現在では、そこそこ練習したら走れますよね。

それだけにシューズの機能を効果的に引き出す為にもシューズを
ちゃんと履いて無駄を出さないようにしなければいけません。

以上の理由で今のカタナはあまりお勧めできません。

2.ジョグ用のシューズ

文面からジョグ用のシューズを探していらっしゃる様ですが
DSトレーナーは底は厚めですがジョグ用ではなくスピード練習用です。
靴底を見てみるとわかりますが足型がカーブしています。

これでジョグをしても腰に負担がでるだけでジョグの効果は期待できません。

GT−2100がベストです。

ニューモデルも同じ足型ですのでお勧めします。

ポイントは固めのシューズを選んで下さい。
柔らかいシューズは捻りやすくこれも腰に負担がでるだけで
いわゆる腹筋に緊張が入らずジョグの効果はありません。

3.サイズの件

はっきり言い切ります!
間違いなく一般に皆さん大きめのサイズを履いています。

取り合えず大きければ履けますから。


大き目のサイズを薦めるショップと店員さんはあまり
信用できません。

必ず小さいサイズも履いてみてご自分で判断して下さい。

最後に参考としてシューズの正しい履き方を後程お送りしますので
試してみてください。

いままで体感した事のないフィット感が出ますよ!

※シューズの正しい履き方を簡単にまとめました。
ご質問いただいた方にメールにてお送りいたします。

4
4d3a5edc.JPGやっぱり女子マラソンは華がありますね。

写真はのシューズは高橋尚子さんがシドニーオリンピックで履いていた同型のシューズです。ラインはジャパンモデルにしか使用されないジャパンレッドです。(千葉チャンではなくてすみません。)

いいシューズは形を見ると判りますが、人間の足の形になっています。造りのよろしくないシューズはコッペパン(古い!)みたいな形になってます。デザインではなくこういうフォルムを見るのも大事ですね。

ひっこく今日もソックスです。

昨日はちょっと脱線してしまいましたのでもう一回!

ご存知の方はいいのですが新品のソックスを買った時の注意です。できれば買ったソックスをすぐに履かずに一度洗濯してから履くと繊維が柔らかくなって足になじみ易いですよ。

またウルトラなどの長距離を走る方などはソックスをひっくり返して(裏地を表)履く人もいます。こうすると縫い目が指に当たらずマメ防止になるそうです。ハイ。

ソックスは直接皮膚に触れる故いろいろ試してみる価値はあります。

例えば五本指ソックスなどはプライベートでも履いてみるとそれだけでトレーニングになります。

特にアーチが落ち気味の方やハンマートゥ(スパイクなどを履いていた影響で指先が曲がっている)の方には普段と違う緊張が刺激になります。けれどもこれが楽だから普段も常用してしまうのは感心できません。

ちょっと難しい言い方になりますが、「自分のゼロポイント」を常に意識することです。人間の身体は非常に良く出来ており変化を日常化してしまいます。先程、言いました楽だからついつい常用してしまうとそれが当たり前になってしまうのです。

これでは本来のゼロポイントが判りませんよね。

世の中にある商品の多くが「楽だから」と理由で売れます。確かに楽に越した事はありませんが、もっと楽なものを求めてしまいます。例として適切ではないかもしれませんが今ではバリアフリーの家は当たり前です。でも考え方を少し変えるとそこに敷居があるから避けるという行動を起こすわけで、それが刺激にもなっているはずです。

青汁ではありませんが「まずい!」イコール体に利く。とイメージできるように何時も私が言うように「しんどいシューズ」を「うっとうしいシューズ」を履くからトレーニングになっているのです。

話が脱線してしまいましたが「楽」が悪いのではなく「楽」と感じられる事が大事なのです。

其のためには自分のゼロポイントを意識して於いてください。

シューズの話ではありません。

ソックスには多種多様のタイプがありますのでここではちょっと違う話を....!

20年来のお客さんでお寺の住職ランナーはなんとソックスを普段8枚(夏場でも)履いています。勿論走るときは少し脱ぎますがそれでも3〜4枚履かれています。理由は蒸れないためだそうです。女性でしたら判ると思いますがストッキングが蒸れるのは汗を吸い取ってくれないからです。

ある意味非常に理にかなっていますね。

逆に布切1枚入ってても嫌なランナーがいます。桜道も完走されたN走ろう会のMさん。

走歴30年以上のベテランランナーですが足裏はツルツル、もうこの域になってくると理屈を超越したところがありますね。思わず脱帽です。 ハイ。


今回は2つも大きなテーマをいただきました。
「腹筋とサブスリー」です。

2回に分けようかと思いましたが明日より3日間九州へ行きますので、もしかしたらブログが書けないかもしれませんので一挙に掲載します。ご参考にしてください!

ここから質問です。

野村様

Oです。夫婦ともども大変お世話になった者です。その節はありがとうございました。その後、野村さんは、お変わりありませんか?お元気ですか?ブログ楽しく読ませていただいております。野村さんのジョギング、マラソン、シューズにかける思いには改めて驚かされました。今後も面白いネタ期待しています。僕は、ただ今、揖斐川に向けてトレーニング中です。

さて、2つ質問です。

1つめ:走るときの腹筋の重要性は十分感じています。しかし、腹筋が使えている状態というのは走っているときにはどんな感覚になっていれば良いですか?鍛え方は、わかっているのですが、それが使えていると判断できる基準がほしいなあと思います。まあ、これは感覚をたどるしかしょうがないですが…。

2つめ:サブスリーを目指しています。やれる資質があるかわかりませんが、ぜひとも達成したい気持ちは強いです。そこで、トップ選手や3時間切れるランナーと3時間以上かかるランナーの違い、そして、サブスリーを達成する条件、身体的資質、練習方法等、野村さんが知りうる限りで結構ですので、教えていただけないでしょうか。

以上、2点について、お聞きします。

ここから回答です。

Oさま

こんばんは。野村です。

ブログ読んで頂きありがとうございます。
お客様に背中を押されてスタートしたようなものですが、Oさん
始め多くの方からご支援いただき本当に良かったと思います。

さてお問い合わせの件ですが2件とも簡単にお答えできる問題
ではありませんが自身の範囲でお答えいたします。

1.腹筋の件

結論から言います。

タイムです。(^^;

次の質問とかぶりますが、例えば腰痛の方は痛みがなくなる事で体感できるのでは
ないでしょうか?

腹筋は腰筋などと違い骨についている筋肉ではありません。
つまり付きにくく、落ちやすい筋肉なのでどうしても主力の腰筋に頼ってしまいます。

ですからその腰筋の負担を抑えることで、例えばバランスが変わり効率がよくなりタイムアップ
になるまさに三段論法です。

菅さんに言わせれば「1%の変化は人間にとって激変です。」といわれます。

話を戻します。

例えばフルマラソンで皆さんよく言われるのが「33km過ぎにペースがガタッと落ちる。」
むちゃくちゃ正確ですよね。

これをパラメーターにしたらいいと思います。

つまり腹筋の効率がアップ=ペースダウンの距離が伸びる!(体感できますね!)

勿論、最初に言いましたタイムが一番判りやすいですけどね。(^^;
5000mのタイムトライアルでもいいと思います。
でも体感は難しいかもしれません。

2.サブスリー

これをテーマにしたら多分、本が一冊書けるかもしれません。

どんなスポーツでも同じですが、やり始めからの上達の進歩は個人差はありますが
練習量にE%の曲線で上達します。

ところが、それが頭打ちになってくると量で補おうとして怪我をしてしまいます。
これが多くのランナーの方の悩みだと思います。

だからどうすればいいだよ!。(^^;

ハイ!

結論です。









無駄な練習をしない。

ここまでひっぱってこれかよ!と思わないで下さい。

インターバルトレーニングの方法やペーランのことを書いても今更だと思います。

いかにタイムを良くするか!少なくとも今までと同じでは駄目なことは判りますよね。

勿論、量稽古は必要です。(例えば一ヶ月前の走り込みなど)

しかしブログでも書きましたが、それ以前にロスをだしていたらザルと同じですよね。

まずそこから見直す事が大事です。

例えばシューズの履き方など非常に単純ですが以外と知らない、やっていない
事は沢山あります。

しかしそんな事はまったく無視して形やHow to を求めてしまいます。

今流行のナンバ走りなども大昔からありましたが、本質を理解せずに形だけ追っかけても
タイムどころか逆に怪我さえしかねません。

実話、その辺のことを詳しくまとめたノウハウを菅さんとまとめる予定です。
(すみません有料になりますが) (^^;

フルマラソンは誤魔化しができません!逆に成果が出ます。方法さえ間違えなければ.......。

次回のボディバランス測定会(詳細決まりましたらご連絡します。)でその辺のお話できれば
幸いです。

走りこみは10月中旬までですよ。

多謝


ランニング・シューズだけでなく腰痛・膝痛などの故障などのボディバランスに関するご質問でも結構ですので遠慮なくお問い合わせ下さい。(即答がむずかしいご質問については、ご協力いただける先生方に確認後、ご連絡させていただきます。)勿論、無料です!

E-mail:jog0320@ybb.ne.jp

件名を「らんにんぐぶろぐ質問コーナー」でいただければ幸いです。


4
a98a933f.JPGシリーズ11作のトップモデルです。

カヤノの名前は開発者の萱野(?間違えていましたらゴメンナサイ。)さんから取って命名されました。シリーズ中の傑作が写真の第7作カヤノです。サイドに入っている補強はネジレを許さず。しっかりと方向付けをしてくれるシューズでした。

往年の名機として紹介するのには新しすぎるかもしれませんが、ここ10年の区切りの中では3本の指に入る名機です。復刻を期待したい逸品です。

愛知県 Mさん

はじめまして。
一生懸命読んでいますが、悲しいかな、素人の私には分からないことが沢山です。
もしかしたら、変な質問かもしれませんが、教えてください。宜しくお願いします。


娘(小5)のシューズの選び方について教えてください。
昨年から学校の陸上部に入り、これまでは短距離をやっていましたが、今シーズンは長距離をやることになりました。
長距離と言っても、試合は1Kmから3Kmくらいで、タイムは1Kmが4分くらいで走ります。

教えていただきたい事は、
シューズのサイズは23.5cmで、大人用でも子供用でもあるサイズなのですが、やはり大人用を履かせるのはいけないのでしょうか?
アシックスさんのHPを見ると、ジュニア用としてゲルスカイレーサーがありますが、これを履くのが一番なのでしょうか?
もし、大人用を履かせても問題ないなら、どのあたりのシューズがいいでしょうか?
(今までアシックスさんのシューズを履いてきたので、アッシクスさんの一覧を見ています)
また、練習は校庭や周りの道ですが、試合はトラックが中心となりますが、同じシューズで問題ないのでしょうか?
教えてください。お願いします。

ここから回答です。

Mさま

こんばんは。シューズマスターの野村です。

すみません。もう少し判りやすく書きます。(^^;

さて、小学生のお子さんのお問い合わせもよくいただきます。
一般的には先生が薦めるシューズを履かれるみたいですが、
非常に個人差が激しいことと成長期の為、シューズセレクトが
難しいです。

一般論になりますが参考意見として聞いて下さい。

まずMさんが選択されたスカイレーサーは正解です。

骨格が成長途上ですので、レディスモデルでも合わない
と思います。特にアシックスの場合踵が大き目ですのでどうしても
ルーズに履く癖をつけてしまいます。

ジュニアモデルが履けるならそれがベストです。
試合用としては逆に先生とご相談された方がいいと思います。

問題はスカイレーサーですべての練習をしてしまう事です。

距離にかかわらず必ずアップとしてジョグをしますが、このシューズが
一番疎かになってしまいますが一番大事です。

極端な言い方をしてしまうとレースなんかは逆になんでもいいです。
(ほっといてもいいシューズを履こうとしますから)

しかし一番長い時間履くシューズが一番大事です。
そしてこのシューズが身体の正しいバランスを教えてくれるシューズ
だからです。

具体的に言いますとアシックスでしたらGT-2100NY(W)かミズノのウェーブ
マーベリックがいいと思います。但しサイズは23cmも必ず履いてから決めてください。
このシューズでできるだけゆっくり6分以上/kmぐらいの速度でアップしてください。


これらのシューズは踵がしっかりしていますのでブレがなく、いっぱい筋肉を使います。
(本人は嫌がるかもしれませんが、シンドイことをするから練習になるのです。)

以上だらだら書きましたが、判らない事がございましたら遠慮なくお聞き下さい。


ランニング・シューズだけでなく腰痛・膝痛などの故障などのボディバランスに関するご質問でも結構ですので遠慮なくお問い合わせ下さい。(即答がむずかしいご質問については、ご協力いただける先生方に確認後、ご連絡させていただきます。)勿論、無料です!

E-mail:jog0320@ybb.ne.jp

件名を「らんにんぐぶろぐ質問コーナー」でいただければ幸いです。

Tさん から次のようなご質問を頂きました。

いつも、丁寧な内容の解説をいただき、とても勉強になります。
 シューズについて教えていただきたいのですが・・・。
 11月末のフルマラソンで3時間30分で走りたいと思っています。
 このタイムに最適なシューズは、どれにすればいいのでしょうか。

 (走歴1年、ハーフ1回 1時間40分(本年6月)、フル1回 4時間(本年3月)、月間走行距離 350Km)

 私は、レース本番では、ゲルフェザーか、ライトレーサーの使用を検討していましたが、ゲルフェザーは、出来があまりよくないとのご評価ですし、ライトレーサーは、42Kmの最後まで脚が持つか不安です(ちなみに現在の練習用はJOG、ロング走、ペース走とも、GT−2100NYを使用してまして、40Kmのロング走は、キロ5分前後、ペース走はキロ4分30〜40秒です。)。

 とてもなやんでいます。是非お教えください。御指導の程、よろしくお願い申し上げます。


回答です。

こんにちは。

シューズマスターの野村です。

お問い合わせありがとうございます。

さてお問い合わせのシューズ選択の件ですが、一番難しい
タイムレンジですね。

走力的に30kmまででしたら間違いなくターサー(IGSタイプ)をお勧めします。
30kmという距離はフルマラソンのハーフとしてイメージしていただければ結構です。

しかし残り12kmこれですね。⊂(・人・)⊃

もしTさんがラスト10kmで5分30秒まで
ペースが落ちるようでしたら逆にGT-2100を選択するのが一番無難だと思います。
3時間30分決めれます!

ライトレーサーはやはり4分台キープしないとしんどいです。

次に現行のフェザーはお勧めできません。
フェザーでしたらGT-2100の方が数倍よいと思います。

Tさんが各距離でベストタイムを出したときのイメージを思い出してください。
必ず余力を残していると思います。
ハーフまででしたら突き抜けますが、フルは30km以降の余力のレースです。
これを何で賄うか!

逆に言いますと30kmまでは何でもOK!かもしれません。

GT-2100は使っていて判ると思いますが、決して重いシューズではありません。
それはフィットしやすいからです。
つまりロスが比較的少ないので、其の分推進力になりますから距離が長くなれば
長くなるほど効果大です。

シーズン初めと履きなれたシューズという要因もあわせて!

結論:GT-2100NYです。

ランニング・シューズだけでなく腰痛・膝痛などの故障などのボディバランスに関するご質問でも結構ですので遠慮なくお問い合わせ下さい。(即答がむずかしいご質問については、ご協力いただける先生方に確認後、ご連絡させていただきます。)勿論、無料です!

E-mail:jog0320@ybb.ne.jp

件名を「らんにんぐぶろぐ質問コーナー」でいただければ幸いです。

先日ランニングフォームの問い合わせがありました。

たまたまベルリンマラソンの野口みずき選手を見ていてグッドタイミングでしたのでお答えいたします。野口みずき選手の場合何故あのストライドが保てるか!答えは「あの厳しい筋トレ」と「体重(体格)」です。

以前にも書きましたが、日本人はあの高橋尚子さんや渋井陽子さんの様なピッチ走法が本来の走り方になります。それは日本人の骨盤が欧米人よりも幅が狭い為、お尻に筋肉が付きにくくどうしても太ももが発達して脚で支える体形になります。いわゆるガニマタです。

その証拠に皆さんシューズの外側が減りますよね。

一方欧米人の場合、ラドクリフに代表されるようにお尻で上体を支えている為、脚が真っ直ぐに出ます。当然ストライド走法になってきます。短距離が強い最大の要因になります。

旧東海銀行所属の大南姉妹は典型的な駅伝ピッチでした。其のため善戦はするのですがなかなか激走ができません。しかし大南さんの場合あの上背ですのでストライドを伸ばすと途端に脚の負担が大きくなってしまいます。

そうなんです!正に野口みずきの走りは他の選手には真似のできない走りなのです。

「腹筋の話をする」と言ってなかなかしないので読者の方からメールでお叱りを受けました。

んで早速します。

タイトルに書いたように「腹筋を鍛えることと腹筋を使えることの違い。」は同じようで実は違うんです。

過去の記事を読み返していただくとわかると思うんですけど......。。(^^;

今日はちょっと違った視点から!

腹筋運動には色々な方法がありますが、一番効果的な方法を一つ披露させていただきます。

脚を90度に曲げての起き上がり腹筋ですが、一般に成果を上げようとして数をこなそうとしてしまいます。するとどうしても背中に緊張が入り腰を使って起き上がる事に集中してしまいます。

つまり腹筋を使わない腹筋運動をしてしまいます。(なんのこっちゃ!)

やっと結論です。

腹筋(特に下腹筋)を使うには降ろすときにゆっくりと集中して降ろします。(かなりしんどいです。)
回数も5回もすると限界になりますのでこれを15分のインターバルで4〜5セットしてみてください。

つまり1時間の腹筋運動になります。(脳は休んでいるときも腹筋を使い続けます。)

次回に続きまっせ〜!

ご自分が履いているシューズの名前や型式をご存知の方いますか?

名前どころかサイズすら知らない人がいます。

だいたいシューズを買う時に箱はお店で処分される方が多いです。(最近ゴミの処理が大変ですから)そうするとなかなか名前が覚えれません。

方法として少し面倒かもしれませんが箱についているラベルの部分だけ切って保管しておくのがベストです。そうすれば次回、お店のスタッフにそれを見せればモデルチェンジしていてもそれに近いタイプを選んでもらえます。(ターサーなどは毎年ニューモデルがでます)

もう少しシューズに対して意識して欲しいと思います。

今日、うちの嫁さんが駅で捻挫しました。

アスリートで怪我の多い人はバランスが悪い可能性があります。

特に左足の捻挫は着地する脚(軸足)ですので癖になりやすいので注意が必要です。

やはり何度も言いますが腹筋ですね。

次回はどうすれば使える腹筋になるか!を説明します。

f71f0649.JPG昨日アシックスのジャパンシリーズについて書きましたが、ご質問がありましたのでもう少しハトメの部分について書きます。

写真がその部分です。

こうしてアップにするとより機能が明確にわかりますね。

そう、例えば穴の位置を見ると人間の足に対して均等にホールドが出るように考えてあります。コンバースのオールスターやアディダスのスーパースターの様に一列に並んでいませんよね。

またハトメの形にも注目して下さい。

アシックスマークの縦ラインの所が長く伸びていますね。これはここのホールドを特に出したいというあらわれです。そして横へのネジレを無くしよりパワーを推進力に変えていくのです。

せっかくこの様なトップモデルのシューズを履いてもシューレースをゆるく締めていたら長靴と同じ価値になってしまいます。

これも競技者なら絶対にゆるせないロスなのです。

※もし質問がありましたらこのメルアドへ下さい。

↓  ↓  ↓  ↓

jog0320@ybb.ne.jp

4
413998a2.JPGアシックスのジャパンシリーズには「ソーティ」「ターサー」「スカイセンサー」「フリークス」の4機種があります。

3〜4年前に限定扱いで基本的な足型やデザインを変えずに定番化されました。

従来の限定品と言えば派手なカラーで差別化され売りにくいだけの商品でしたが、長年愛用したいというユーザー側に立った画期的な考えでシリーズ化されました。

さすがに素材、縫製(基本的に日本製)は最高級です。

内側の縫込みを見れば素足で履いても縫い目が影響しない縫製になっています。

また中足ホールドをアップする為、ハトメの形状工夫やシューレースホールの位置などかなり手間隙をかけて作られています。

ただ走りやすく造ってある分、目的に合わない使い方をすると脚に過剰負担がかかります。

一般的にターサージャパンをフルマラソンでの使用する場合2時間30分以内の方が理想です。

3時間以上かかるランナーの場合IGSが入った他のターサーを履いた方がタイム的に好結果がでます。

まだまだ続きまっせ〜!

自分の軸足(バランス足)知っていますか?

一般的に軸足はバランスをとる足でランニングの場合、着地をする足です。(?)

良くわからないですね。(^^;

右利き、左利きにかかわらず一般に左足が軸足の方が多いです。

これは学校のグランドが左回りだということも少なからず影響があります。

シューズの減りを見ると左足の外側が右足より減っている方が多いです。

これは左足で着地して右足で蹴っている様子をイメージしてみて下さい。

もう少し判りやすい例を言うとサッカーをしていてボールが転がってきたらどちらの足で蹴りますか?そう!右足ですよね。つまり左足でバランスを取って右足(力足)で蹴るのです。

このイメージをグラウンドで再現すると、左カーブの場合左足で第一衝撃を受け止めてバランスが整った時右足で推進していく感じですね。ですから逆に右足が軸足の場合、左回りはすごく走りにくくなってしまいます。

また左軸の人も筋肉の使い方がワンパターンになるので逆回りの練習は効果があります。

右肩が開く人などは上体の筋力アップをすると非常に効果的です。

日本の中距離ランナーなど見ているとコーナーを回っているときは世界に引けをとらないのに直線に入った途端スピードが落ちてしまうのは左右のバランスの崩れによるロスが大きいですね。

このロスをなくしていくのが競技です。

そうすると練習方法も個々人違ってきて当然です。

是非、自分のバランス状態、故障原因、練習方法をチェックしてみてください。いかに無駄な意味の無い練習をしているか!(今日は少し熱くなってしまいました。)

まだまだ続きまっせ〜!

06b1f8a2.JPG以前に「シューズを手と目と頭で選んでいませんか?」

という記事を書きましたよね。

「手で選ぶ」というのはシューズを持って上下に振っている人!あなた違いますか?

軽いシューズがいいシューズと勘違いしている人ですね。

今日は頭でシューズを選んでいる貴方の事です。

例えば、同じサイズ以外履かない方。レース用でもジョグ用でも違うメーカーでも同じサイズで選んでしまい、違うサイズを履かない方です。

アシックスのサイズ表示(シューズのインソールに貼ってあります。)は親切で日本サイズ(cm)以外にヨーロッパサイズとUSサイズの表示がしてあります。
例えば、ターサーなどのレース用とGT-2100などのジョグ用のサイズを見てみると日本サイズは同じですが海外サイズは違います。(知ってました?)

これには理由がありますがここでは省略します。

次に頭で履いてしまう典型はメーカーを決めてしまう事です。

特にアシックス派とミズノ派などは嗜好だけで決めてしまうのは非常に問題です。(特にレース用)
一般的にアシックスの方がミズノより幅や踵にゆとりがあります。特に踵が小さい人は一度ミズノを履いてみてください。ビックリしますよ。

以前にマメができたとか合わなかったとか理由を付けて選択肢を狭くしてしまうのはもったいないですよ。マメや靴擦れの原因はシューズのではなく履き方が9割です。

一度試してみてください。



どっかで聞いたタイトルですが、あまりにも有名なんで説明は省きます。

要はゆっくり運動するほど多くの筋肉を使います。

当然、疲れます。

ゆっくり歩くという事は身体のバランスが取りにくい為、多くの筋肉を使います。特に中心の筋肉を使いますので。バランスの悪い方は一度お試しあれ。

↑このページのトップヘ