プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

最近ランニングシューズの簡単な選び方についてご質問をよくいただきます。

一番いいのはお店のシューズを全部履く事です!

でも、んな事できませんよね。

過去の記事を読んでいただければわかると思いますが、初めての方にはわかりにくいかもしれませんね。

以前にも書きましたが、お店でシューズを選ぶ方の多くは「手と目と頭で選んでます。」(^^;

つまり手で持って軽さで選ぶ→→ランニングシューズは軽く出来てます。あなたは100m走のシューズを探しているのですか?

次に目で選ぶ→→町履きのスニーカーではありません!

最後に頭で選ぶ→→自分の決めたサイズ以外履こうとしない。

ね。

これではなかなかシンデレラのシューズは探せません。

大変かもしれませんが一度、バックナンバーを全部読んでみてください。

再度、ご質問お待ちしております。e-mail:jog0320@ybb.ne.jp

腹筋運動や腕立て伏せなどに限らず筋トレをする時のコツは「長めにダラダラすること」です。

まとめて100回腹筋をやろうとすると、早く終わろうとしてどうしても速くなってしまいます。

すると一部の筋肉しか活性があがりません。

あまりうまい表現ではありませんが、20回やってちょっと休憩してまた20回やる。

というようにダラダラやる方が効果大です。

ウロコ2枚ぐらい落ちました?

いよいよ来週はホノルルマラソンです。

本当に一年は早い!

以前このブログで始めてホノルルマラソンに参加される方に注意点を紹介しました。

せっかくですのでもう一つ!

経験者の方はご存知ですが日の出前のスタート後、ダウンタウンのクリスマスイルミネーションが綺麗で見とれてしまうと思わぬ落とし穴があります。

3万人の参加者がいますので自分の走っている地面が見えません。そんな時、道路の中央を走っているとセンターラインの突起物につまずく恐れがあります。

左右どちらかへコースを取るように注意してください。

マハロ〜




いよいよ冬らしくなって来ました。

調度今頃の季節は体が冬型に切り替わる時期で怪我が多くなる時です。

ご質問の中に色々な箇所の痛みの話が出てきます。

痛みにも種類がありまして、例えば朝痛い時は筋肉の痛みですが、運動直後に痛むのは神経痛です。ですから同じ箇所が痛んでもその時々によって違います。

53e75c8d.JPGアシックスのラインやアディダスの3本線は中足ホールドを出す為です。と以前かきました。

シューズのデザインは機能の現れです。

特に日本人の場合、中足アーチ落ちによる外反拇指や内反小指に悩む人が多い為、幅広のシューズを選ぶ方が多いです。しかし写真のように調度その部分がフリーになるようなデザインのシューズを探せばホールドを保ちながらあたりも優しくなります。

ただデザインだけ追っかけてるようなシューズではなかなかシンデレラの靴は探せません。

9baa2aa8.JPGよく初心者だから安いシューズでいい!とか練習用のシューズだから何でもいい!と思っている方が多いのには驚きます。

まったく逆です。

でも適正価格があります。(高ければいいというものでもありません。)

そうですね、あくまでも目安ですがやっぱり定価で1万円前後が目安になります。

ランニングをする上で最低限の機能と耐久性を考えると定価で¥7000以下のシューズはオススメできません。

逆に¥13000と¥10000のシューズの差はあまりありません。(但しトレーニング用です。)
この価格差は自動車で言うオプションパーツの違いです。基本は変わりません。

「初心者だから安いシューズでいい」と思っている方は、実は色々なシューズを履いた経験があまり無いので、その差を体感していない為です。

作家の開高 健が言ってましたが「昔おいしいと思っていた食べ物を何十年振りに食べてみると思ったよりもおいしく感じない事がある。」これを「知恵の悲しみ」というそうです。

つまり色々なものを食べる事によって味覚の経験ができ、時間の経過がその食べ物を美化してしまって実際に食べてみるとそのギャップに驚き、哀愁を感じてしまうそうです。

話を戻します。

先日、ご紹介しましたNBの991(Bワイズ)ですが¥28000(希望小売価格)の価格はどこから来るのか疑問に思われている方が多いと思いますので、ちょっと説明させてもらいます。

製品コストは材料費や工数などいろいろありますが一番は生産ロットです。

つまり100足作るよりは10000足作った方が一足あたりのコストは安くなりますよね。

するとメーカーは造りやすいシューズを造ります。

写真は991のインソールを抜いた内側を写しています。

ご自分のトレーニングモデルと比較してみて下さい。

中心に縫い目が見えますが、これはソックスをイメージしていただければいいと思います。

つまり足を包んでくれてます。

この製法はスリップラスティング製法といいましてターサージャパンやソーティーなどのレース用のトップモデルにしか採用されていません。勿論手間がかかるので大量生産には向いていません。

次に見にくいと思いますが、カカトをホールドしているアンクルパットですが、一般のシューズと比べると薄くできています。その理由はカカトを押さえているヒールカウンターとアッパーの造りがしっかり出来ているから可能になります。

カカトのパットが厚めにできてるシューズは支えが貧弱な為パットを厚くして言い方が悪いですが誤魔化しています。パットがヘタレばゴソゴソの靴になってしまいます。

これらはほんの一部ですが、この様に目で見えにくい所の差が履き心地の差になります。

これは履いた人にしかわかりません。経験です。

お店で靴を選ぶ時、高価なシューズを履きまくってください。

それで嫌な顔をする店でしたらお払い箱ですね。(キッパリ)





4195d2d5.JPG昨日、ご紹介しました、ニューバランスの991ですがニューバランスジャパンでも取り扱いしています。しかしワイズ(シューズ幅)がメンズで2E、レディスでDワイズになります。

NBのワイズは表示とかなり違いDワイズですと2E相当、2E表示ですと4E相当になります。ですからお決まりのルーズなシューズになってしまいます。

今回、ご紹介させていただいたBワイズは日本未入荷です。

このBワイズのシューズを私も若干のストックを持っておりますので、どうしても幅が合わずに困っている方がございましたらご連絡ください。

本日、数人の方から「どうすれば手に入りますか?」とお問い合わせいただきましたのでご案内させていただきました。

現実、日本人の足型が昔と比べて細くなっていることは以前ブログでもご紹介しました。ところがメーカーから出てくるシューズはいまだに「幅広ゆったり」のキャッチコピーのシューズばかりです。

逆の細身タイプのシューズが無いのは「売りにくい」のとシューズの本質を知らないからです。

メーカーもお店も「幅広で楽ですよ。」と楽して売ってしまっているんです。

私のように「しんどい」「うっとしい」シューズを履いてください。なんて言いながら売っているお店はあまり無いと思います。しかし決してサイズの合わないシューズを薦めているのではありません。

このブログを読んでいただいた方でしたらご理解いただけるはずです。

そろそろ皆さん気がつき始めました!

よね。

85bb47bf.JPG久々のシューズ紹介です。

写真のシューズはNBの991 USA製ですがなんとBワイズです。

え〜ここでワイズの説明をちょっとしますね。

A

AA 

B

D

E

EE --標準的な日本人の足幅(足長と同じぐらいの足囲)

EEE --いわゆる3E

EEEE --いわゆる4E

F

G

とアルファベット順に足幅のサイズを表します。(Cはありません。)

ここで注意が必要なのですが、ISOなどの工業規格で明記してある数値と各メーカーの数字は一致しません。メーカーによってはワイドと表現しているところもありますので結構いいかげんです。

さて991に話を戻します。このシューズはアメリカ製ですがBワイズは特に本国でパーツも造りこみ職人もアメリカ人が作っています。(最近のNBのUSAモデルはパーツは海外製でアッセのみ本国です。)

トゥボックスの押さえも良く踵も絞られていますので日本人にピッタリです。

普段緩めのシューズを履いている方が履けば多分そのホールド感にビックリすると思います。

さすが矯正シューズメーカーだけあります。

ただ残念なことに日本には正式入荷していません。

なんでも生産量が通常機種の1/1000らしいです。(因みに日本での販売価格は¥28,000です。)

残念。

ランニング・シューズの大事な機能の一つに通気性の良し悪しがあります。

冷感繊維を使用したり靴底にベンチレーションホールを開けたレース用は別として、トレーニング・タイプのシューズの場合どこをチェックするか?


答えはシュータン(ベロ)です。

ところが皆さん爪先のメッシュ部分ばかり注目されます。

例えば自転車で坂道を下るとき、ペダルに乗せている足の爪先を下に向けると確かに涼しいです。

だけど爪先を下に向けて走りませんよね。

だからメッシュの部分は常に進行方向と平行になりますから直接風はあたりません。

流体学的に言いますと「物質の最表面における流速はゼロである。」⊂(‘人‘)⊃(ウォホン!)

走っているときは常にベロの部分に風があたります。


海外メーカーのシューズは欧米人のラスト(足型)に合わせて造っていますのでベロは厚めにできています。

マメの原因は熱です。

ちょっと気にしてみてください。

いつもメールを頂く埼玉のNさんからインソールについて具体的なご質問をいただきました。

皆さんの中でもいろいろなインソールを使われていると思いますが、使い方を誤ると逆効果になってしまいます。以前にもこのブログで書きましたがインソールに頼るのは問題です。

ご参考ください。

ここから質問です。

↓ ↓ ↓

こんにちは、埼玉のNです。

今日1週間ぶりに走りにいきました。ここんとこ仕事も忙しかったので久しぶりです。


整体で骨盤調整してからはじめてのRUNなんですがやはり違います
立ち方そのものが根本的に変わってきているので、当然走った感じも違うだろうとは思っていましたが。今回はそれにプラスしてインソールも純正とは交換して走ってみました。

僕はスノーボーダーでインソールはボード用のブーツに入れ始めてかれこれ10年くらいになりますが今回使っているのはSという会社の製品です、ご存知でしょうか。走るためのモデルかどうかはよくわからなかったんですが踵のプロネーションを防ぐ効果だけに的を絞った簡易版でごく薄いものですが拇指球より下の踵よりの部分には少ししか変形しない硬めのプラスチック板で補強がされており靴全体で見るとものすごく固いシューズにに変貌しました。

なぜそんなことをしてみたかというとその状態で歩くと非常に気持ちがよくて調子がいいので走るほうにも使ってみました。

感想なんですが、整体の効果か、インソールの効果かはわからないんですが
前回のメールで右足は拇指球に抜ける感じがあると書いていた部分が変化して親指に抜けるような感覚に変わってきました。

さらに左足については違和感がかなり解消していて、殆ど右と同じように使っている感じで走れて居ます。

走っていても非常に調子がよくてペースを上げないようにするのに苦労してました
今日は夜明け前に走ってきたんですが街灯に移る自分のフォームが明らかにかっこよく変化していてこれはかなり嬉しかったですね。

ただ走り終わってからしっかり腹筋に張りが出てました(笑)そこを間髪居れずにクランチをやって〆に腕立て伏せをもうできねーというところまでやるのが最近のメニューです。おっしゃるとおり大胸筋も弱いのかもしれません。

以前フィットネスクラブの無料検診でやった体の筋肉バランスを測る機械では足は左右ともアスリートレベルで体幹部の筋力は一般人より少しだけ強い位でバランスは悪かったようです。

それからあの練習法を試してみましたけど面白いですねあれ、今日は10kmくらい走った後だったからあの走り方で20m走ってジョグでつなぐインターバルに勝手にしてましたけどきつくてそんなには本数はできませんでした。

前回のブログで紹介されていたシューズのチューンナップと言うのは(カーボン製のインソールを作る方法)非常に興味があるのですがあれをしていただくにはどうすればよいのでしょうか?
僕は埼玉なんですが、もし野村さんにあのチューンナップをしていただくとした場合どちらに行けばいいのでしょうか。あるいは料金はいかほどのものでしょうか?

僕はずっとスノーボードという道具を使うスポーツをしてきたので。道具が非常に大事になる場合があることは直感的に理解できます。スノーボードでもブーツが一番大事だといいますから。

どうも長々とすいませんでした。

ここまで。

回答です。

こんばんは。野村です。

メールありがとうございます。

さてSの件ですが、正直我々が言っています楽なインソールの一種になってしまいます。

アーチを高くして指を付けやすくなっていると思います。ですから常用は禁物です。

日本人と欧米人の足の違いの一つに踵骨(かかとの骨)の大きさが違います。

特に高さが違います。

欧米人の方が高いため調度ハイヒールを履いてる形になります。ですから足の指が付きやすく直進性があります。

逆に日本人の場合は、かかとが低い為どうしても指が付きにくくアーチも落ちやすくなります。

ですからアーチを上げてあげると走りやすくなります。(当然ですよね。)

私も中学から大学までスキーをやっていましたが、スキーブーツやボードのブーツ
のように足を固めるスポーツにはモーションコントロールがし易く回転系の競技には向いていると思います。

ただランニングには使い過ぎに気を付けてください。特にレースはやめた方がいいです。疲れますから。

せっかく使われているのに余計なことを言ってしまい申し訳ありません。

我々の考え方はボディバランスなんです。
ブログで紹介していますように、足の負担は中心軸のバランスの崩れ
が原因であって足元を楽にすることでは決して直らない事をご理解下さい。

アーチを上げれば楽になることが体感できます。しかしそれは捻りやすくすることで楽に感じているのです。

数十年間付き合ってきたご自身のバランスを簡単に変えることはできません。
1%の変化は人体にとって激変です。

しかしその1%は非常に大きな変化だということもご理解下さい。

何故なら100m走での1%は1mで1/100のタイムを求めているアスリートにとっては非常に大きな1%なのです。
もちろん距離が伸びればその絶対値はもっと大きくなりますよね。

次に我々が作っているインソールのさわりをご紹介いたします。

我々のインソールは勿論足圧の測定をして体重のかかっている所、例えば極端に腰筋緊張が強い方は反り返りますから踵に体重がかかりやすくなります。

その時、踵の倒れ方(内外)を見ながら何故外転(内転)しているのかなど確認しながら、足型に合わせて作ります。

ただ一般のインソールと大きく違うのはその時のネジレを体で感じて無意識に拮抗筋に緊張を入れ自身のバランスの中で体感させます。

その為、トレーニングタイプのインソールは一週間に一日だけしかも30分のみのウォーキング使用に限定させていただいてます。

何故かと言いますと脳には拮抗筋肉を使ったという残像が一週間続きます。

その間、普通のシューズで走る事で無意識に使い使えるように変えていきます。

そのようなトレーニングでバランスを変えていき三〜四ヶ月に一回バランスチェック をして、結果を見ながら更に強弱をつけていきます。

ですから1年ぐらいかかります。

なんか文章に書きますと大変そうですが、バランスの変化を視認できますので非常に判りやすいです。体の変化も結果体感できます。

関東にも定期的に行きますので次回、測定会のご案内させていただきます。
(私自身は名古屋在住です。)

次にカーボンシートのチューニングですが一応¥5,800/setになります。
シューズをお送りいただければ対応可能です。

ご検討ください。

今後、その辺のボディバランスをベースとしたシューズの履き方やトレーニング方法

などをまとめた小冊子を作ります。

有料になってしまいますがPDFでも対応できるようにしますので、改めてご案内させていただきます。

ここまで。

色んなケースがありますが、原因を究明していくと以外な事がわかります。

シューズの選択だけでなくマメや膝痛などご質問がございましたら下記までメール下さい。
(ブログでご紹介する事もあります。)

e-mail:jog0320@ybb.ne.jp シューズマスター 野村まで。

5cd748c7.JPG最近のトレーニング・タイプのシューズに使われている紐はほとんどオーバルタイプ(中空)のちょっと厚みのあるタイプです。

写真のような平紐に変えてみてください。

あらあらビックリホールド感がずいぶん変わります。

シューレースも経年変化をしますので、定期的に交換をオススメします。

シーズンに伴いスピードトレーニング方法のお問い合わせをいただきましたので、ユニークな方法を一つご紹介します。

スピードトレーニングの方法ですが、ショートスプリントのテクニックです。

距離:20〜30m
サイクル:1〜2回/週で20〜30本

出来るだけ歩幅を狭くしてスピードを出した状態から今度はできるだけピッチを落とさずにストライドを伸ばしてみてください。

要は右足に捻る余裕を与えずに中心軸の筋肉を使う練習です。

また故障中の方はスロージョグを避けて走りやすいペースで走ってみてください。
(へんな癖をつけない為)

23e8eed0.JPG日本中を感動に包んだQちゃんおめでとう!

さて彼女が出演していましたニュース番組でアシックスの三村さんの作ったソーティが紹介されていました。彼女は試し履きもせずにいきなり走ったそうです。

よく試し履きの期間についてご質問をいただきますが、本当は新品で走った方が、シューズのヘタリもなく一番いいのです。ただソーティの様に非常に丁寧に縫製をしてあればいいのですが、荒いステッチですと靴擦れやマメの原因になります。

そこで写真にあるようなキーパーをシューズに入れて上から木鎚で叩いてステッチを潰せば新品ではけます。一般に慣らしというのはこのステッチを潰すことなのです。

32c6053a.JPG昨日から2日間、恒例のボディバランス測定会をやりました。

毎度の事ですが足相学でもできるんじゃないかと思うほど、色々な足型があります。

それにしても、足圧の微妙な変化からその方の走力、筋力、無駄なロス、はたまた性格まで判断できるほど奥の深い2日間でした。

追々、その話をさせていただきます。

乞うご期待!

インソールを入れている方は多いと思います。

本当に色々なインソールがありますね。

しかしランニングに関しては要注意です。

しかしランニングに関しては要注意です。

2回も言うほど要注意です。

以前ナイキのシューズに付属品でアーチクッキーが付いていました。

欧米人の場合、ハイアーチの方が多いのでフィットを出す為に使用します。

しかし日本人の場合、アーチが落ちている方が楽だという理由で入れている方がいます。

以前にもブログで書きましたが、楽なインソールは結果さらに負担が出ます。


また落ちている所を高くすることによって、より逆方向のひねりが強く出てしまいます。

そうなんです。補強を入れる場合は必ず逆サイドにも補強を入れないといけません。

ただ足型だけ測定して作ったインソールには要注意!



5cd5e952.JPGスキーをされていた方でしたら経験があると思いますが、スキーブーツをご自分の足に合うようにチューニングされますね。

スキーブーツの場合はシェルが硬いので、インナーブーツを足型に合わせて柔らかくしたり、パットを貼り付けたりします。

さてランニング・シューズをチューンしている方は殆んど皆無だと思います。

市販のシューズはどのメーカーでも出来るだけ多くの人が履ける足型と走り易い作りになっています。

ですからベターなシューズはあってもベストなシューズはありません。(断言)

写真のパーツはカーボン素材の補強板です。

硬めのシューズをより硬くして練習の効果をさらにアップしてくれます。

この補強板は縦方向と横方向の織りでできてますが、成形する時は足の加重方向に合わせて作るので逃がしたくない方向の強度を調整できます。

よくインソールを足型に合わせて作ったからチューンされていると思っている方がいますが、実は大きな落とし穴があります。

明日その落とし穴を説明します。ご期待!

今日の「すぽると」で女子アナが片足立ちをしていましたが、右足でしている所がミソでした。

ブログでも書きましたが、一般に左足が軸足ですのでバランスは取り易く右足のほうが難しいです。

ただあの女子アナの場合、右方向に傾いていましたのであれでは駄目です。

皆さんも一度トライしてみて下さい。

まず、直立状態から左足の膝を90度に真っ直ぐ上げてください。(裸足で)

走力や筋力に関係ありません。

腰筋緊張の強い方や中足アーチの落ちている方の場合、まったく立てない方もいるはずです。


昨日の階段トレーニングの説明が判りにくいとコメントをいただきましたので再度、説明させていただきます。

普段。階段を登るとき:

例えば右足で最初の一歩を踏み出すとき重心を前へ倒しながら右足で止めるような動作になります。

その時の左足は前へ倒れる体を支えているだけです。

それではお尻の筋肉を使いません。

そこで体を真っ直ぐにして左足で体を上に持ち上げていくイメージで登ってみてください。

わかります?

ええトレーニングできまっせ〜。

ボディバランスの中で使える腹筋を鍛えるにはこのブログでも紹介しましたが、お尻の筋肉も難しいですね。(特に日本人は)

今日は日常生活でできるトレーニング方法を紹介します。

皆さん階段を上がる時に少し前かがみになって上りますよね。

重心を倒しながら上げた足で体を止めていく感じです。

この状態ですと臀筋に緊張があまり入りません。

それではどうするか!

全く逆の踏ん張っている足で体を上げます!

その時真上に体を上げていく感じでやってみてください。

判りますか?

慣れるまでちょっとキツイですが、効果大です。

いつもメールをいただくTさんから腹筋を使う事の難しさについてご質問をいただきました。実際、判らないと思います。逆に使っている事を意識できたらそれは本来のボディバランスではないと思います。

Tさんより....

> 野村様はブログでしばしば 腹筋を使え と書いておられます。
> 腹筋を使うということは、疲れてくると丸くなる背中を
> しゃんとのばし、胸を張って、頭を高い位置に保って
> 腰を前に出し、腕を後ろに引き続けることだと思っていましたが
> 「これはそんな単純なことでは無いのかも知れない」
> と、ラインウォークをしながら思いました。
> あれはキツイですね。5分もするとイヤになります。
>
> また効果的な練習方法などありましたら紹介してください。
> よろしくお願いします。

回答です。

こんばんは。野村です。

メールありがとうございます。

腹筋の件はTさんのおっしゃっている事で間違いありません。
正解です。

ところがです。

このイメージと実際のフォームに差があるのです。

人の欠点は良くわかりますが、自分のフォームは判りません。
ウィンドウに写る自分のフォームを見て愕然とします。

このパラドックスに嵌ると形だけ追って結局効果はでません。

無意識に筋肉を効率よく使える体に変えるために、
実際の動きの中で筋肉を使ってあげて、脳に使えることを教えてあげなくてはいけません。

ボディバランスの難しい所は、普段リラックスしている状態から運動を開始した時、

緊張でバランスが変化します。またもとのリラックスした形に戻っても先程の緊張が暫く続きます。(これには個人差があります。)

この緊張している時に如何に偏らないかがポイントになります。

ちょっとややこしくなってしまいましたが、簡単に言えば眠っている筋肉を如何に
使うか!これに尽きます。

 GTはその筋肉を使わせてくれるシューズなんですね。

追々、練習方法もご案内いたしますので是非、参考にしてみてください。

↑このページのトップヘ