プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2005年09月

4
a98a933f.JPGシリーズ11作のトップモデルです。

カヤノの名前は開発者の萱野(?間違えていましたらゴメンナサイ。)さんから取って命名されました。シリーズ中の傑作が写真の第7作カヤノです。サイドに入っている補強はネジレを許さず。しっかりと方向付けをしてくれるシューズでした。

往年の名機として紹介するのには新しすぎるかもしれませんが、ここ10年の区切りの中では3本の指に入る名機です。復刻を期待したい逸品です。

愛知県 Mさん

はじめまして。
一生懸命読んでいますが、悲しいかな、素人の私には分からないことが沢山です。
もしかしたら、変な質問かもしれませんが、教えてください。宜しくお願いします。


娘(小5)のシューズの選び方について教えてください。
昨年から学校の陸上部に入り、これまでは短距離をやっていましたが、今シーズンは長距離をやることになりました。
長距離と言っても、試合は1Kmから3Kmくらいで、タイムは1Kmが4分くらいで走ります。

教えていただきたい事は、
シューズのサイズは23.5cmで、大人用でも子供用でもあるサイズなのですが、やはり大人用を履かせるのはいけないのでしょうか?
アシックスさんのHPを見ると、ジュニア用としてゲルスカイレーサーがありますが、これを履くのが一番なのでしょうか?
もし、大人用を履かせても問題ないなら、どのあたりのシューズがいいでしょうか?
(今までアシックスさんのシューズを履いてきたので、アッシクスさんの一覧を見ています)
また、練習は校庭や周りの道ですが、試合はトラックが中心となりますが、同じシューズで問題ないのでしょうか?
教えてください。お願いします。

ここから回答です。

Mさま

こんばんは。シューズマスターの野村です。

すみません。もう少し判りやすく書きます。(^^;

さて、小学生のお子さんのお問い合わせもよくいただきます。
一般的には先生が薦めるシューズを履かれるみたいですが、
非常に個人差が激しいことと成長期の為、シューズセレクトが
難しいです。

一般論になりますが参考意見として聞いて下さい。

まずMさんが選択されたスカイレーサーは正解です。

骨格が成長途上ですので、レディスモデルでも合わない
と思います。特にアシックスの場合踵が大き目ですのでどうしても
ルーズに履く癖をつけてしまいます。

ジュニアモデルが履けるならそれがベストです。
試合用としては逆に先生とご相談された方がいいと思います。

問題はスカイレーサーですべての練習をしてしまう事です。

距離にかかわらず必ずアップとしてジョグをしますが、このシューズが
一番疎かになってしまいますが一番大事です。

極端な言い方をしてしまうとレースなんかは逆になんでもいいです。
(ほっといてもいいシューズを履こうとしますから)

しかし一番長い時間履くシューズが一番大事です。
そしてこのシューズが身体の正しいバランスを教えてくれるシューズ
だからです。

具体的に言いますとアシックスでしたらGT-2100NY(W)かミズノのウェーブ
マーベリックがいいと思います。但しサイズは23cmも必ず履いてから決めてください。
このシューズでできるだけゆっくり6分以上/kmぐらいの速度でアップしてください。


これらのシューズは踵がしっかりしていますのでブレがなく、いっぱい筋肉を使います。
(本人は嫌がるかもしれませんが、シンドイことをするから練習になるのです。)

以上だらだら書きましたが、判らない事がございましたら遠慮なくお聞き下さい。


ランニング・シューズだけでなく腰痛・膝痛などの故障などのボディバランスに関するご質問でも結構ですので遠慮なくお問い合わせ下さい。(即答がむずかしいご質問については、ご協力いただける先生方に確認後、ご連絡させていただきます。)勿論、無料です!

E-mail:jog0320@ybb.ne.jp

件名を「らんにんぐぶろぐ質問コーナー」でいただければ幸いです。

Tさん から次のようなご質問を頂きました。

いつも、丁寧な内容の解説をいただき、とても勉強になります。
 シューズについて教えていただきたいのですが・・・。
 11月末のフルマラソンで3時間30分で走りたいと思っています。
 このタイムに最適なシューズは、どれにすればいいのでしょうか。

 (走歴1年、ハーフ1回 1時間40分(本年6月)、フル1回 4時間(本年3月)、月間走行距離 350Km)

 私は、レース本番では、ゲルフェザーか、ライトレーサーの使用を検討していましたが、ゲルフェザーは、出来があまりよくないとのご評価ですし、ライトレーサーは、42Kmの最後まで脚が持つか不安です(ちなみに現在の練習用はJOG、ロング走、ペース走とも、GT−2100NYを使用してまして、40Kmのロング走は、キロ5分前後、ペース走はキロ4分30〜40秒です。)。

 とてもなやんでいます。是非お教えください。御指導の程、よろしくお願い申し上げます。


回答です。

こんにちは。

シューズマスターの野村です。

お問い合わせありがとうございます。

さてお問い合わせのシューズ選択の件ですが、一番難しい
タイムレンジですね。

走力的に30kmまででしたら間違いなくターサー(IGSタイプ)をお勧めします。
30kmという距離はフルマラソンのハーフとしてイメージしていただければ結構です。

しかし残り12kmこれですね。⊂(・人・)⊃

もしTさんがラスト10kmで5分30秒まで
ペースが落ちるようでしたら逆にGT-2100を選択するのが一番無難だと思います。
3時間30分決めれます!

ライトレーサーはやはり4分台キープしないとしんどいです。

次に現行のフェザーはお勧めできません。
フェザーでしたらGT-2100の方が数倍よいと思います。

Tさんが各距離でベストタイムを出したときのイメージを思い出してください。
必ず余力を残していると思います。
ハーフまででしたら突き抜けますが、フルは30km以降の余力のレースです。
これを何で賄うか!

逆に言いますと30kmまでは何でもOK!かもしれません。

GT-2100は使っていて判ると思いますが、決して重いシューズではありません。
それはフィットしやすいからです。
つまりロスが比較的少ないので、其の分推進力になりますから距離が長くなれば
長くなるほど効果大です。

シーズン初めと履きなれたシューズという要因もあわせて!

結論:GT-2100NYです。

ランニング・シューズだけでなく腰痛・膝痛などの故障などのボディバランスに関するご質問でも結構ですので遠慮なくお問い合わせ下さい。(即答がむずかしいご質問については、ご協力いただける先生方に確認後、ご連絡させていただきます。)勿論、無料です!

E-mail:jog0320@ybb.ne.jp

件名を「らんにんぐぶろぐ質問コーナー」でいただければ幸いです。

先日ランニングフォームの問い合わせがありました。

たまたまベルリンマラソンの野口みずき選手を見ていてグッドタイミングでしたのでお答えいたします。野口みずき選手の場合何故あのストライドが保てるか!答えは「あの厳しい筋トレ」と「体重(体格)」です。

以前にも書きましたが、日本人はあの高橋尚子さんや渋井陽子さんの様なピッチ走法が本来の走り方になります。それは日本人の骨盤が欧米人よりも幅が狭い為、お尻に筋肉が付きにくくどうしても太ももが発達して脚で支える体形になります。いわゆるガニマタです。

その証拠に皆さんシューズの外側が減りますよね。

一方欧米人の場合、ラドクリフに代表されるようにお尻で上体を支えている為、脚が真っ直ぐに出ます。当然ストライド走法になってきます。短距離が強い最大の要因になります。

旧東海銀行所属の大南姉妹は典型的な駅伝ピッチでした。其のため善戦はするのですがなかなか激走ができません。しかし大南さんの場合あの上背ですのでストライドを伸ばすと途端に脚の負担が大きくなってしまいます。

そうなんです!正に野口みずきの走りは他の選手には真似のできない走りなのです。

「腹筋の話をする」と言ってなかなかしないので読者の方からメールでお叱りを受けました。

んで早速します。

タイトルに書いたように「腹筋を鍛えることと腹筋を使えることの違い。」は同じようで実は違うんです。

過去の記事を読み返していただくとわかると思うんですけど......。。(^^;

今日はちょっと違った視点から!

腹筋運動には色々な方法がありますが、一番効果的な方法を一つ披露させていただきます。

脚を90度に曲げての起き上がり腹筋ですが、一般に成果を上げようとして数をこなそうとしてしまいます。するとどうしても背中に緊張が入り腰を使って起き上がる事に集中してしまいます。

つまり腹筋を使わない腹筋運動をしてしまいます。(なんのこっちゃ!)

やっと結論です。

腹筋(特に下腹筋)を使うには降ろすときにゆっくりと集中して降ろします。(かなりしんどいです。)
回数も5回もすると限界になりますのでこれを15分のインターバルで4〜5セットしてみてください。

つまり1時間の腹筋運動になります。(脳は休んでいるときも腹筋を使い続けます。)

次回に続きまっせ〜!

↑このページのトップヘ