プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2006年02月

本日、下記メルマガ配信させていただきました。


メルマガを購読されていない読者様にはご案内する前に終了してしまい申し訳ございませんでした。


別企画も考えていますのでゴメンナサイ!m(_'_)m


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――☆★
☆プロが教えます!ランニングシューズの正しい選び方!☆
         
       号外  2006年 2月 27日 http://jog.livedoor.biz/
★☆―――――――――――――――――――――――――――――――☆★

【ボディバランス東京測定会】満員御礼!です。

ありがとうございました。

それにしても「熱いス!関東!」


本日、未明に号外メルマガでご案内させていただきました。

4月の開催ですからのんびり構えていたら朝一番から「メールの嵐」
あれよ、あれよで予約満杯です。


ブッキングしてしまい今回ご参加いただけなかった皆さん!


本当に申し訳ありません。m(_'_)m


今後も開催しますので宜しくお願い致します!


さて、このまま終わってしまったら申し訳ありませんので、
ちょっと考えている事があります。


次回のメルマガでご連絡させていただきます。

d(^_-)

「私は違うわ!」

皆さんそう思っています。


ハイ!それでは足の小指を見てください。外側に倒れていたら「ガニ股」で歩いている証拠です。長年、打たれて倒れてしまったんですね。


履き古したシューズを真上から見ると外側に広がっていたり、パンプスやビジネスシューズならカカトの後ろにある縫い目がこれまた外側に倒れてしまっています。

そのような方は「完璧なO脚」を認定いたします。

特に腹筋や内転筋に緊張が入りにくい方ですので、練習で使ってあげて下さい。

読者の方から「50代以上の人に幅広が多いと書いてありましたが、何故ですか?」というご質問をいただきました。


「下駄と草履の文化」これです。


何しろシューズ文化は100年そこそこ、一方「草履」「下駄」の文化は千年以上の歴史がありましす。そんな簡単には変わりません。

日本人すべてがその因子を持っています。


「何が問題なの?」


人間の歩行は踵から着地して爪先に抜けるのが本来、正しい歩き方です。

ところが下駄も草履も引きずって歩きます。

それにより前足のアーチが落ちてきます。バランスを取ろうとして前かがみになります。前足だけで着地と蹴りをしてしまいます。その為、捻ってしまいます。そして幅広O脚になります。パンプスばかり履いているあなた!気をつけてくださいよ。

ただ下駄は硬くできてますから今の柔らかいフニャフニャのシューズに比べたら安定していました。


50代以上の方は今の若い人と比べて圧倒的に歩いてきた距離が違うのです。足周りに筋肉がガッチリ付いています。

ですから幅広というよりもガッチリ型の足型が多いんですね。


dcd5c55d.JPG今日も安城市のMさん一家を始め、朝一番からたくさんの参加いただきありがとうございました。

「ヒールロックの仕方」など実施でさせていただけると細かいニュアンスが伝わり、よりご理解いただけたようです。


昨日、お約束しました豊川工業のA君の足です。


日頃の精進が判る!まさに「駅伝足」です。


★副収入★ 貴方のホームページ・メルマガが広告媒体に!

19日、20日の2日間、ウインドアップ東岡崎店で測定会しています。

昨日の早朝にメルマガで告知させていただいたら皆さん朝一番からご来店いただきました。改めてお礼申し上げます。

高校駅伝で一流校になりました豊川工業高校の3名さん。練習帰りに寄ってくれてありがとう。


まさに駅伝選手の足でした。(明日、写真アップしますね。)


東京測定会も来週にはご案内させていただけます!


すでにご予約頂いている方はあらためてメールにてご案内させていただきます。


なかなかご自分のバランスを目で見ることはできません。故障の原因は勿論、練習方法やシューズの履き方まで、たっぷり1時間マンツーマンでやりますので、ご期待下さい。

↑このページのトップヘ