プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2006年04月

良くいただくご質問に「腹筋を意識して使うのには?」とか「フォームを意識して....云々」等いただきます。

人間の集中力は10分ぐらいです。

すぐに忘れてしまいます。

また、意識し過ぎて逆に他に力が入ってしまいます。

無意識に使えるようにトレーニングをしていく必要がありますね。


ただコツもあります。


例えばスキーをされた方なら判ると思いますが、先行動作のポールワークは大事です。


ストックをしっかり掴んで滑る方向を定める為には脇を締めます。


しかし脇を締めようと意識するとコースの変化についていけず腰が遅れます。


つまりスポーツの中で意識する行動は遅すぎるんですね。


ここで「コツ」を紹介します。


脇をしめるのには、拳を握る時に小指に力を入れます。


んね。脇が締まるでしょ!


これはランニングにも使えます。

■「ボディバランス測定全国行脚」来て欲しい!アンケートをお願いしてます!
ここをクリックしてください。

5
全国からボディバランスの測定依頼をいただてます。感謝!感謝!です。


本気で年2回くらいなら全国行脚してみようかなと思ってます。


そこで!


今日は読者のあなたにお願いがあります。

簡単なアンケートをでご意見をお聞きしたいと思います。

何卒、ご協力↓お願いいたします。

http://tinyurl.com/hypep

21fe3081.JPG23日〜24日の2日間の測定会ご苦労様でした。


サブスリー候補者も続々出現で盛況でした。
(体型は似てますが写真は菅トレーナーです。)

以前にもご紹介しましたがご自分のベストに合わせた走りを目指すと、どうしてもその範囲の練習やレベルで収まってしまいます。(実はもっと能力があるのに!)

日頃、気になっている怪我や疲れの要因が目で見てかつ分析できる事は次のステップが明確になるだけでなく「無駄な練習」をしなくてすみます。

また「正しいシューズの履き方」につきましても細かなニュアンスがなかなかうまく伝わっていない事も今回わかりました。

参加者の方が抜群の表現で説明していただきました。→走る!飲む!読む!

久々に東京のラッシュアワーの洗礼をうけて10数年前に住んでいました茅ヶ崎に行ってきました。
駅前の歩道橋には少々驚きましたが、駅裏は変わっていませんでした。(涙)

a72a70bb.JPG4月23日〜24日 10:00〜17:00に東京都立産業貿易センター浜松町館第7会議室でボディバランス測定会を実施します。


3月の未明に募集をさせていただいたにもかかわらず、ビックリ!その日の午前中に満員御礼でした。次回は6月に開催させていただき予定です。メルマガにてご案内させていただきますので、よろしくお願いします。
m(_'_)m

測定に関しては、ランニングプロジェクトの菅トレーナーにお願いしておりますので野村は比較的フリーです。シューズフィッテイングを直接させていただきますので、お時間があれば遊びに来てください。またカーボンシートチューンもお受けできます。(製作時間約20分)¥5,800です。

8443d3f0.JPG「データーは見るものではなく読むもの」ですね。

写真は読者の方から「靴底診断」のご依頼に際して送付していただきました。

アシックスの足診断データーです。

ここまで測定すると色々な事が見えてきます。

最近、ショップでも足幅や足長を計ってくれる所があります。

しかし実測の長さが26cmだから28cmを選んでいたら、これは「データーを見ている」だけです。

例えば、以前は27cmを履いていたのに、今は何故28cmを選んでいるかを考えないといけませんね。

これは足長が大きくなったのではなくアーチが落ちたと「読まないといけません。」d(^_-)

↑このページのトップヘ