プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2006年07月

3a9fce4f.jpgこの写真はある読者の方から「靴底診断」の時に送っていただきました。


ご自分の靴底と比較しながら見てください。


このシューズはターサーですから比較的ペースの速い練習やレースに使用されています。踵の減りが少ない事で判りますね


まず目に付くのは左足前足部の減りです。利き足である右足よりも減っています。


軸足側がこれだけ減っているのは明らかにブレーキを掛けている証拠です。


つまり、せっかく利き足(右足)で得た推進力を左足で止めてしまっているんですね。


いつもお話している「ロス」を無くすというのは、この左足のブレーキを推進力に変えていく事です。


特にこのランナーの場合爪先まで綺麗に抜けていますので強い脚力をお持ちです。


ですから尚更もったいないんですね。

いつもメールをいただく「きままにはしろう」の「あつさん」からです。



ここから↓


シューズマスター野村さま
いつもお世話になります。

「きままにはしろう」のあつです。

カーボンシートを入れて、約2ヶ月

以前履いていた靴を履いたときに、ものすごく違和感を感じるという経験をしたので

ブログにアップしてみました。以下が内容です。

以前、このブログで書いたと思うのですが、私の走り方には癖があるみたいで、靴底が斜めに減っていきます。
左右ともにかかとの外側から減っていくのですが・・・・
なにか、アドバイスは・・・・という書き込み(シューズどれくらい保ちますか? )を以前したのですが
私の場合、靴底が斜めに減るため、どの靴も約2ヶ月で地の部分が出てきてしまい、上はまだまだきれいなのに〜という状態になります。
で、スニーカー代わりにはけばいいやという考えで下駄箱にほっぽっていました。
昨日、久しぶりに履いたら、なんだかとっても変な感じ。
靴底が斜めに減っているのが、とてもいやな感じなのです。前は、ちっとも違和感感じなかったのに・・・
これって、もしかしてカーボンシート(プロが教えます!正しいシューズの選び方 にて購入)の効果なのでしょうか?
私の重心の位置が変わったということ?
調べてみると、カーボンシートを入れたのが5月27日、あの時点でGT2110の靴底は半分なかったのですが、あれから2ヶ月しても靴底ありますねえ。
でもこれで、靴底が斜めに減った靴は、普段履きにも使えず、すてるしかないみたいです。上はきれいなんだけどなあ

カーボンシートの効果が現れてきている証拠ですか?だとしたら、もう斜めに減った靴は履かない方がいいですよね。
前の状態に戻ってしまうきっかけになりそうに感じたものなので・・・

ご意見を聞かせていただけたら嬉しいです。


ここまで↑


回答です!


さてシューズの片減りはある程度仕方がありません。

しかし極端な減りは問題ありですね。

一般に踵が1mm減ると角度で5度外側に傾斜します。
必然的に膝や腰にかかる負担は大きくなります。

アウトソールの黒い部分がなくなった時点で買い替えを
お勧めいたします。

怪我をする為に走っているようなものです。

カーボンシートの効果には個人差がありますが、
明らかに今までと違う感覚を感じていただければ効果は出ています。


■応援↓ポチッ! お願いします!

先日、読者の方から某メーカーの足型測定についてご質問をいただきました。


「データーは足長が26.5cmだから27.0cmがシューズのサイズです。」とコメントをされたそうです。


ところがその方は現在26.0cmを履いています。


これではデーターを見ているだけなんです。


26.0cmが履けるということは27.0cmのシューズでは足幅に余裕ができてしまい、また捻りが強くなって更にアーチが落ちてしまう。


このように読まないといけません。


もし26.0cmでホールドは取れるが爪先が当たってしまうならそのシューズ自体がそもそも測定者に合わないシューズと判断して、他のタイプをすすめるのが本当ですね。


本来のアーチを形成しようと考えるのなら表現は良くありませんが「窮屈なシューズを履いてください!」


そのくらいの言い方でないと多分皆さんピン!とこないんじゃないかな。


あっ!決して爪先が当たるような小さいサイズをお勧めしているのではありませんよ。


人間はどうしても楽な方へ逃げます。


大きめのシューズのほうが楽だと勘違いしてしまいます。そして更にアーチが落ちてしまい更に大きいサイズになってしまう。


殆どの方がうなずかれているはずです。


いつもアメリカから熱いメールをいただくFさんから、ボルダーの有名ショップオーナーJamie Dick氏が2007年アシックスモデルの評価を「ランナーズワールド誌」で出ていたのを送っていただきました。


カヤノ、GT−2120、DSトレーナーなど主要モデルを抜粋しましたのでご参考下さい。


What’s New Asics Spring 07

Here is one of the longer “what’s new” threads for the Spring lines

Asics as always looks good for this season with lots of new product and IMO some unusual position/classification of their shoes. All of the following product will be available January 1, 2007 other than early arrival of 2120 and 1120 to the GOLD accounts who choose to bring it in early (yes of course I will…… )

Kayano 13: msrp remains $135. Kayano has such a loyal following and I don’t think any will be very disappointed with the 13. Asics is using the largest gel pack ever placed into one of their shoes in the rearfoot of the K13.

This large unit is covered by pebax plastic (same plastic mizuno uses in

their waves) to provide stability of the large gel unit. A new midfoot support system is supposed to provide better midfoot stability and torsional control. A new “angel touch” mesh treatment for the Spacemaster UV upper makes it softer on the inside. Solyte is still being used in the midsole so weight is still very reasonable at 12.6 ounces for men’s. 2 color options for both men’s and women’s. Fit is supposed to be same as the K12. 3 widths for men and women.

2120: available to GOLD accounts as a future order for November 1, 2006.

msrp is increasing $5 to $95. Most notable change is the advancement from SPeva midsole to Solyte, bringing a full 1 oz weight drop from 12.5 to 11.5 oz. The heel is a wider base underfoot so should have increased stability. The space trustic midfoot support system is being changed with more support and a slightly longer trustic unit which will be more rigid along the medial than the lateral side, encouraging lateral release while still supporting the midfoot. New air-mesh upper. Still has gender specific fit to the last. Solyte full length last board. New forefoot flex grooves design should make for a more flexible forefoot. Should be same fit as 2110. Forefoot is now all blown AHAR rubber for softer feel and should be more cushioned with this plus the 3 layer durasponge outsole. 3 colors to start with for men and women including the black color (now black available in all 4 widths!) Another 4th color being added March 1. Still 4 widths for men and 3 for women.

DS Trainer 12: BIG changes in the DST for 2007 including a big price jump from $100 to $110. You can tell by the look of the shoe that there have been changes made to it, good changes. The shoe looks really great from the start. Now has Solyte midsole bringing it down to an incredible 9.5 oz. For first time it now has a visible gel cushioning system in rearfoot, space

trustic system added to also improve medial support and improve torsional stability. Forefoot outsole now blown rubber in this version. Fit of the

upper is still contoured through the midfoot yet is opened up a little more in the toe box than previous versions. OK, now what I consider the “crazy” part of this story. Asics has removed the DST from their lightweight category and is placing it into the “structured cushioned” category as a full trainer with 2120, Kayano and empire????????????? What’s up with that, it is lighter now than the speedstar 2 yet speedstar is considered lightweight and DST isn’t! I view it as a way to encourage more run specialty stores to not “ignore” it as an option in the stability shoe

category. Now come on, it is and always has been a “lightweight performance trainer” and will continue to be sold that way. Regardless of this craziness it is nonetheless a great shoe and sure to be a hit (no matter

what category you consider it to be in)


■応援↓ポチッ! お願いします!


☆ブログTOPランキング☆


スポーツ部門1位!(圧倒的でした。)


総合2〜5位(650サイト中)!



皆様!ご協力本当にありがとうございました。
m(_'_)m


ビジネス系のブログと違い上位入賞は?と思っていましたが、ビックリ総合で2位まで行きました。(最終は5位かもしれません。)


因みにスポーツ部門では圧倒的1位にしていただきました。


m(_'_)m m(_'_)m m(_'_)m です。


今後もよろしくお願いします。


■応援↓ポチッ! お願いします!

↑このページのトップヘ