プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2006年10月

なんとか初日の測定会終わりました。

朝一からPCのバランスが悪く「あ〜でもない。」「こ〜でもない。」と一緒に悩んでいただいたMさん!終了間際になんとか立ち上がり2時間目のSさんにまでご迷惑をお掛けしました。m(_'_)m


なんとか最終時間外Hさんが終わって「ハッ!」気がついたら今日8時から18時まで食事とトイレを忘れていました。


でも朝9時に夜通しの運転で愛知県から来ていただいたTさんご夫婦や時間外で来て頂いたTさん。熱い質問をいただいたN&Sさんをはじめ皆さんの真剣さに久しぶりに時間を忘れました。


ありがとうございました。m(_'_)m


またシューズフィッテイングは草の根で皆さんに広がっているようです。是非、周りのランナーにフィッテイングをしてあげてください。


さあ明日も「やったるけん!」

久々の測定会です。今週末2日間の開催です。

今回も沢山のお申し込みを頂ありがとうございました。m(_'_)m

時間外レクチャーも含め120%のフル回転です。
(^_^;)

「ランニング革命!」もそうですが、ご自身のことは以外とわかりません。例えばランニングフォームがそうですね。ビルのガラスに写った姿に「ハッ!」とした覚えありませんか?

測定会であなたの筋力バランスを暴きます!

前回、ご参加頂いた方は印刷したデーターをお持ちいただけますと変化を確認していただけます。d(^_-)

秋の気配を感じた瞬間、一気に師走の慌しさに突入します。


今年も「ホノルルマラソン」の時期になってきましたね。


数あるマラソン大会の中でも参加人数やリピーターの多さでは群を抜いています。それだけ引き付ける大会です。


ホノルルを目標に半年前から練習で楽しめて、勿論大会でも楽しめます。終わってからの思い出としてずっと楽しめます。こんなレースもそうありません。


でも、年末に休暇を取るなんてなかなかできませんよね。


そこで参加される方も出来ない方にもお勧めのブログを紹介します。


なにしろ現地で生活されていますから「生ハワイ」を満喫できます。


いつも元気なメールをいただくマイリィさんのブログです。


彼女は単身ホノルルに渡米し、毎日がアロハの羨ましい生活をされています。しかし女性が単身で外国生活を送るのは並大抵のことではありません。


彼女はボディバランス測定会にも参加してくれましたが、まさに「チャレンジ精神の塊」です。


活力を貰ってください。



マイリィのハワイでチャレンジ」です。


■応援↓ポチッ! お願いします!

いつもメールをいただく静岡の大野さんからシューズの寿命についてご質問をただきました。以前にも書いたと思いますが、再度まとめましたのでご参考下さい。


シューズの寿命を数値化することは難しくアナログな回答しかできませんが
参考にして下さい。


,い弔盻颪い討泙垢、踵の黒いラバーが磨り減ってミッドソールの白い部分が出てきた時。


踵の減り方には個人差があり何年履いても減らない人もいます。しかし体重が掛かれば、ミッドソールはヘタって来ます。新品のシューズと比較するとその厚みが半分くらいになっている方もいます。


これはミッドソールの細かい気泡が押しつぶされて弾性変形率が落ちてくる為です。こうなると着地時の衝撃がダイレクトに足腰へかかります。


シューズの履き方が良くないとシューズの補強が伸びてしまいます。小指や親指の付け根が破れている方に多いパターンです。こうなってはシューズの機能が発揮できません。踵を踏んでいるあなた!



■応援↓ポチッ! お願いします!

先日、阪急イングスのシューズ売り場でNBの新しい「フラット走法」解説ビデオを見ました。


「よく判りません。」


お店の人に質問をしてみました。
さすがイングスさんは、レベルが高いですね。一生懸命説明してくれました。


「でも判りませんでした。」


メーカーは機能優先でシューズを売ろうとします。


それによって他のシューズを完全否定することになります。それっておかしいと思うんです。もっと他に変えるところがあるのに.....!


さてフラット走法ですが、ブログ読者はご理解いただけると思いますが本来、日本人は普通に走っていれば皆「フラット走法」なってしまいます。


二足歩行の人間は踵から着地するように出来ています。


それを無理に変えていけばアンバランスな状態になりますので脚には決して良くないと普通に思います。


逆に正しいヒールストライクを出来る方が何倍も効果があります。


「でもシューズの踵が極端に減るんです!」というランナーも多いと思います。


けれども、それは足が上がらず踵を引きずって減っている事を自覚している方は少ないと思います。


「何故フラットだなければいけないのか。」


「やっぱり判りません。」


■応援↓ポチッ! お願いします!

↑このページのトップヘ