プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2007年12月

先日のボディバランス測定会にわざわざ大阪からご参加いただいたF氏からこんなメールを頂きました。

ここから(一部抜粋)↓

さて、ご教示いただいたシューズ選びですが、早速次の日にショップめぐりをし
ました。
まず実感したのは、一つの店だけでシューズ比べることができないということ。
GT−2130スリム、GT−2130、レディスGT−2130スリム、
レディスGT−2130

この4種類を24.5、25.0のサイズで計8足。

これを一度に比較できる店がありませんでした。(見つけられなかった)
午前中、S市内で、夕方大阪(特に大阪は唯一スポ●●)で探しましたが、
難しいです。

これまで試した状況・感覚を書き記してみますと。

GT2130スリム 24.5 −店頭在庫切れ
          25.0 ○まあまあ良い感じ
GT2130    24.5 ○良い感じ
          25.0 △すこしゆるいか?
LGT2130スリム24.5 ×きつい(指先がすこし曲がる感じ)
          25.0 ○良い感じ
LGT2130   24.5 △すこしきつめ(薬指のあたりがあたり違和感)
          25.0 ○良い感じ

当然、丸印がターゲットになってきますが、今のところ私が調査できた範囲では
一店舗だけで丸印を比較できない状態です。
そしてLGT2130スリムを店頭で扱っている店を大阪で探しきれていない状
況です。

まだフィット感がつかめないので、落としどころがわかりません。
どの靴も履けていると言えば履けているので、どの程度の窮屈さ(特に足先)で
決めるのか判断が難しいです。
横幅も、LGT2130スリム24.5なんかは小指付け根の骨が飛び出してい
る感じで明らかに痛くなりそうでした。

GT2130スリム 24.5の店頭在庫がスポ●●に入り次第、フィッティン
グして決定すると思いますが、○印(Lスリム除く)の3つとスリム24.5を加えた
中からでしょう。

ここまで

さてメーカーやラスト(足型)の違うシューズの履き比べですと足の記憶は3足が限界だと思います。

けれども同じ機種でしたらかなりの精度で絞り込めます。

この場合、中足部のフィットが良ければ踵の浮が正確に確認できます。

ルーズに履いていれば判りません。


あなたもF氏を見習ってシンデレラの一足を見つけましょう!

今日のテーマは非常に大事なことです。

お手持ちのトレーニングシューズを見ながら読んで下さいね。

家を建てる時もそうですが何事も基礎がしっかりしていないと駄目ですね。

偽装問題で明け暮れた今年もマンション鉄骨の間引きが話題になりました。


また話が逸れてしまいました。


さてシューズの土台といえばミッドソールです。

主にウレタン素材をベースに樹脂材で補強を入れてます。


判りますね。


さてさてそのミッドソールの内側と外側を比較して見てください。


メーカーやタイプによって若干差がありますが違いがあるはずです。


例えば内側の踵から土踏まずの部分にグレー色になっているシューズがあります。


アシックスなら「デュオマックス」と明記してあります。


これは他の部分に使用しているウレタン素材よりも硬度が硬くなっており内側への倒れ込みを補強しています。大きさはシューズによって異なります。


この補強の入れ方は明らかに欧米人向けなんですね。


O脚である日本人(何故かはこのブログでも何回かご紹介しましたね)にとっては、余計に外側へ倒れ込んでしまうことになりかねません。

つまり日本人向けで作るのなら内外両方に入れるべきなんです。

シューズをルーズに履いていたら更にその影響は大きくなります。

結果、腰・膝に負担を掛けてしまいます。


一度、ご自分のシューズを検証してみてください。


方法は簡単です。


ミッドソールに入った皺(しわ)を見てください。

外側に沢山皺が確認できた方は要注意です。

踵の減りばかり気にしていてもミッドソールのヘタリについてはご存じない方が多いですね。


膝や腰には何倍も影響しているのに。

殆どのランナーは大きめのサイズを選ぶ傾向にあります。

先日の測定会でもルーズなシューズを履かれていた方が沢山いらっしゃいました。

そこで数名の方に簡単なチューニングをさせていただきました。

あなたも一度トライしてみてください。


以前にこのブログでもご紹介しましたが、


’いコルクシートをインソールの足型に合せて切り抜きます。(厚さは1〜1.5mm程度)

△修譴魴つ譴防澆ます。

インソールを入れて履いてみてください。

ぅ侫ット感が増します。

イ海隆恭个鯊膸にして下さい。

ただ良質のコルクが中々手に入りません。

そこで梱包材などに使う薄いウレタン(目の粗いのは駄目ですよ)を使ってみてください。

フィットすることがこんなに気持ちいいのか体感できますよ。

本年最後の「ボディバランス測定会 in 東京」。

参加者の皆さん御苦労様でした。

早速こんなメールをいただきました。

ここから↓

野村様

本日東京でボディバランス測定いただきました、Hです。
おかげさまで、有意義な時間を過ごす事ができました。

測定が終わってから早速、ジョギング用のシューズとして、
GT-2130スリムを購入しに行ったのですが、
なんと、
サイズが26.0でジャストフィットでした!!!
(今履いているDSトレーナーは、27.5)
先入観って、恐ろしいですね。

ここまで


皆さん本当〜に足幅が細く踵が小さいですね。

ところがサイズは大きく足が遊んでいました。


理由を聞きますと、

「在庫が無かったので」

「足長データーから」

「以前に小指が当たってしまったので」

「ショップに勧められて」

でした。


そのあと全員の方にシューズフィッティングをさせていただきました。


結果、サイズが大きかった事を納得していただけました。


つまりフィッティングが悪いと大きいシューズでも足が前に動いてしまい小さく感じてしまうんですね。


私がショップにいて当時は2時間ぐらいかけてお客様のシューズを選んだこともありました。


納得していただければ次からは10分でシューズを選んでいただけます。


その手間を惜しむショップが多過ぎますね。

年末で皆さんお忙しいようです。

「ボディバランス測定会 in 東京」キャンセルが出ました。

ご希望の方ございましたら下記へメール下さい。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□



12月15日(土)10:00〜10:45
       
(時間枠は各45分間になります。)

場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 第7会議室
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

  案内図です。⇒ http://tinyurl.com/2jd4cf

費用:測定・講習で¥3,000になります。

ご予約は↓こちらから

http://tinyurl.com/36h7b9

※応募者多数の場合、今回は抽選とさせていただきます。

締切は12月14日 17:00です。

↑このページのトップヘ