プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2008年04月

頑張れ!ランナー!

先週末のボディバランス測定会にご参加いただいたOさんからメールをいただきました。


ここから↓

本日お邪魔したOです。
ボディバランス測定会でのアドバイスありがとうございました。今後に生かして行きたいと思います。
早速A店に行ってきました。はっきり言って威圧的でした。私がいけないのかもしれませんが・・・
この先は私とA店店員さんのやり取りです。私は知識に自信が無かったので最後は引いてしまいました。
気弱な人はなおさら誘導されて買わされそうです。靴選びがやりづらいというか店のプライドが高いというか
店の意向に反した靴が買いにくいです。
経験値を上げて行きたいと思います。


他のお客さんは皆さん足の測定をした上でご自分の目的を伝え、お勧めのシューズを出していただいています。
私はというとお目当てのGT2130NYスリムは当然あったので、測定もせず履かせてくださいとお願いしました。

その瞬間に『むっ!!』・・・

私『測定しないとダメですか?』
店『そんなことは有りませんが、より正確な情報の上でアドバイスが出来るということです。』
私『お目当てがあるので履かせてください』
お目当てのGT、今までは25.5僂自分のサイズと思い込んでいましたので、当然25.0儖焚爾らお願いしました。
まずは25.0で・・・踵はゆるくありません、ピッタリと言ってもいいかも・・・(この間に私のつま先は押されてます。)
当然ヒールロックしてます。(すごく見られてます。視線が痛い)
店『いつもそんな感じで履いてるんですか?』
私『(ヒールロック経験も浅いんですが)ええそうです』
店『・・・』
私『次24.5僂願いします』
店『!!!!!』明らかに変なものを見る目で見られました。・・・でも履きました。
さすがに小指側が当る感じはします。しかし親指側は空いてます。もしかしてこれですら走れるかもと思ったのですが
店『こんな危険な履き方しないで下さい!!』この後うんちくを延々と・・・
25.5僂鮖遒掘踵はOK、つま先がゆるい感覚があり、再び25.0僂
私『これかな』
店『最後は感覚ですが、24.5は危険です。』(また怒られた)
私『(シューズマスターのお話は出すつもりがなかったので)でも踵はしっくり来ますよ。走行中に踵が遊ばないことも
大事だと思うので履いてみたのですが』
店『危険です。指の関節が曲がる箇所は決まっています。その箇所に合わせて靴は曲がるように出来ています。
これでは靴の効果は発揮しません。』
私『ということは曲がる箇所基準ですか?踵の密着感・つま先の空きはどうすれば』
店『つま先は1〜1.5儷けてOKです。踵は締め方に問題が・・・』
ここで25.0僂良海魎砲疂弔當召気譴泙靴拭I海琉く方向は内側へ引けば戻りが無い等を指摘されました。(これは
先にやった私のやり方が悪いようです。)
店『ダブルアイレットの穴はここです』
私『そこは足首の締め付けがきついので(シューズマスターの引用です)』
店『・・・』
この後ダブルアイレットは消去され締め直し完了。歩かされました。
店『締め方が良ければこのように緩みませんし足もズレません。』
・・・気を取り直して
私『Bワイズがあると聞いてきたのですが』
店『(探してきて)無いですね』
私『ではレディースはどうでしょうか』
店『女性用のつくりなのでお勧めできません』
もうこれ以上話せませんでした。自分の知識にも自信が無いのでここでやめました。
別のところでレディースを試した上で決めることにしました。25.0僂嚢腓Δ茲Δ任后

ここまで

最近の傾向ですが足を測定してシューズを選択するショップが増えてきました。

ただやっている内容は足長を計ってサイズを選ぶ程度では意味がありません。

そして必ず大き目のサイズを勧めます。

これでは益々アーチが落ちてきます。

測定会でチェックするとほぼ100%の方が中足アーチ落ちを確認できます。

そしてシューズフィッティングをしてみると本来のサイズから0.5〜2.0cmも大きいサイズのシューズを履いています。

話は変わりますが、北京オリンピック用の競泳水着でスピード社製水着が話題になっています。

水の抵抗というのは我々が考えている以上に大きいようです。

競技というのは正にロスとの戦なんですね。

長靴でスキーや登山ができますか?

コンクリートの上で走るシューズが大きくて良いはずがありません。

はっきり言って大きいシューズを売る店は、シューズの事を知りません。(キッパリ!)

ご自身で選択する目を持って下さい。


※5/5のボディバランス in 名古屋測定会 若干空きができました。

5月5日(祝)
        9:15〜10:00
       11:15〜12:00
       15:15〜16:00

   (時間枠は各45分間になります。)

場所:愛知産業貿易館 第14会議室

  案内図です。⇒http://www.aibsc.jp/tabid/184/Default.aspx
(あいち産業振興機構になっています)

費用:測定・講習で¥3,000になります。

ご予約は↓こちらから

http://tinyurl.com/36h7b9


アメカジの功罪

スポーツシューズをカジュアルで履くスタイルが定番化して40年近く経ちます。


その間、いわゆるインナーシティと呼ばれる黒人文化に華が咲き、大きいサイズのシューズをルーズに履くスタイルが定着してしまいました。


これが本当の「欧米化」です。


大きいシューズに慣れてしまった大人達は自分の子供にも同じ様に大きい靴を履かせます。


骨格形状の違う民族が形だけを追って行く事の弊害が心配です。


※「GWボディバランス測定会」名古屋&東京再募集です。

メルマガにてご案内させていただきます。

検証してきました。

5651c142.jpg昨日「かすみがうらマラソン」に行ってきました。(シューズ販売の応援です。)


相変わらずシューズのサイズも履き方もめちゃくちゃでした。


お1人だけヒールロックをした女性ランナーがいらっしゃいましたので、「どこで覚えたんですか?」と聞きますと「ネットでシューズの履き方を書いているブログを見て」でした。


「それは私です。」


と思わぬオフ会になって大笑いでした。


さてシューズフィッテングをした結果、ほぼ全員の方が0.5〜1cm、中には2cmも大きいサイズのシューズを履かれている方がいらっしゃいました。



そんな中ご夫婦(?)でフルに出場されたた方のシューズフィッティングをさせていただきました。


レース後、男性がサブスリー、女性がサブフォーとそれぞれ自己新達成!笑顔のご報告をいただきました。


全てとは言いませんが、いくらかはシューズフィッテング効果があったはずです。


特にフルマラソンのような長丁場には少しのメリットでも大きな効果として現れます。


やっぱ現場は面白いです。

※「ボディバランス測定会 in 東京」募集中!

日時:2008年 4月 27日(日)

時間枠:      
        8:45〜 9:30
        9:45〜10:30
       10:45〜11:30
       11:45〜12:30
       12:45〜13:30
       13:45〜14:30
       14:45〜15:30

場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第8会議室(27日)
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

  案内図です。⇒ http://tinyurl.com/2jd4cf

費用:測定・講習で¥3,000になります。


ご予約は↓こちらから

http://tinyurl.com/36h7b9

誰のシューズ?

新入学の季節です。


この時期になると部活用のシューズを買いに来る親子連れが目につきます。


特に新入学の場合、どんなシューズを選んで良いのか判りません。


中には先生がシューズを指定する学校もありますが、殆どの場合「厚底シューズ」には目もくれません。


そして


「●●先輩が履いてはる」

「こっちの方が軽いべぇ!」

「大き目買っときや!」


です。


これでは夏合宿前に故障の保障付きです。


種目や経験に関らず、絶対に必要なシューズは「厚底シューズ」です。


スピード練習やレース用は後からで結構!


市民ランナーの場合も同じ事が言えます。


「●●さんが良いと言ってた!」


誰のシューズを選んでいるのでしょうか?



※「ボディバランス測定会 in 東京」のご案内です。


「初心者でも参加できますか?」


「ランナーじゃないのですが参加できますか?」


OKです!


測定会にはウォーキングの方や健康ランナーは勿論、テニス・
ゴルフ・サッカーなど他のスポーツを楽しんでいる方もご参加
いただております。


日頃、気になる体の痛みやなかなか練習の成果が出ない原因を
ボディバランスという物差しでイメージしてみませんか?


初めてご参加の方にはシューズフィティングの実演をさせていただきます。


目からウロコですよ。


日時:2008年 4月 26日(土)


時間枠:      
        9:00〜 9:45
       10:00〜10:45
       11:00〜11:45
       12:00〜12:45
       13:00〜13:45
       14:00〜14:45
       15:00〜15:45
       16:00〜16:45
       17:00〜17:45
             
   

日時:2008年 4月 27日(日)

時間枠:      
        8:45〜 9:30
        9:45〜10:30
       10:45〜11:30
       11:45〜12:30
       12:45〜13:30
       13:45〜14:30
       14:45〜15:30
       15:45〜16:30

いずれも、

場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第7会議室(26日)
   第8会議室(27日)
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

  案内図です。⇒ http://tinyurl.com/2jd4cf

費用:測定・講習で¥3,000になります。


ご予約は↓こちらから

http://tinyurl.com/36h7b9


※応募者多数の場合は先着順になります。


柔らかシューズ

久しぶりに「燃え尽きるまで」のタシロさんから質問メールをいただきました。


「直ぐにブログで解析されているだろうな。」


されてました。


勉強になります。




「柔らかいシューズ」を柔らかいと感じるか感じないかは感性よりも問題意識だと思います。


流石ドクタータシロは問題意識がありますね。


具体的に言います。


例えばインソールを両手で持って左右に引張ってみて下さい。


伸びるでしょ。


次にシューズを横にして両手で持って焼き芋を割るように伸ばしてみて下さい。


伸びるのが判りましたか?


手で伸ばす力はたかが知れています。


ランニング時、シューズにかかる荷重は体重の3倍といわれています。


成人男子でしたら200kg以上の荷重がかかる訳です。


「どんだけぇ〜伸びてしまうか」ですね。


常時そのような加重がかかっていればシューズにヘタリや内外の差も出てきますので益々片寄を助長します。


新品のシューズで走った後、履き古したシューズで走ると不安定感が認識できます。


「今までこんな不安定なシューズで走っていたんだ!」と認識できます。


ここから問題意識が出てくるんですね。
別世界が体験できます!
シューズの履き方









■「シューズの正しい履き方」無料レポートを差し上げます!
ご希望の方は下記まで。


お申し込みはこちらから








ブログが本になりました!












45










お申し込みは→こちら



5197327623_dde9c65af0_m_copy




qFPxzhaVoezuwyb1357908176_1357909134






使いにくい筋肉を
  使わせます!

■「カーボンシート・チューン」




シューズの安定性を上げ、本来の立位置を維持させます。
記録の伸び悩み・故障続きのランナーにお勧めです。
既に1000人以上の実績があります。



お申し込みはこちらから

play_button






プロフィール



【ニックネーム】


シューズマスター野村

【性別】


男性

【出没地】


要請されれば全国

【血液型】


AB型

【出身地】


大阪府ですが関東・東海の方が長くなりました。

【職業】


スポーツシューズ・ボディバランスコンサルタント





自己紹介

シューズマスター野村です。
ブログを読んで頂いてありがとうございます。

スポーツシューズが一般化したのが戦後50年そこそこです。

皆さん「何となくシューズを履いていませんか?」実はトップ選手でさえサイズの選び方や履き方を知りません。


「んじゃ」と、変な使命感から始めたブログも7年目を迎えました。

5万人のシューズフィッティングと2千人以上のボディバランス測定会実績は更に全国行脚を目指しています!

 まずは無料配布している   【正しいシューズの履き方】をお試し下さい。

足からウロコを落とさせますよ!



【セミナー後の変化】

◇20km過ぎに襲来する腰痛・
膝の痛みに悩んでいました!
「あの履き方でビクビクしなくなりました」

◇黒爪やマメに悩んでいました!
「サイズを見直してからはOKです」

◇足甲の痛みが辛いです!
「全く逆の事をしていました」

◇練習の成果が出ない!
「効率を上げるとは、〇〇だったんですね」

故障の不安を解消する
【ランニングシューズセミナー】



d0094245_11464952




■♪メールはこちらまで♪
jog0320★yahoo.co.jp
スパム防止の為★は半角@に変更して下さい。



twitter_logo


「ランニングシューズの選び方その◆」

好評連載中!

ハッシュタグは#kutuerabi です。































SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
Amazonライブリンク
Archives
  • ライブドアブログ