プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2008年08月

「ボディバランス測定会 in 東京」の日程を誤って記載してしまいました。


誤)9月21日(土)→正)9月21日(日)になります。


申し訳ございませんでした。


予約受付のご連絡は月曜日になります。

99cf7e22.JPGお盆休みに京都に行ってきました。


大文字の送り火前日でしたので混雑を予想していたのですが、全くはずれました。


ガソリン高騰の余波で車はスキスキ、河原町も普段の半分ぐらいの人出で拍子抜けしました。


御所に行っても写真の有り様です。


お陰でゆっくり散歩ができました。


普段歩き慣れていない砂利道は意外と疲れます。


滑らない様に足元に神経が集中するのでしょう。


変化を付ける為に外周だけでなく、園内を走ることをお勧めします。


※ボディバランス測定会 9月、10月(東京)10月(名古屋)の募集を明日発行のメルマガにてさせていただきます。

北京五輪男子マラソンが終わりました。


優勝したワンジルを始め上位をアフリカ・欧米勢に独占されたのは正にトラック競技の延長でした。


ゲブレシラシエが世界新を出してから明らかに高速化してきましたが、今回は気温・ペース・などの条件を全く意に介しない格闘技のようなレースでした。


駅伝ベースの日本勢は今後大きな方針転換が必要かもしれません。

ソフトボール悲願の金メダルに沸いた翌日、星野ジャパンがまさかの敗退。

正に悲喜交々のオリンピックです。


先の男子5000mで松宮選手のシューズが脱げてしまいました。

過去にも世界選手権での福士選手やバルセロナの谷口選手も脱げてしまいました。

中距離レースは選手同士の接触が特に多いのですが、外国選手の場合、以外とシューズが脱げることが少ないのは、踵の形状が日本人に比べて突起しているからです。

少々大きいシューズを履いてもホールドしてしまうんですね。

踵の安定はロスの軽減に直結します。


ロンドンのスタートは踵です。

野口みずきの不参加でもう一つ盛り上がりを欠いた女子マラソンでした。


その中で男子100mで見せたボルトの世界新記録には度肝を抜かれましたね。


最後のパーフォーマンスは賛否両論ありますが、記録より勝負にこだわった反動なんでしょう。


正に五輪独特の世界です。



※8/23の「ボディバランス測定会 in 東京」
に空きができました。

先着順です。

■東京会場

日時:2008年8月23日(土)


時間枠:

        9:00〜 9:45
       12:00〜12:45
       16:00〜16:45

   (時間枠は各45分間になります。)



場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第7会議室
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

  案内図です。⇒ http://tinyurl.com/2jd4cf

費用:測定・講習で¥3,000になります。


ご予約は↓こちらから

http://tinyurl.com/36h7b9


※応募者多数の場合は先着順になります。


↑このページのトップヘ