プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2009年01月

「ボディバランス測定会 in 東京/名古屋」募集終了いたしました。


今回も多数のお申し込みありがとうございました。

スピードランナーとしての素質があるとすれば脚の直進性です。


逆に極端なO脚やX脚の場合、推進力のベクトルに対して効率が落ちてしまいます。


つまり着地から蹴り出しまで内外に逃げる事で接地している時間が長くなってしまいます。


すごく単純な事です。


ご自分の脚を知ることでシューズのサポートを如何にするかが判ります。


例えばO脚のランナーがインサイド補強の強いシューズを履くとより外側に逃げてしまいます。


本人は履き易いシューズかもしれませんが少なくとも練習の成果は出ません。


特にレース用のシューズは補強の強度も低く「邪魔をしないシューズ」になってます。


これに味噌・醤油・味の素で味付け(チューニング)することでロスを無くす事も可能です。


今では一般化していますが、スキーブーツの場合カント調整というチューニングをします。


これによりスキーに対して出来るだけニュートラルな足位置を確保するわけですが、ランニングシューズもその個性に合わせてチューニングすることでロスを無くす事でタイムを出す訳です。


1%のロスを無くせば10,000mで100m分のタイムが短縮します。(単純過ぎますが)


興味ある方この指とまれ〜!


何度かネットでもトライしようとしたのですが、むっちゃマンパワーが係るので躊躇していました。

3月から取り組みます!(宣言してしまいました!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ボディバランス測定会 in 東京」に空きが出ました。

追加募集いたします。

■東京会場

日時:2009年 2月22日(日)


時間枠:

       13:00〜13:45
       14:00〜14:45
       15:00〜15:45
       16:00〜16:45

   (時間枠は各45分間になります。)



場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第8会議室
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

  案内図です。⇒ http://tinyurl.com/2jd4cf

費用:測定・講習で¥3,000になります。


ご予約は↓こちらから

http://tinyurl.com/36h7b9


※応募者多数の場合は先着順になります。


f3b078b5.jpg名前は「R×L SOCKS」です。


見事に立っています。


ソックスは直接素肌に触れるギアの為、5本指などその効果が体感し易い反面、締め付けがきつ過ぎたり、直ぐに伸びてしまい「しわ」になることでマメの原因になったりします。


R×Lのすごい所は繊維の撚糸(編み方)から考えられており、如何に足形に合せるかを本当に手間を掛けて作っている所です。


直立したのはその結果です。


このソックス認定します。


フルマラソンに一度お試ししてみてください。

昔インドネシヤの山村へ行った方が不思議な光景を見たそうです。

車でどろんこ道を走っていると、明らかに一家と思われる人々が家の前に延々と両側に並んで立っていたそうです。

「何をしているのか?」と質問すると

「することが無いから立っている」と答えたそうです。

同じ村でアメリカ映画(喜劇)を上映した時に場内が大爆笑になった場面が、何と人が走っている場面だったそうです。

大人になればなる程、走る必要性が無いので「走る文化」が無く「大の大人が走っている〜!」てな感じで大笑いになったそうです。

世の中広いです。

昨年の夏以来、素材供給の問題で休止しておりました
カーボンシートチューニングを再開することになりました。


今月末には再開できる予定です。

また名古屋のウィンドアップさんの協力で
シューズとカーボンチューニングを合わせて販売が可能になりました。

詳細は今月末にご案内させていただきます。




↑このページのトップヘ