プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2009年07月

「走靴研」カルテ管理のご依頼が集中しております。

ありがとうございます。

目指すは「ONE to ONE」です。

さて今週末のボディバランス測定会に空きができました。

ご希望の方は下記までお申し込み下さい。

締切は31日19:00までとさせていただきます。


■東京会場

日時:2009年 8月1日(土)


時間枠:
14:00〜14:45
       15:00〜15:45
       

   (時間枠は各45分間になります。)



場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第8会議室
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

  交通アクセス⇒ http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/access/access_hama.html

費用:測定・講習で¥3,000になります。


◆ご予約は↓こちらから

http://tinyurl.com/36h7b9


※応募者多数の場合は先着順になります。

先日、メルマガにて「個人カルテでの管理」を募集したところ早速、数十人の方からご依頼がありました。(下記)


現在、データーを保存中です。(汗・・!)


目的はリピーターの方に精度ある回答をさせていただく為ですが、カーボンチューニングの進化を目指し効果確認をしていきたいと思います。


折角ですから新たなカテゴリーの旗印としてベタですが、「走靴研究所」略して「走靴研」を発足させます。


今回は第一次募集です。



メルマガの内容 ここから↓


過去にカーボンシートチューニングをして頂いた方から、その効果と今後の練習方法についてお問合せをいただきました。


今までは個別に対応させていただてましたが、精度ある回答をさせていただく為にも標準化をしなければいけないと反省しました。


折角カーボンシートをご利用いただいているのですから、その効果確認も必要ですしね。


そこで・・・・


過去にカーボンシートをご利用いただいた方でご希望がございましたら


「個別カルテ」を作らせていただき継続的にアフターフォローを実践していきたいと思います。


相互に成果確認が出来ればモチベーションも上がりますものね。




ご希望の方は下記内容をメールにてご連絡お願い致します。

(そのままコピペしてお送り下さい。)


宛先:jog0320@ybb.ne.jp

内容:

1.ご住所

2.お名前(性別)

3.メールアドレス

4.現在使用されているシューズ名(複数可)

5.シューズサイズ

6.カーボンシートご使用開始日(年月で可)

7.走歴

8.フルマラソン経験の有無

9.有りの場合走破タイム

10.故障・怪我などの経験

11.出来れば靴底の写真を添付送付下さい

撮影箇所:靴底全体と踵(かかと)部、前足部の3枚程度
     お送りいただければ幸いです。



ちょっと最初はめんどくさいと思いますが、その後は当方にて
管理させていただきます。


半年・一年後に効果確認をしていきませんか?


※大変恐縮ですがキャパの問題もあり今回はカーボンシート
 ご利用のお客様に限らせていただきます。

※データー管理及びカウンセリング費用は第一次募集分についてカーボンシートご購入費用 に含まれるものとします。これからご購入の方はもちろん過去ご購入いただいた方も対象になります。



ここまで↑


ブログもそうですが毎日の積み重ねて大きいですよね。


・応援ポチお願いします→ 人気ブログランキングへ

ac5cd7ff.jpg夏の定番ビーサンです。


鼻緒は不安定なゴム底を一変させます。


支柱です。


中途半端なシューズは軸がありませんので結果行きたい方向へ倒れてしまい、落ち着いた位置でもたれます。


結果使いやすい筋肉に負担を掛けてしまいます。

全英オープン初日です。


石川 遼君すごいですね!


ゴルフというスポーツは10代〜50代までの年齢幅で世界のトップを争っています。


心・技・体は勿論、自然現象など多くの要素が絡んで来るために経験値が大きいのでしょう。


これをランニングに喩えた時、皆さん体にこだわり過ぎている気がします。


女性の筋力でも2時間20分を切れる訳ですから、効率を上げる事が記録に繋がる筈です。


筋力が付けば速くなるのでしたらこんなに簡単な事はありません。


眠っている筋肉(いつも言う腹筋など)を使える筋肉に変える事でより強い筋肉(腰筋)が生きてくるわけですね。



毎年、この時期にシューズをまとめ買いされるM様。


昨日も別大向けターサーとTR用のGT×2足をフルチューニングで大人買いしていただきました。


勿論、絶対的な信頼関係と裏付けがなければ出来ません。


何年もお付き合いさせていただくとチューニングも進化していきます。


靴底やボディバランスチェック、もちろん感走も大事です。


それらの情報を相互に確認し来期の対策を施します。


P(プラン)D(実行)C(確認)A(行動)です。




↑このページのトップヘ