プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2011年06月

先日の測定会でも然りでしたが、今まで何十年も大き目のサイズを履いている方にサイズダウンをご理解していただくのは本当に大変です。

それでもシューズフィッティングをさせていただくと9割はご理解いただけます。


しかしこのブログを読んで戴いているランナーに全てご理解頂ける事は難しいと思います。


サイズを小さくすることが目的ではなく本当に足に合ったシューズを履いただく事が目標です。


マトリックスではありませんが、頭の後ろに付いているコンセントを外せた方が、別世界を感じていただけます。


その為にはご自身の事(サイズ・目的・能力・状態)を理解する事。

シューズの知識をある程度持っていただく事。

正しい履き方を実践すること。



手前味噌ですが、測定会やセミナーにご参加いただけない方には是非

「ランニングシューズセミナー」&「正しいシューズの履き方実践」をご覧いただきたいと思います。


コンセントを外すキッカケになるはずです。

参加者の皆様ご苦労様でした。

今回は

ハワイから帰郷され5年振りに参加のマイりィさん(Mナッツご馳走様です。)

ゲリラ出現した医者の卵T君(サンドウィッチ美味しくいただきました。)

数十回のメールのやり取りをして、一回の測定で納得していただいたT様。

シューズフィッティングに感涙(?)していただいたW氏。


個性のある(失礼)参加者様でした。


9時から17時まで、トイレ休憩無し、怒涛の8時間ウルトラ測定会でしたが楽しい一日でした。


毎年恒例のSAIKOロードレースに今年も行って来ました。(釣りもかねて)


SAIKO1



前日は梅雨前線の影響であいにくの雨模様でしたが高地の気候は湿気も少なく良いものです。


SAIKO2




レース当日は10名程、シューズフィッティングをさせていただきました。


お一人に説明しながらフィッティングをしていると周りで聞き耳を立てている方が「私も」と次々にフィッティングを希望されます。


皆さん興味新々です。


今履かれているシューズをフィッティングしますから、直ぐに体感していただけます。


ゴールをして直ぐにブースへ飛び込んできた女性ランナー。


「ベストが出ました!」


必ずレース後半に来るくるぶしの痛みが、不思議と今回は無かったそうです。


今回も勉強させていただきました。

初めて読者になっていただいた方からナイキのフリーについての

ご質問をよくいただきます。


NIKE FREE


以前にもブログでコメントしましたが、このシューズはカジュアルシューズです。

カジュアルシューズのチェーン店で販売されています。

でもそのお店ではアシックスもミズノもありません。

殆どがカジュアルユースでの販売実績です。


ナイキの戦略通りです。

※「ランニングシューズセミナー」DVDについて来週一週間は代引発送が出来ません。
 当方の都合で恐縮ですが、ご了承お願い致します。(通常の発送は大丈夫です。)

※twitter 「ランニングシューズの選び方 その72」まで進みました。#kutuerabi でまとめております。

裸足で走る事」が話題になっています。


私の所へも沢山の問い合わせをいただきます。


以前ブログでも「裸足のススメ」で記事を書きましたが、

人間の足は太古の昔より長い距離を裸足で走れる進化を

してきました。



素足で大地に立った時の開放感は何とも言えません。


人間の足の感覚はそれほど敏感なのでしょう。


その感覚を蘇らせるには裸足で大地を踏みしめる事は

すばらしい事だと考えます。


但しあくまでも素足が前提です。


布切れ一枚が介在すれば、それはシューズを履いていることと

何ら変わりません。


ビブラム



その意味では流行のファイブフィンガーズは中途半端です。



裸足では商売になりませんから、5本指タイプの足袋にしたので

しょうが、これではシューズと同じです。


ランニングシューズの進化は隣のおばちゃん(失礼)にも

マラソンを完走させてくれましたのは事実です。


ですからランニングシューズのサポート力を否定する事は出来ません。


しかし走りやすシューズ(軟弱なシューズ)は使いやすい筋肉ばかり使ってしまいます。


これは弊害だと考えます。



本当のモーションコントロールが出来るシューズならば非日常の

筋肉にすばらしい刺激を与えてくれます。(残念ながら現状では殆どありませんが)


「モーションコントロールの対局には裸足」があります。

ランナーにはどちらも必要で片側だけでは無理があります。


何故なら多くのランナーはタラウマラ族の環境には居ません。


※昨晩募集をさせていただきました「ボディバランス測定会 in 東京」の受付

 を終了させていただきます。
 沢山のお申込ありがとうございました。今回も一部のランナー様にはご希望に添えず申し訳ございませんでした。

※好評を頂いております「ランニングシューズセミナー&シューズの履き方実演」DVDはシューズ選びをするための全てを解説しております。

ランナーは当然ですが、指導者の皆様にも是非ご覧頂きたいと思います。

↑このページのトップヘ