プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2011年08月

「儲かるスポーツショップになる3つの方法と販売テクニックで

 在庫量半減+利益率100%UP! が出来るんです!



「在庫半減?そんな事出来るんかいな?」


スポーツ小売店の取り巻く環境は年々厳しくなっています。

・郊外型大型店の出店

・ナショナルブランドの直営店

・アウトレットの進出

・アマゾン・楽天など通販の増加

・アパレルメーカーのスポーツ業界進出

・少子化


などなど


でもこんな厳しい状況下でも売上を倍増しているお店があります。


今回は業界唯一のスポーツショップコンサルティングである

121(one to one)コンサルタント梅本氏と元ランニング専門店

「THE jog コジマ」の企画開発室々長で現在、走靴研 シューズマスター野村

が実例をご紹介しながらそのノウハウを一挙公開します。

※121 コンサルティング→ http://121con.blogdehp.ne.jp/


◆セミナー内容:

【121コンサルティング 梅本氏】

1)○○を絞れば、売上が上がる!

2)○○を付けると、利益が上る!

3)お客との○○でファンを増やす!


【走靴研 シューズマスター野村】

1)ワン・トゥー・ワン戦略で販売をする方法!
  
2)実例!間違いだらけのランニングシューズの売り方
  たった5品番だけで、ランニングシューズは売れる!

3)1000人/日来店する家賃0円のお店とは?


一点集中でNo.1を創れば必ず売れます。


その実例を梅本氏がご紹介します。

老舗ランニング専門店30年の販売ノウハウを野村が公開します。


これだけでも物凄いノウハウですが、今回は121コンサルティング梅本氏

が数字の裏付けをしてくれます。


■東京会場

◇日時:2011年 9月 8日(木)

◇スケジュール:

     受付  13:00〜13:15

    第1部  13:30〜14:45【走靴研 シューズマスター野村】

    第2部  15:00〜16:30【121コンサルティング 梅本氏】

    質疑応答 16:30〜17:00

会場:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第7会議室

(JR 浜松町駅から徒歩5分)

交通アクセス⇒

 http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/access/access_hama.html

◆ご予約は↓こちらから終了いたしました。



■最後に、このセミナーの参加金額です。

通常、梅本氏を一日借り切ると最低でも10万円は必要です。

その梅本氏を借り切る権利をあなたは手にする事が出来ます。

しかし今回特別に¥9,800/名で募集させていただきます。

また一般のセミナーと違い質疑応答・実演に時間を掛けますので、

今回の募集人数は限定6名様になります。


※追伸

更に参加者様特典として


1.121コンサルティング 梅本氏の無料メール相談 3回分

2.走靴研 野村からランニングシューズセミナーDVD進呈


今後の開催予定はございません。

今回のみの特別開催になりますので、お見逃し無く。




◆申し込み方法

下記注文フォームからお申込み下さい。

今回、参加費は事前にお支払いいただきます。

参加お申込み後、メールにて受付、振込先のご連絡

をさせていただきます。

ご入金確認後の受付とさせていただきます。


お申し込みフォームへ→ 終了いたしました。


◆「ランニングシューズセミナー&シューズの履き方実演」DVD◆

◆「シューズの正しい履き方」無料レポート◆

ヒールレスシューズについてお問い合わせをいただきました。

「かかと」のソールが削れているシューズです。


このタイプのシューズは昔からありました。

パテントが切れたのか?多くのメーカーから出ているようですね。


効果については諸説あります。

・青竹踏み
・ミルキング効果により血流が良くなる。
・後肢のスリム効果
・アキレス腱の強化

などですが、一番は腹筋への刺激だと思います。


不安定な状態を不安定と感じる事で、腹筋にも刺激が入ります。

少なくとも昨今のユルユル・ガバガバ・フニャフニャシューズを「楽」だと思ってはいているよりは良いですね。


問題は使い方です。

一日中履くのはNGです。


「一日30分」などの時間を区切って使用すれば効果はあると考えます。


◆「ランニングシューズセミナー&シューズの履き方実演」DVD◆

◆「シューズの正しい履き方」無料レポート◆

アシックスのDSトレーナー(青いシューズはDS スカイスピード)には同じ足型で3種類展開しています。

違いはミッドソール内側に入っている灰色の補強(Duomax:デュオマックス)です。

左:シューズの保護性に敏感な欧米で展開しているモデルです。

中:日本人のピッチに合せデュオのボリュームを抑えています。

右:デュオを外して、より脚力を重視したモデルです。


DS3種




簡単に説明しますと以上になりますが、お店で手に取ってシューズを捻ってみてください。

その剛性の違いが直ぐに判ります。


このデュオの使い方はGTーNYモデルでも踏襲されています。

欧米仕様は余程プロネーションがキツイ方以外は必要ないと考えます。

逆に右のスカイスピードはターサーに近い仕様になるため、従来のDSのイメージで選択されると危険です。

アシックス DSトレーナー16はヒールカウンター(踵の補強)が無くなってしまうという残念なモデルチェンジがありましたが、旧バージョンのヒールを継承しているモデルがあります。


GEL-DS SKYSPEED 兇任后


DSスカイスピード2


従来配置されていた内側のデュオマックス(灰色の補強)が無くなっている分、スペックとしてはスカイセンサーに近く従来のDSと同じ感覚で使用するのは要注意です。

4分台/km の走り込みがベストです。

■独断と偏見評価■

価格  ★★☆☆☆
安定性 ★★☆☆☆
かかと ★★★☆☆ (ホールド性)
中足部 ★★★☆☆ (ホールド性)
総合評価★★★☆☆

「ボディバランス測定会 in 名古屋」無事終了いたしました。

参加者の皆様ご苦労様でした。


ボディバランス測定とは足圧でランナーの筋力バランスをチェックするのですが、出てくるデーターはそれぞれ個性があります。

骨格形状・筋力・運動経験は勿論、生活環境・性別・性格などが違う中、同じ足圧データーは殆どありません。


まずは靴底の減り方をチェックをします。

この時、左右差・内外差・上下差を確認してから、何故このような減り方をしているかを足圧データーで検証します。


ランニングやウォーキングはある意味バランスを崩して前進します。

その崩し方はそれぞれの個性が反映されますので、当然足に対する負担も違います。


また故障や怪我などで無意識に庇う事で、通常とは逆のパターンになることも多々あります。


例えば軸足(左足)と利き足(右足)と真逆のパターンになったりします。

これぐらいの違いは直ぐに解明出来ますが、さらに猫を被っている足が多々あります。


これを暴くのが面白い所なんですが、具体的には屈曲(膝を曲げて立ち上がる過程)で運動時の変化を診ます。立位(通常時)との比較をすることで本来のバランスチェックが完成します。


しかしそれでも原因が解らない場合、インタビューをします。

「怪我の経験」・「過去の運動経験」・「仕事」・「普段のシューズ」過去の経験から探ります。


無理に結論は出しませんが、測定者様とのやり取りで、どちらかが

「あっ!」

と気づく事もあります。


面白いですよ。

↑このページのトップヘ