プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

2012年09月

台風の接近でお一人を除いて、午後の測定会を中止し、

先程、静岡より戻ってきました。


長くやっていると本当に色々な事がありますが、安全第一です。


逆に(?)10月7日(日) 神戸会場は予想以上の反響をいただき募集終了と

させていただきました。

一部の方にはご案内が遅くなり申し訳ございませんでした。

尚、翌日8日の大阪会場は継続募集をさせていただいております。


さて測定会で全国を回らせていただいて7年になります。

初めてお会いする方、半年に一度参加されるリピーターの方など既に数千人の方

と面談させていただきました。

ランニングシューズという共通点で全く知らない方と出会いお話をさせていただくのは

不思議な感じもしますが、本当に楽ししいですね。

逆に楽しくなければ7年も続かなかったと思います。


また参加者の皆様から

「膝の痛みが無くなりました!」

「故障をしなくなりました。」

「ベストが出ました!」

「また走れるようになりました!」

など感想をいただくと本当に励みになります。

こちらこそ本当にありがとうございます。


一期一会ではありませんが、ご縁を大事にしたいと考えます。

貴方とお会いできる事を楽しみにしております。

サイズを計る時は、椅子に腰掛けて測定する事はご理解いただけましたか?

実際の計りかたですが、足の下に紙を敷いて爪先と踵の部分に

線を引いてください。

それを直線で結べば貴方の実測サイズが判ります。

正確を期するため踵の部分を椅子の脚に合わせると測り易いです。


さて一番大事なのはここからです。

まずは測定した実測サイズに足を入れてみることが肝心です。

殆どの方が足さえ入れたことの無いサイズだと思います。


足を入れてみると色々な事が判ります。


「えっ!意外と履けてしまう!」

「窮屈」

「踵がピッタリしているてこんな感じ?」

この感覚が大事です。


今度はそのサイズからワンサイズ大きいシューズを履くと、ルーズ感が判ります。

履き始めに余裕を感じたりするシューズは走れば動いてしまいます。

これでは非日常のスポーツにはアウトです。

一気に実測サイズを履く事はありません。徐々に理想のサイズ(本来のサイズ)に

近づけていく事が大事です。


勿論、大前提に【正しい履き方】は絶対に必要です。

ブログでも無料配布していますが、ちょっとコツがいります。

【ランニングシューズセミナー】で体験してみてください。


明日の【ランニングシューズセミナー in 静岡】台風が近づいていますが、開催いたします。

参加ご希望の方は下記からお申込ください。


【ランニングシューズセミナー】


ランニングシューズの選び方・履き方・サイジングから【シューズフィッティング】

の実演、そして【5分で効果!体幹トレーニング】の方法を2時間で伝授します。

シューズに対する考え方が180°変わりますよ。

特典:参加者様全員に

    【自分が判る!靴底自己診断マニュアル】DVD (60分)

    【正しいランニングシューズの履き方】DVDの2本を進呈します。



9月30日(日)・・・静岡市民文化会館 9:30〜

先日のブログでシューズサイズを計る時は「座って計る」ことをお勧めしました。

その件について読者の方からご質問をいただきました。

ここから ↓

偶然たどり着きました。

走るときは立って走るのになぜ座ってサイズ計測をするのでしょうか? 
僕は靴も立った状態で履いて紐を結びます。

これは良くないのですか?

ここまで



何故、「座って計る」ことをお勧めするのかご説明させていただきます。

まず第一に立って計ると足のアーチが落ちてしまい、実測サイズが大きくなります。

いつもご説明していますが、箱に明記されいるサイズは、インソールのサイズを

計るとワンサイズ大きくなっています。


つまり実測サイズ+αの捨て寸という余り寸を加味して作ってあります。

26cmの方が箱に書いてある26cmのシューズを選ぶという至極当然のことなんです。


またランニングシューズは踵部に厚みがありますので、立って履くと、シューズ

の中で足が前方に動いてしまい、踵のホールドが甘くなりだけでなく、爪先部が

窮屈になってしまいます。


次にランニングシューズ自体は左右の伸びというキャパシティがありますので、アーチが

落ちきった状態でシューズを履けば、当然ホールドが甘くなりモーションコントロール

が出来なくなり、ランニングシューズ本来の機能が極端に落ちてしまいます。


スキーや登山靴を履く時に踵を付けて履くのと同じです。

勿論、大前提として【正しくシューズを履く】ことが必要になります。

このブログの左カラムから【正しいランニングシューズのはき方】PDFを無料で配布

させていただてますので、参考にしてみて下さい。


また【ランニングシューズセミナー】や【ボディバランス測定会】では実際に

シューズフィッティングをさせていただいております。

百聞は一見に・・ではありませんが、一度体験してみて下さい。

ビックリしていただます。

毎度の事ですが、測定会やセミナーに参加されたランナーの殆どが

大きいサイズのシューズを履かれています。

それも2〜3サイズ(1.0〜1.5cm)も大きいサイズです。


問題なのはメーカー直営店が大きいサイズを勧めていることです。

一昨日の東京測定会にご参加いただいたランナーさんから今日、アシックス銀座店で

「1.0cmサイズダウンしたシューズに交換してもらえました。」とメールをいただきました。


ショップがセールストークで使用する「1.0cm 余裕のあるシューズ?」という

曖昧な選び方で1分1秒を争う競技として、また普段の生活では使い難い体幹の筋肉やインナーマッスルに

刺激を与える事が出来るのかをもう一度考えて欲しいと思います。


また本当に1.0cm大き目でなければいけないのでしたら、サイズ表示を変えるか、説明書の注意書きに

その旨を表示すべきですね。


因みに私の実測サイズは25.8cmです。(勿論、座って計測しています。)

履いているシューズはGT-2150NY スリムタイプの26.ocmです。


今年の東京マラソンEXPO会場であるメーカーブースで足長を計測してもらいました。

足長:26.5cm(立って計測)
足幅:3〜4E
推薦シューズ:27.5cm (4E) でした。


サイズで3サイズ、足幅がスリムから4E になってしまいました。


これでは普段履きのカジュアルスニーカーか、大き目の楽(実は疲れる)なシューズ

を探しているお年寄りが履くシューズになってしまいます。


大きいサイズを勧める理由として・・・


.泪薀愁鵑鯀ると足が浮腫むから???

浮腫(むくみ)は水分とリンパです。シューズを脱がなければ浮腫ません。

大きいサイズのシューズを履けば、その余裕分浮腫んでしまいます。

また百歩譲って浮腫んだとしても、走り終わってからシューズが合っても意味がありません。


黒爪やマメの原因になる????

大きいサイズのシューズを履けば、足が前後左右に動いてしまい、摩擦熱でマメが出来ます。

また足が動く事で無意識に踏ん張ってしまい、爪が当たってしまいます。


3鞍進跛罎砲覆襦????

外反母趾は中足アーチが落ちて開帳足になり、爪先部で圧迫されることで、行き場がなくなり

親指の関節が突起してしまうのです。

つまり左右のホールドがしっかり出来ていれば、中足アーチは形成され、シューズの

フィットを高める(ヒールロック等)事で前後の動きを制御できれば進行を止められます。


ぢが一番大きくなった夕方にシューズを買う???????

では朝走る人はどうするのか?


大きいサイズを履かせる為に色々な理由を言いますが、よく考えれば可笑しな理由です。


人間の足は生きています。

最新鋭の測定機で計測しても、出てきたデータだけでシューズサイズを決めている様では

非日常のスポーツシューズを選ぶ事は出来ません。

腰筋緊張や膝への負担が何故起こったのかを判断する事が必要です。


メーカー直営店という看板(信用)で買わされたランナーこそ悲惨です。

シューズの選び方を「本当に知らないのかも?」と疑ってしまいます。


ただこのブログでも何回かご紹介しました群馬高崎のホシノスポーツさんや、セミナーに

参加していただいたショップスタッフさんはこの間違いに気がつかれて、正しいシューズフィッティング

を実践されています。

セミナーに参加されたランナー様の感走⇒ ここから

久し振りに激文になってしまいましたが、

電通の「摩擦は進歩の母、積極の肥料だ!でないと君は卑屈未練になる!」

という言葉を思い出しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランニングシューズセミナー+体軸トレーニング】リニューアルです。
─────────────────────────────────

シューズマスター野村です。

毎回、時間オーバーの【ランニングシューズセミナー】です。

2時間チョットでは伝えたい事の半分も話せません。


で、前々回までのサブテーマ【自分が判る!靴底自己診断】のDVDを

特典でお付けすることにしました。(約1時間)


これで貴方の頭についているコンセントを外せます(?)


勿論、【正しいシューズの履き方】DVDもシューズフィッティングの

復習としてお付けします。




今日から走り始める方は勿論ですが、ベテランランナーでも

シューズ選びには苦労されています。


過去5万人以上のランナーのシューズフィッティングをして来ましたが、

走暦に関係なく、皆さん大きいシューズをルーズに履いています。


それにより記録が伸びないばかりか、場合によっては、大きな故障の

原因にもなります。


「正しい目的のシューズを、正しいサイズで。正しく履く」

この当たり前の事が実は出来ていません。(実業団クラスでも)



ランニングシューズは貴方と大地を繋ぐ重要な武器です。

今一度、ランニングシューズを見直してみませんか?


過去7年間およそ600ページ以上に渡りご案内してきたシューズ

選びのノウハウを2時間に凝縮しました。


これで貴方もシューズ選びの免許皆伝です。


さて今回サブテーマをリニューアルさせていただきます。


既に【5分で効果!体幹トレーニングDVD】でもご案内していますが、

今回から+αの内容でボディバランスを変えるトレーニングをご紹介します。


いつもお話するのですが、女性の筋力でもフルマラソンを2時間そこそこで

走れるのですからランニングに関しては筋肉の量や強さではなく、

いかに【効率】を上げるか!に尽きます。


それが競技ともいえます。


体のバランスを変えていく事は難しくはありません。

でも日々の積み重ねが必要です。


効果がご理解いただければ、単純な運動でも集中できます。


一部をご紹介します。


【体幹を鍛える練習方法・実践】


・ラインウォーク(4パターン)

いつも使ってしまう外側広筋ではなく、腹筋や内転筋・臀筋などの反応しにくい

筋肉に刺激を与えて、使える筋肉に変えていく有効的な練習方法です。


・8の字ランニング

軸足と利き足の相互関係で左回りは走れますが、右回りは走り難い事は

体験されていると思います。

当然、左右の筋肉の使い方に偏りが出来てしまいます。

その解決法は?


・シャトルランニング

腰痛・膝痛でお悩みのランナーは多いと思います。

故障を気にしながら走るのは辛いですね。

シャトルランニングは左右差や左右のリズムを戻し、腰のストレスを

減らして効率を上げる走りを目的にしています。


勿論、正しいシューズの選び方・履き方は不可欠です。

今年は怪我の無いシーズンを送りませんか?


◇感想をいただきました。


・大阪 I様(男性)

先日の測定会お疲れ様でした。
ラインウォーク2種とシャトルランニングは早速練習に取り入れて実践させてもらっています。
そして、なんといってもカーボンシート!!

22日帰宅後、ストレッチとラインウォーク・シャトルラン後早速15キロほど走りました。
チューニングされた2160で歩き始めた瞬間から「なんか違う!?」感を感じましたが、
ラインウォーク・シャトル・ジョグと段階を踏んで違いが分かりました。
メッチャクチャ真っ直ぐに進みやすい!!

ラインウォークやシャトルは駐車場の白線を利用して行いましたが、
ジョグ中もいつもより左右へぶれないんです。
シートだけの効果ではないのかもしれませんが、疲れが出る終盤の坂でもバッチリ効いていました。

その日は楽しく走り、膝への疲労の低減なども感じ「導入して単純に楽になったのでは?」と思いましたが
次の日走ったときに「疲れ」を感じました。
特に筋肉痛というわけではないんですが普段疲れない筋肉がいつの間にか疲労している感じです。
あまり二日続けて走ることをしないとはいえ、普段以上レース未満の不思議な疲労感は
トレーニング効果があったんでしょうね。
へばってしまい坂道にはいけずに切り上げてしまいました^^;




・大阪 H様(男性)


熱い講義に丹念なフィテッィングの実演、またセミナー終了後のお茶会での

貴重なお話等、本当にありがとうございました。


今まで、ショップスタッフさんに勧められる儘に漫然と合わせていた

自分のシューズが、しっかりフィッティングしてみれば、アッパーは皺が寄り羽根間はキチキチ、

先端は2cmも余りシューズ内で指先を「グー」にできるほどルーズに履いていたことが判明しました。


42.195kmをともに走るギアに対する自分の意識の低さが恥ずかしく、また本当に蒙を啓かれる思いでした。


セミナーの体験が残っているうちにと、さっそくトレーニングシューズを新調しました。

ASICS FeathreFine スリム(28.0cm) ⇒ ASICS GT-2160 ノーマル(26.0cm)への変更です。


4サイズのダウン。従来とはまるで異なるフィット感に、正直戸惑いも覚えておりますが、

先ずは体感!ということで、走り込んで新しい感覚を十分に味わってみます。


今までランの故障が多く、今も右脚の不調に悩まされております(治療・診断中)。

ルーズなシューズフィッティングと、決して無関係ではないと感じております。



・大阪 I様(男性)


正しい靴紐の結び方はブログで見ていたんですが、実際に指導してもらうのとは雲泥の差ですね。

今までの結び方はなんだったのかと・・・


スポーツショップの店員はこれを知ってないとサイズのアドバイスできないでしょうに・・・

帰宅してから手持ちの靴で実践してみて、手持ちの靴はほとんどが大きすぎました。


少し小さすぎたかと思っていた靴などはちょうど良くなったため、

すべて駄目になったわけでないのは救いですが、もっと前に結び方を知っていればとかなり後悔(><;)

方法さえ知っていればもっと小さめのサイズにもトライできるので今後は後悔しない靴選びができそうです。



・大阪 Y様(男性)

こんにちは。
先日は、シューズアドバイスありがとうございます。
その後、GT2160SLIMの27.0cmを購入いたしました。
以前までは2170の28cmだったため小さすぎないかと少々不安でしたが、
なんと初回から悩み続けていた足首や膝の痛みがほとんど発生しなくなりました。

最初は若干足裏外側の痛みや足先の触れる部分が気になっていましたが、次第に
フィット感がでてきました。逆に以前はいていたシューズがブカブカでとても走れたものでは
なくなりました。
単純にシューズのサイズを変えただけでここまで違うのかということを驚きの体験です。


※「薄皮一枚の別世界」を体感してみて下さい。



◇セミナー内容


1、2012年度版シューズマトリックス表による目的別

  ランニングシューズの選び方


2、正しいサイズの測り方・履き方実践


3、【体幹を鍛える練習方法・実践】


4、裸足ランニングについて



貴方とお会いできる事を楽しみにしております。


【大阪会場】

◇日時:10月 8日(祝)9:30〜11:30(受付開始9:15)

◇場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)

  503 会議室

  〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14

  TEL: 06-6942-0001


◇交通アクセス

●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

車でお越しの場合は、阪神高速東大阪線、法円坂出口を左折して直進、
京阪東口交差点左折、西へ信号5つ目


アクセス⇒http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html



【名古屋会場】

◇日時:2012年10月10日(水)

    18:30〜20:30(受付開始18:00)


◇場所:つながれっとNAGOYA
(名古屋市男女平等参画推進センター)

   セミナールーム 2

 〒460-0012 名古屋市中区千代田五丁目18-24

     TEL 052-241-0311 FAX 052-241-0312


◇交通アクセス

⇒ http://www.tsunagalet.city.nagoya.jp/access/index.html




【東京会場】

◇日時:2012年 10月 20日(土)

    2012年 10月 21日(日)の連日開催です。


受付開始:9:15

セミナー時間:9:30〜11:30


場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第8会議室 (21日は第7会議室)
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

交通アクセス⇒

http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/access/access_hama.html




【お申込み要項】

◇当日、靴底診断と正しいシューズの履き方を実演しますので、日頃

 練習でご使用されているランニングシューズと筆記用具をご持参下さい。


◇特典:参加者様全員に

    【正しいランニングシューズの履き方】DVDを進呈いたします。

   (履き方の復習が出来ます!)


   更に!シーズン・インということで、今回特別に、

  【自分で判る!靴底自己診断マニュアルDVD】+マニュアルPDF
   も合わせて進呈いたします。(特典期間未定)

   これで分析と対策が出来ます。


◇費用:¥4,000(当日払い)


◆ご予約は→こちらから


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ボディバランス測定会 in 大阪・名古屋・東京 ご案内
───────────────────────────────

【ボディバランス測定会】もリニューアルです。

リピーターの方やメールでのお問合せなど、測定後もデーターを

有効活用するために、当方にて測定データーをカルテにまとめて

管理させていただきます。


相互でデーター管理することで、より具体的なフォローを

させていただきます。



ご自身のバランスをご自身の目で確認してみませんか?


走り始めの方からシリアスランナーは勿論、健康ウォーカー

の方もご参加いただております。


勿論!シューズフィティングもさせていただきます。


これまた目からウロコです。


※ボディバランス測定とは?


ブログでもご紹介しておりますが、測定台に乗っていただき

足裏にかかる体重(足圧)を測定して、体の緊張やバランスの

取り方をチェックします。


骨格・筋力・性格・性別・環境が違う中で同じバランスの方

(ランニングフォーム)はいません。


走りやすい走り方が一番です。そこから効率アップしていく

為には、まずご自身を把握しなければ解決できません。


日頃、疑問に思っている事や故障の原因がイメージ出来ます。

具体的な対処(練習方法)を一緒に考えてみませんか?



◇感想をいただきました。

神奈川県 H様

今まで気にしたことのなかった多くの発見があり
とても内容の濃い時間でした。
今後の練習やトレーニングの良い刺激になりそうです。


東京都 K様

時間を忘れて、たくさん質問してしまいましたが、
私のような初心者に惜しみなくご教示くださりまして、
今になって申し訳なくも大変有難く思っております。

ブログは過去分から全て読まさせていただきましたが
ラインウォークをはじめ、腹筋、腕立てふせのトレーニング方法など、
測定会に参加でき実際に教えていただきまして本当に嬉しかったです。

シューズフィッテイングしていただいた際は、
脚から感動が伝わり、鳥肌が立ってしまいました。
帰りはどんどん履き心地よく感じられて、帰宅した際は脱ぎたくないなと、
このまま走りに行きたいなと思ってしまいました。

愛知県 W様

ボディバランス測定会に初めて参加させて頂き
気づかされることがたくさんで、自分は走るようになって4年経過しますが、
今さらながら「もっと早く参加すれば良かった」と思っています。
自宅の下駄箱に置いてあるこれまでのランニングシューズをみると、ぞっとしてしま
います。


【大阪会場】

◇日時:2012年 10月 8日(祝)


◇時間枠:
        
       募集終了いたしました。
   
   (時間枠は各45分間になります。)

◇場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)

  503 会議室

  〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14

  TEL: 06-6942-0001


◇交通アクセス

●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

車でお越しの場合は、阪神高速東大阪線、法円坂出口を左折して直進、
京阪東口交差点左折、西へ信号5つ目


アクセス⇒http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html


◆費用:測定・講習で¥5,000になります。(当日払い)


今回から診断結果をカルテにまとめて個別管理させていただきます。

それにより測定後もより具体的にメールでのお問合せに対応させていただけます。

◆ご予約は→こちらから



【名古屋会場】

◇日時:2012年 10月10日(水)


◇時間枠:
        9:00〜 9:45 
       10:00〜10:45
       11:00〜11:45    
       13:00〜13:45
       15:00〜15:45
       16:00〜16:45
              
   (時間枠は各45分間になります。)


◇日時:2012年 10月14日(日)


◇時間枠:
        
       14:00〜14:45
       15:00〜15:45
       16:00〜16:45

   (時間枠は各45分間になります。)



◇場所:つながれっとNAGOYA
(名古屋市男女平等参画推進センター)

   セミナールーム 3(10/14はセミナールーム1)

 〒460-0012 名古屋市中区千代田五丁目18-24

     TEL 052-241-0311 FAX 052-241-0312


◇交通アクセス

⇒ http://www.tsunagalet.city.nagoya.jp/access/index.html


◆費用:測定・講習で¥5,000になります。(当日払い)


今回から診断結果をカルテにまとめて個別管理させていただきます。

それにより測定後もより具体的にメールでのお問合せに対応させていただけます。


◆ご予約は→こちらから



【東京会場】


◇日時:2012年 10月20日(土)


◇時間枠:
        
       15:00〜15:45
       16:00〜16:45

   (時間枠は各45分間になります。)


◇日時:2012年 10月21日(日)


◇時間枠:
        
       13:00〜13:45
       14:00〜14:45
       15:00〜15:45
       16:00〜16:45

   (時間枠は各45分間になります。)



場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第7会議室
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

交通アクセス⇒

 http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/access/access_hama.html



【お申込み要項】

◆費用:測定・講習で¥5,000になります。(当日払い)


今回から診断結果をカルテにまとめて個別管理させていただきます。

それにより測定後もより具体的にメールでのお問合せに対応させていただけます。


◆ご予約は→こちらから


お会いできる事を楽しみにしております。

↑このページのトップヘ