先日のサイズ事件の続編です。


今回、このような大きいサイズを選んだ原因のひとつに履き方があったと考えます。


PL法の施行以来、大きいサイズを薦めておけばクレームになり難い為
ショップだけでなくメーカーも大きいシューズを薦めます。


しかしランナーの間違った常識と無知もあります。

ご自身のシューズはご自身で選ぶ目と足を持って下さい。


今回は足のアーチをテーマにしました。


図のように人間の足には縦アーチが2箇所と横アーチが1箇所あります。


__



それぞれがスプリングのように反発する事で足への負担を減らしたり推進力になります。

上体が不安定で左右に振れればその負担はすべて足が負わされます。

しかしいつかは悲鳴を上げてしまいます。


足底腱膜炎・足底筋膜炎・外反母趾・マメ・黒爪など殆どがシューズサイズが大きい事が起因しています。


支えきれなくなった結果、足のアーチが落ちてしまい、地面からの衝撃をダイレクトに受けてしまう訳です。

よく勘違いされるのは足のアーチが落ちるのは足底筋が弱いからだと思いタオルギャザーで足底筋を鍛えようとしますが、本末転倒です。

上体が安定すれば、余計な負担はかかりません。




さてシューズサイズに話を戻します。

シューズには衝撃吸収などの機能以外に重要な機能があります。


安定性(スタビリティ)です。


シューズの横にアディダスなら3本線、アシックスならアシックスライン、ミズノならランバードマークが入っています。

いつも言ってますが、このラインは左右にブレ無いようサポートする為にデザインされています。

勿論アーチの保持にも一役買っています。


つまり立ち上がった時に(アーチが落ちた時)このラインを足で感じなければランニングシューズではなくスニーカーになってしまいます。


本題です。


アーチが落ちた状態でシューズを履くとサポートが出来ません。

勿論、図で示すようにアーチが落ちた時の足幅や足長はアーチがある時よりも大きくなります。

元々大きいサイズを選ぶ癖があり、更にアーチが落ちた状態でシューズサイズを選んでしまえば、とんでもないサイズのシューズを買う羽目になります。

本来の足型(アーチが形成されている状態)でシューズを履く事で正しいサイズが選べます。

そのためには必ず踵を立ててシューズを履いて下さい。

踵を立てる事でアーチが形成された状態でシューズフィッティングが出来ます。

(詳しくは正しいシューズの履き方をもう一度読み返してみて下さい)

左右のホールドが良くなれば足甲へも負担がなくなります。