意外といい加減なのがシューズサイズです。

殆どの方が爪先の余裕でサイズを決めています。

近所に買い物に行くシューズならまだしも、

【ランニング】という非日常のシューズサイズをこんな選び方では残念ですね。


このブログでも何回も書きましたが、改めて【シューズサイズの決め方】

をまとめてみました。


【勘違いの数々】

「足がむくむので大き目のサイズ」の洗脳

浮腫はリンパと水分です。シューズを脱がなければ浮腫はありません。

逆に大きいシューズを履けば、余裕のある分浮腫むはずです。

また走り終わってからシューズが合っても????ですね。


足が大きくなった夕方にシューズを選ぶというのも同じです。


「1cm大き目のシューズ???」

実は皆さんは既に1cm大き目のシューズを履いています。

「えっ?」 ですね。


例えば今履いているシューズの中敷(インソール)の長さを測って

みてください。

1cm大きい事が判ります。

シューズには捨て寸という余り寸法があります。

25cmの方が箱に書いてある25cmのシューズを選んでも余裕が

あるように作ってあるのです。

つまり25cmの方が1cm大きいシューズを履くということは27cmのシューズ

を履くことになります。

「黒爪になるから大きいシューズを???」

全く逆です。

大きいサイズを履けばシューズの中で足が動いてしまいます。

バランスを取ろうとして指で踏ん張る事で爪が当たってしまうのです。

また足が動く事と摩擦熱でマメの原因にもなります。

【サイズを知る】


ご自身のサイズ(実測)を知らないでシューズサイズは決めれません。

まずはご自分の足のサイズを測りましょう。


ただし椅子の腰掛けて膝を90°に曲げて測ってください。

足の縦アーチと横アーチが形成された状態で測ります。

紙の上に足を置いて、爪先と踵の所線を引いてください。

その2点を結ぶ線を物差しで測ってください。

それが現在の足の長さです。

現在と言うのは、足のアーチが戻れば、更にサイズが変化する事

を覚えておいてください。

メーカー直営店では立って足長を測りますが、足に体重が掛かれば

足のアーチが落ちます。


アーチが一番落ちた状態でサイズをシューズを選んでしまうと、

またまた大きなシューズを履く羽目になります。


ランニングシューズは木靴と違い伸び代がありますので、アーチが形成

された状態で測ったサイズのシューズを履けば、立ち上がった時にシューズの

ホールドがしっかり取れます。



【実測サイズから履く】

日本はシューズ文化が浅く、小さな時から大き目の靴に慣らされてきました。

初めはジャストサイズを履くのに抵抗があるかもしれません。

まずは実測サイズのシューズから試履きをしてください。

そのフィット感を感じてください。(今まで感じたことがないはずです)


次にワンサイズ上げると、先程の感覚が残っているので、ワンサイズアップのルーズ感が判ります。

更にサイズアップするとハッキリと大きい事を感じて頂けます。


逆に大きいシューズから履くと、何となく大き目で決めてしまいます。

これではいつまでたってもフィット出来るシューズには出会えません。

勇気を持ってトライしてみてください。


【正しく履く】

正しいサイズのシューズを選んでも履き方が間違っていては元も子もありません。

このブログの左カラムから「正しいシューズの履き方」を無料配布

しておりますのでお試しください。


ただ書面だけでは中々細かいニュアンスが伝わりません。

もう一つ自信の持てない方、不安感をお持ちの方!

測定会やランニングシューズセミナーで生フィッティング体験してみませんか?


今週は金沢へお伺いします。

◆【ランニングシューズセミナー in 金沢】


◇募集人数:先着5名様


◇日時:2012年 7月 8日(日)


受付開始:9:15

セミナー時間:9:30〜11:30(途中休憩10分)


場所:金沢勤労者プラザ

   金沢市北安江3-2-20
   TEL:076-221-7771

駐車場有

交通アクセス⇒http://kinpura.com/map.html


◇当日、靴底診断と正しいシューズの履き方を実演しますので、日頃

 練習でご使用されているランニングシューズと筆記用具をご持参下さい。


◇特典:参加者様全員に【正しいランニングシューズの履き方】

    DVDを進呈いたします。(復習が出来ます!)


◇費用:¥3,000になります。(当日払い)


◆ご予約は→ こちらから