【シューズのフィット感】について説明するのは中々大変です。

私が体験したのは40年以上前になります。


父親の転勤で札幌に引越しました。

その時、初めてスキーを体験したのですが、

はじめは粗悪なスキーブーツを履いていた為、思う様に曲がりません。
(当時は登山靴のような紐靴でした。)


ブーツの中で足が動いてしまうため、外足に体重を乗せてもブレてしまい、

内足のエッジがひっかかり、バランスが崩れしまいます。

当然、上体に力が入り体が遅れて転倒です。


ある時、父親のスキーブーツを引っ張り出して履いてみました。
(父親の方が小さいサイズでした)

初めてミズノのバックルタイプ(当時としては高級な革製でした)で足を

しっかり固めて滑った時の感動を今でも忘れません。


僅かな体重移動で思うように回転のキッカケがつかめたのです。

夕方のアイスバーンもリズムよくエッジが立ちました。


今まで靴擦れで足の痛みに耐えながら滑っていた事がウソのようです。

この経験がなかったらスキーを続けていなかったかもしれません。


子供心にシューズの重要性を認識できた瞬間でした。


現在ではスキーブーツも進化して自分の足型やカント角などまさに

ONE TO ONE のレベルです。

逆に私のような体験は難しいかもしれません。


【ランニングシューズ】も同じです。

「足が浮腫むから」「爪が当たって黒くなるから」「マメができるから」

色々な理由を頭の中でイメージしてしまい、なんとなく大き目の

サイズを履き続けている方が大勢いらっしまいます。



靴選びの時にもジャストサイズのシューズに試しに足入れさえしません。

これでは、いつまで経ってもジャストサイズのフィット感を体験できません。


勿論、【正しい履き方】が大前提です。(大き目のサイズでも同様ですが)

【ランニングシューズセミナー】ではこの履き方を講習させていただいています。

これだけはネットでは十分に伝え切れません。

シューズに足がフィットする感覚を体験してください。

名古屋セミナーー1

◆感想をいただきました。

◇大阪府 I さま

昨日セミナーに参加しました Iです。

内容の濃く楽しい時間をありがとうございました。

終わってから早速、靴を探しにいきました。

店員さんに、座って測定させてください!&ジャストサイズでいいんです!!

…とごり押しして奇異な目を向けられつつ(笑)、無事、GT1000の23,5を購入しました。

今日、足慣らしで20卍走ってみましが、関節等の痛みも出ず、

心配していた爪先の圧迫もなく、靴が足踏まずにちょうど良い具合にフィットして、終始足が軽く走れました。

足と靴の一体感が、これ程に気持ちよく走れるものだという事に感動しました!


◇神奈川県Nさま

横浜でのランニングシューズセミナーに参加したNです。

先日お伝えしたとおり、私は人より足のサイズが小さいこともあり、
シューズ選びは本当に長年悩みに悩んでおりました。

今回のセミナーにてご教示いただきました、人体構造・脳の働きなどの
スポーツ医学理論に加えて、裏話まで交えたシューズマーケットの現状と問題点
に至るまで、全てが初めて知ることばかりで一つ一つにワクワクドキドキしながら、
楽しく学ぶことができました。
質問にもお答えいただき、ほぼ悩みが解決しスッキリしました。本当に参加して良かったです。

<中略>

早速帰宅して指導された方法にて新シューズを履き6kmのランをしてみましたが、
シューズが足に吸い付くような安心感があり、何というか「シューズのことを忘れていいんだ」
という感覚に気づきました。
逆に言うと、今まではシューズが合わないことで無意識に何らかのアジャストをしていたんだな、と思いました。



いかがですか?

【薄皮一枚向こうの別世界】を体験してみませんか?

【新・ランニングシューズセミナー】でお会いできる事を楽しみにしております。

募集要項・お申込は⇒こちらから