スリムタイプが展開されていない【GT-1000】か?

踵のフィット性に劣る【GT-2000 スリム】か?

悩まれている方が多いと思います。


敢えて選ぶと【踵のフィット性】です。

スリムを選ぶのも結果、踵がタイトになるからです。


シューズのキャパシティを生かせれば、少しぐらいならホールド

がゆるくても対応は可能ですが、踵はダイレクトに効いてきます。

悩まれている方には#1000のチャレンジをお薦めいたします。