シューズマスター野村です。

「兵どもが夢のあと」・・・東京マラソンも終わりましたね。


さてセミナーにもご参加いただいた I さんからこんなご質問をいただきました。

━─━─━─━─━─
昨年の東京マラソンは、フェザーファインSlim(27.0cm)で走りました。

30km 2時間31分でしたが、その後、左足の薬指と中指に痛みが生じ着地
出来なくなった為、3時間44分でゴールしました。

ライトレーサーTSの場合、同様のトラブル発生が心配です。
━─━─━─━─━─

いつも言うようにハーフまではお好きなシューズで走ってもいいのですが、

フルの場合は30kmを過ぎた途端シューズの特性が大きく影響してきます。


I さんからご質問いただいたアシックスのフェザーはアッパーに柔らかい

補強素材と目の粗いラッセルメッシュを使用しています。



一方ライトレーサーTSは主に陸上部員のスピード練習用として作られています。

ですから同じスピード練習モデルの中でも耐久性を重視しています。



例えば、土のグランドで履いても汚れにくくするためアッパー

の補強には硬めのテフロンコーティングされた合皮を使用しています。

そのためスピードモデルの中では硬めのシューズです。



さてどちらのシューズが I さんに向いているか?


答えは「ライトレーサーTS」です。


30kmまでは取り敢えず手持ちのガスタンクと脚力でカバーできますが、

それ以降は、30kmまでの間、いかに効率良く且つ回復しながら走れたかが、

残り10kmに出てきます。


フェザーは柔らかいシューズですから、ある意味「邪魔」をしません。

その分使い易い筋肉を多用してしまいます。


なぜなら柔らかいシューズの場合、着地後のブレがどうしても大きくなり、

不安定になる分、安定させようとして腰筋にかかる負荷が大きくなります。


硬いシューズは・・・そうですね。しっかり支えてくれることで、パワーの

無駄使いを抑えてくれます。


これが30km過ぎに大きな差となって現れてきます。


特に日本人のようにハイピッチで走るランナーにはレスポンスの良いシューズ

が圧倒的に有利です。


さてアシックスの定番モデル「ライトレーサー」につはTSとRS

の2タイプがあります。

考え方は同じです。


その使い分けは距離と走法です。

ストライド走法タイプ・・・RS(アッパーが柔らかい)
ピッチ走法タイプ  ・・・TS(アッパーが硬い)

をオススメします。








●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー開催予定】

◇ 2月10日(水)AM・・・大阪
◇ 2月11日(祝)AM・・・大阪

http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【プロ向け!ランニングシューズセミナー開催予定】

◇ 2月10日(水)PM・・・大阪
◇ 2月11日(祝)PM・・・大阪

http://jog.livedoor.biz/archives/54492390.html

◆【ボディバランス測定会】筋力バランスをチェック!

◇ 1月11日(祝)AM・PM・・・名古屋

http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【プレミアムボディバランス測定会】

マンツーマンのケガと故障の原因と対策をします。

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/54950110.html

◆【駆け込み寺コンサル】
とにかく怪我でお困りの方へマンツーマン対応

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55140730.html


◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD 年末までの特別価格です。

http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html