シューズマスター野村です。


桐生選手が9秒台を出しました。

直前に新品のスパイクに履き替えたのが良かったのかも?


因みに彼のスパイクはアシックスですが、オーソドックスな

メーカーラインが入っていました。


そのアシックスラインですが本来、下の写真のようにしっかり

入っている事で左右のブレを抑えてくれます。
DSCF0224













因みにこのシューズはターサーです。

一方、下のシューズはわざわざアシックスラインを切って間に伸びる

素材を割り込ませ外側へ逃げやすく作られています。

因みにこのシューズは昔のゲルカヤノです。

ライン2














これって真逆なんですね。

つまりスピードモデルのターサーなら外側へ倒れやすく邪魔を

しない構造にするのは判るんです。


でもトレーニングタイプとして販売されているカヤノの場合は外側へ

倒れないようサポートしなければ意味がありません。


なぜ真逆になっているか?


このブログでも何回か説明しましたが、カヤノは欧米人向けの

レースモデルとして作られました。

ストライド走法は主流の彼らは厚底シューズをレースで履きます。

つまり厚底でもカーブラスト(足型)で外側へあおり易いシューズ

になっているわけです。


一方、ターサーはピッチ走法の日本人向けに作られていますので

リズム良く着地→蹴りをするためにサポートが入っている訳です。


結論を言うとカヤノは日本人向けには作られていません。

走りやすいという理由で未だに売れ続けているカヤノに

あえて警鐘です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 9月30日(土)・・・横浜 募集終了
◇ 10月 1日(日)・・・東京
◇ 10月 9日(祝)・・・大阪

http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html


◆【プロ向け!足圧データを読む方法

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55597052.html


◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 10月 1日(日)・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/55559036.html

◆【履き方・履かせ方講習会】

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55622395.html


◆【上半身を目覚めさせる!ラン向けポールウォーキング講習】

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55606959.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 9月30日(土)・・・横浜

http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中

http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!

http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html