シューズマスター野村です。

この時期、シューズについてのお問合せが激増します。
(回答が遅れている方申し訳ございません)


一番困るのは「お勧めのシューズを教えてください」

というご質問です。


正直に言うと、

「お勧めのシューズ(トレーニングシューズ)はありません」

特に日本人に合うシューズがありません。


ナイキのフリーブームやアディダスのブーストなど

柔らかいシューズの流れは日本のメーカーまで影響を与えました。


では何故「柔らかいシューズ」が日本人に向かないか?


そもそも日本人は世界的にも稀な体形(骨格形状)なんですね。
セミナーでは詳しくお話ししています)

具体的に言うと走法に違いが出ます。

ストライド走法の欧米人に対して一般に日本人はピッチ走法です。


その特徴が出た例として、

)無(銅メダル)リオ(銀メダル)の男子400mリレー
長野五輪で清水宏保が男子500mスケートで金メダル
W杯で小平 奈緒が女子500mで連勝中

これらに共通しているのは【コーナー】です。

正にピッチ走法の効果が現れた結果です。


さて話を戻します。

ピッチ走法の場合、着地時間が短い分レスポンスが求められます。

柔らかいシューズだとこのレスポンスが一気に落ちてしまいます。


アシックスのマラソンソーティが何十年も変わらない

硬めの薄いウレタンソールなのはこのレスポンスを維持するためなんですね。


因みにストライド走法の欧米人はソーティの薄底では

衝撃が大きく脚への負担が多くなるので一般には履きません。

ソーティが海外で販売されていないのもうなずけます。


これはトレーニングシューズの場合も同じです。

着地した瞬間、脳は着地をイメージします。

ところが柔らかいシューズだと更にミッドソールが沈み込んでしまい、

脳が「えっ?」と違和感を感じ、バランスを維持しようとして

腰に力が入ってしまいます。

腰痛の原因です。

またバランスを取るために足指で踏ん張ってしまいます。

これは黒爪の原因になります。

ベストなシューズはありませんが、よりベターな硬いシューズを

目安にシューズを選んでください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 1月 13日(土)・・・大阪
◇ 2月 3日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 2月 3日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 1月 13日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html