シューズマスター野村です。

極東の小さな島国である日本人は世界的に稀な

体型を持っているそうです。


具体的に言えば骨盤が小さい→殿筋が小さい→

代わりに足の外側が発達します。


O脚タイプが多いのもその現れです。


当然ですが、走り方に違いがあります。

ストライド走法の欧米人に対してピッチ走法の日本人です。


その日本人の特性が出た例です。

.薀哀咫W杯で南アフリカに勝利

あのエディHCが日本人の特性である俊敏さを活かすために

ストラクチャの局面ではなくカオス(混沌)の局面を目指した

ことで南アを混乱させ奇跡といわれた勝利に導いた。


男子400mリレーで五輪2大会連続のメダル

100m走のファイナリストが一人もいない日本チームが

メダルを取れたのはバトンワークだと言われていますが、

それだけではありません。

実は日本人のピッチ走法はコーナーを走れせたら

世界トップクラスなんです。

400mリレーでは2つのコーナーがありリオ五輪での

第一走者山縣選手と第3走者の桐生選手のコーナーワーク

が日本に銀メダルをもたらしたとも言えます。


スケート500mでの活躍

長野五輪男子500mで清水宏保選手が金メダルを獲得しました。

あれだけ身長差のある外国選手に勝てたのも

2つのコーナーワークがポイントです。

女子500mでも圧倒的な強さを見せている小平選手も同じです。



さて長く引っ張りましたが、先日のズームフライについての

記事をもう少し掘り下げて書きます。


厚底VS薄底が話題になっていますが、ポイントは

厚底=ストライド走法  薄底=ピッチ走法です。


つまり貴方のランニングスタイルがストライド走法なら

ズームフライはその効果があるかもしれませんが、

ピッチ走法の場合は???です。

本当に効果(薬)があるものなら、使い方を誤ると逆効果(毒)になります。


またピッチ走法の日本人が欧米人の真似をしてストライド走法

に変えても欧米人を超えることはできません。


あくまでも私の所見です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 1月 13日(土)・・・大阪
◇ 2月 3日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 2月 3日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 1月 13日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html