シューズマスター野村です。

悲しいかな、現行のランニングシューズ(トレーニングタイプ)は

欧米人ベースで作られています。


例えばシューズ内側の強度を上げているのもその一つです。

とは言えハッキリとしたプロネーションやサピネーション対策を

してしまうと売れません。

逆のタイプに売ると故障の恐れがあるからです。



メーカーの目的は販売足数です。

ですからユーザーにできるだけ違和感を与えないシューズを造ります。


例えば、

・スキーブーツでは歩きにくいです。
・鉄下駄は重たいです。
・スパイクやバレーシューズを普段履きにしている人はいません。


違和感の無いシューズは普段ばきなら兎も角

スポーツをするシューズでは???です。


踵にゲルを入れようが、エアを入れようが

違和感が無い(機能効果が無い)程度に量を抑えれば同じです。


毎年、モデルチェンジ毎にデザイン変化や影響がない

程度の素材の登用は目先を変えて、

・履きやすく
・走りやすく
・ストレスを感じない
・楽を優先した


販売足数を目指したメーカーの思惑が満載です。


逆にアディダスのブーストはその是非は兎も角、

シューズ全体にブーストを使用したアディダの潔さを感じます。

(個人的には日本人のピッチ走法にブーストは逆効果と考えます)


そんな「木を見て森を見ず」にならないためには

「正のストレス」を感じるシューズを見極めてください。



例えばミズノのウェーブプレートですが、その機能を

考えれば爪先までプレートを施した方が、最後まで脚をコントロール

してくれて良いはずです。(ウェーブクリェーション)


でもそのコントロール性はユーザーにストレスを与えてしまいます。

その為に踵部だけにプレートを施して違和感を感じさせないようにして、

軽量性や柔らかいというトレーニングには必要の無い要素を優先するのは

そこの販売足数を増やしたいメーカーの思惑が見え隠れします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 10月 27日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 9月 24日(祝)・・・名古屋

http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html

◆【プロ向け3種選択セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55714303.html

◆【ボディバランス測定会】

◇  9月 8日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html