プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 独断と偏見のシューズ評価!

シューズマスター野村です。

ナショナルブランド第3弾はニューバランス(new balance) です。

独特な社名は元々インソールメーカーとして起業され

その技術を基に矯正靴を手掛けた背景があります。


M1300をはじめニューバランスのシューズはヒールカウンターが

しっかりしたフィット感抜群のシューズでした。


どのメーカーもニューモデルを出していく中、近年まで

NBは良いシューズを継続させる唯一のメーカーでした。


その証がグレーとネイビーのカラーリングでした。(M991 USA製)
85bb47bf.JPG


ショップ時代、型的には古くても故障やケガでお悩みの

ランナーに唯一お勧めできるシューズでした。


ちなみにこのブログで無料配布している

「正しいランニングシューズの履き方」のモデルシューズも

ニューバランスでした。


残念ながら、現在のUSAモデルもカジュアル化してしまい、

当時のヒールカウンターは使用していません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 1月 13日(土)・・・大阪
◇ 2月 3日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 2月 3日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 1月 13日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html


シューズマスター野村です。

ターサージャパンと他のターサーの違いについてお問合せをいただきました。


憧れのジャパンシリーズにトライを考えている方に、

ジャパンシリーズの過去記事がありましたので再度アップさせていただきます。


<ここから>

ご存知アシックスのジャパンシリーズ!

・ソティーJAPAN
・ターサーJAPAN
・スカイセンサーJAPAN
・フリークスJAPAN・・・ですね。

413998a2.JPG









ジャパンシリーズは15年以上大きなモデルチェンジをしていません。

前回、レース用シューズは変えようが無いことを書きましたが、

同社のジャパンシリーズはちょっとニュアンスが違うと思います。

つまり変えれないのではなく、敢えて変えないところにアシックスの
<こだわり>が垣間みえるんです。


4d3a5edc.JPG









JAPANモデル以外のソーティやターサーもランナーの脚力を想定して
設計していますが、JAPANモデルは更に強い脚力を想定しています。


余計な補強を一切外して、アッパーには伸縮性のあるエクセーヌを使用し、
エクステンションもランナーの脚力を邪魔しない程度の強度に設計してあります。


簡単に言えば「走りやすい」反面「助けてくれない」シューズです。


極端な言い方をすれば、「履けるものなら履いてみろ!」と言わんばかり
の設計になっています。



まさにアシックスの技術力と自信の裏ずけです。


毎年モデルチェンジをしてくる他のメーカーでは真似できません。

ちなみにアシックスラインに使っている赤色はJAPANモデルだけに
使用しているためJAPANレッドと言われています。


惜しむらくはトレーニングモデルにもこの理念を貫いたシューズを
作って欲しいですね。


つまり・・・

「こんなに硬くて鬱陶しいシューズ!履けるもんなら履いてみろ!」
みたいなトレーニングシューズです。


ジャパンシリーズと真逆のランニングシューズです。

どこのメーカーがこれをやってくれるか?期待しております。


さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 1月 13日(土)・・・大阪
◇ 2月 3日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 2月 3日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 1月 13日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。


さて十年来走っている方ならアシックスの

【スカイセンサー】はご存知だと思います。


このシューズ、30年以上も続く歴史のある名品なんです。

当時、スカイセンサーはトップランナーが練習で使用する

尖がったシューズでした。


フラットな靴底はレースをソーティで走るランナーに違和感を

感じさせないレスポンスの良いシューズでした。


ところがライバルのターサーがモデルを増やすのに対し、

スカイセンサーは柔らかい、幅広、厚底化と牙が抜かれていきました。


12年前、そんなスカイセンサーを甦らそうと作られたシューズが

このジェネレーションでした。

ジェネレーション





心














さしずめスカイセンサーの

ライトレーサー版といえる

シンプルなランニングシューズです。


靴底の「心」にアシックスの

想いを感じさせます。

スカイセンサーの復活を

期待したいですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】
◇ 10月 9日(祝)・・・大阪
◇ 10月 28日(土)・・・名古屋
◇ 11月 25日(土)・・・東京
◇ 12月 2日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 10月 9日(祝)・・・大阪(追加募集)
◇ 10月 28日(土)・・・名古屋
◇ 11月 25日(土)・・・東京
◇ 12月 2日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中

http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!

http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

人気の長寿シリーズのランニングシューズは色々ありますね。


ミズノのウェーブライダー、クリェーション。

アシックスのGTやターサー、スカイセンサーなどが挙げられます。


アシックスのフラッグシップモデル【ゲルカヤノ】も20年続いている

人気モデルです。


ただゲルカヤノ、実はレース用モデルなんです。(写真はゲルカヤノ-7)

カヤノ7


















元々はニューヨークシティマラソンGTに対して同じく欧米人向けに

カーブラスト(レース用の足型)のフラッグシップモデルとして発売されました。

そのため初期モデルには靴底に硬質ウレタン(デュオソール)を装備していました。


ところが日本では厚底のトップモデルとして販売されています。

レースで走るのでしたら全く問題ありませんが、アップなどスロージョグ

には正直、効果少ないのでお勧めはできません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】
◇ 10月 9日(祝)・・・大阪
◇ 10月 28日(土)・・・名古屋
◇ 11月 25日(土)・・・東京
◇ 12月 2日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 10月 9日(祝)・・・大阪(追加募集)
◇ 10月 28日(土)・・・名古屋
◇ 11月 25日(土)・・・東京
◇ 12月 2日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中

http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!

http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

不評だったGT-2000NYですが、ミズノのウェーブライダーの

ミッドソールが柔らかくなってしまたことで、安定したミッドソールを持つ

GT-2000NY-5の人気が上がっているようです。


そこでデビューから数か月経った今、このシューズを再考してみました。


プリント生地でホールドの甘さが残るアシックスラインですが、

  本来の位置に戻ったことは光明が見えてきました。


強度は増したとはいえ外付けのヒールカウンターは往年のモデル

  と比較するとやはり甘いです。


唯一、良かったのはアンクルパットの新素材とシームレス加工です。

IMG_0201





















単純に好きです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】
◇ 7月16日(日)・・・広島
◇ 7月17日(祝)・・・福岡
◇ 8月11日(祝)・・・横浜
◇ 8月12日(土)・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【プロ向け!足圧データを読む方法

◇ 7月17日(祝)・・・福岡
◇ 8月12日(土)・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/55597052.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55559036.html

◆【履き方・履かせ方講習会】

◇ 7月15日(土)・・・神戸

http://jog.livedoor.biz/archives/55622395.html


◆【上半身を目覚めさせる!ラン向けポールウォーキング講習】

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55606959.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 7月 2日(日)・・・名古屋
◇ 7月15日(土)・・・神戸
◇ 7月16日(日)・・・広島
◇ 8月11日(祝)・・・横浜

http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中

http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!

http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

↑このページのトップヘ