プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人以上のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 目からウロコがポロポロ!シューズ選びの達人!!

シューズマスター野村です。


またまた睡眠不足です。w

今週終了した【ランニングシューズセミナー完結編】で

靴底診断をさせていただいているのですが、

何と! 3桁を超えてます!


靴底の写真に食傷気味ですが、頑張って診断させていただきますので、

今しばらくお待ちくださいませ。


さて「ランニングシューズの声?を聞く その2」は靴底ではなく

アッパーになります。


さて小指や親指部分が破れる方がいらっします。
IMG_1736





















単純に素材の問題もありますが、原因は他にもあります。

例えば、

.轡紂璽坤汽ぅ困大きい・・・サイズの見直し
足甲が高い・・・スリムタイプに変えてみる
9の強い緊張で外側(内側)へ足が倒れる・・・シューズフィッティング
れが小さい・・・アーチパットなどで手を入れる
ッ翅アーチ落ち・・・シューズフィッティング

などすぐにできる事ばかりです。


シューズマスター野村です。

新品のランニングシューズを履くと新鮮な

違和感と安心感があります。


これも非日常の感覚かもしれません。


逆に一般の履き物は正負に限らずできるだけ違和感

を感じさせないようアバウトに造られています。


ランニングシューズも履き続けるとだんだん足に馴染んでくる

感覚がありますが、これは機能の低下と比例しています。


例えば、なシステムGT-2000NY6 インソールなし





















・アッパーが伸びて皺ができます。
・履き口が変形、しかも左右違います。
・踵が擦れて穴が空きます。
・左右の内側が干渉して解れてきます。

本来はこんなシューズに違和感を感じるべきなんですが、

人間の性は「馴染んできた」と都合の良い解釈をしてしまいます。

そんな新鮮な違和感を感じ続ける方法です。

明日までの特別価格です。

http://jog.livedoor.biz/archives/55734298.html

シューズマスター野村です。

足元を固めた経験はありますか?


先日の「野村の生フッティングセミナー」で面白い事に気が付きました。

参加者の内、ジャストフィットのシューズを履いている方は

全員(3名様ですが)スキー経験者でした。


私自身も経験者ですので良く判りますが、

単純に「緩いシューズは怖い」です。


ジャストフィットには違和感はありません。

それが普通なんです。


逆に足元を固めた経験のない方は頭の中で

「きっと小さい」
「マメができる」
「黒爪になる」
「足がむくむから」

などなかなか固定観念からぬけれますせん。


大きいサイズのランニングシューズを履いて故障やケガ

が治った方はいません。

むしろ酷くなっている方が多いはずです。


例えばクロックスを履いている貴方!

思い当たる節はありませんか?


脱出方法は簡単です。

→http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

シューズマスター野村です。

今日は
「野村の生フィッティングセミナー」でした。

ほとんどの方が故障で昨シーズンは
思うように走れなかったそうです。

百聞は一見にしかず。

まずはシューズフィッティングで
ジャストフィットを体験して
いただきました。

さて故障やケガに至る原因は
千差万別人それぞれです。

但し故障を予防、阻止する方法
は基本同じです。

まずは身体の余計な重り(緊張)を
取ってあげる事です。

それにより身体の動き(可動域)
を良くして運動効率を上げます。

次に多用している筋肉ではなく
眠っている筋肉を目覚めさせます。

例えば腹筋や内転筋がそうです。

最後は手薄になっている上半身
の筋力アップで下半身とのバランス
を整えます。

簡単に書いてますが結構奥が深いのです(www)

【ランニングシューズセミナー】DVD 7月10日で販売終了です。
【5分で効果!ランナー向け体幹トレーニングと筋トレの方法】DVD
【自分で履く!正しいランニングシューズの履き方】DVD

の3本セットです。
→http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

シューズマスター野村です。

読者の方からこんなご質問をいただきました。



「野村さんのブログを読んでいて非日常の筋肉を

使うことで使える筋肉に変えていくとありました。

何となく判ったような判らないような感じです。」

(後略)


よく耳にする「日常と非日常」ですが、

具体的に考えてみると良く判りませんね。

そこで日常と非日常の線引きをしてみます。



スポーツ全般は非日常なんですが、

ざっくりし過ぎているので、もう少し

細かく考えてみます。


例えば、


通勤時、駅まで歩くのは日常ですね。

早足の方や歩幅が狭い方、左右の

足音が違う方など面白い程、個性満載です。


ただし無意識に歩きやすい速度と歩き方になっています。

これが日常です。



ではこの歩きを非日常にするには?

考えてみてください。



多分「速く歩く」と考えた方が多いと思いますが、

ちょっと違います。


早足で歩くにはより足の外側広筋を使います。

この筋肉は強くて使いやすい筋肉です。

ですから「脳」にはストレスはありません。


更にその筋肉を使う為に外側へ回旋、

つまり振りかぶりが大きくなります。

当然ですが、バランスが崩れ易くなりますが、

スピードを上げる事で誤魔化しができます。


つまり脳の中では早足で歩く方が「楽」なんです。

非日常の歩き方はこの逆を考えれば良いんです。



そうです実はゆっくり歩く事が、

非日常」になります。


いつも歩く速度よりわざとゆっくり歩くと

脳は「うっとしい」というストレスを感じます。


「鬱陶」原因は使いにくい筋肉を使わなければ

ならないからです。


つまり


腰筋  → 腹筋

外側広筋 → 内転筋



など拮抗する反対側の筋肉に刺激が入ります。

いつもお話する脳が嫌がる事が本来の

トレーニングなはずです。


これが「非日常」です。

こんな簡単そうな事でも

やってみると意外と難しいのは「脳」は楽を

目指しているからです。


そんな日常の延長でスポーツをすれば、

故障やケガは避けれれません。


ランニングシューズセミナーも非日常用のシューズ

ですから使い方を誤ると(楽を目指す)同じく

故障の原因になります。



あえて使いにくい筋肉を使うには

その効果を理解していないと中々できません。


その「脳」に使いにくい筋肉を無意識に使える方法

をDVDにまとめました。

【ランニングシューズセミナー】は7月10日で販売終了
【5分で効果!体幹トレーニングとラン用筋トレの方法】
【自分で履く!正しいランニングシューズの履き方】

の3本セット、脳(自分)と闘う方法です。

詳細・お申込み→こちらから

http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 6月29日(土)・・・名古屋
http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html


◆【貴方にご指名が入る!カリスマスタッフになるプロ向けセミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!7月10日で販売終了
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

↑このページのトップヘ