プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人以上のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 目からウロコがポロポロ!シューズ選びの達人!!

シューズマスター野村です。


前回の【ランニングシューズ評価】GT-2000N-8について

お問合せが多かったので少し捕捉します。


もとよりトレーニングシューズの基本はモーションコントロールです。

簡単に言えば足の動きを制御することで

バランス維持をさせることです。


その意味では今年のGTはほぼ復活したのですが、

アッパーの補強、特に前足部の補強がほとんど

ないので、最後の最後、蹴り出しの瞬間はコントロール性

がないので少々不安定になってしまいます。
5287CCCF-6393-40EC-89E4-87B8DFCB2900





















ただこのデメリットをメリットにすることはできます。

それはレース用に使う方法です。


いつもお話するようにハーフまではお好きなシューズで

トライしていただいて問題ないのですが、さすがにフルは

そういう訳にはいきません。


特に後半ペースが落ちる方はできるだけシューズの恩恵

具体的には衝撃吸収性や安定性とそれを支えるサポート性

になります。

話を戻します。


GT-2000NY-8 は前足部が良い意味でフリーですから

小指や親指にまめができる方にはちょうど良いクリアランス

になります。


シューズの小指・親指部分に穴があく方はお試しください。

シューズマスター野村です。

アシックスのグライドライドについて
フルマラソンで使えるか?

ご質問をいただきました。

先日の記事をみて同じようなご質問を
いただきましたので、ご紹介させていただきます。

<ここから>
asicsグライドライドに関して質問です。

先日、金沢マラソンのエキスポに出展されており、
その際もGT2000に近い位置付け、との説明を受けました。

<中略>

フルマラソン4時間15分位の走力の私が、
本番とはいえグライドライドを履く、
というのは無謀なのでしょうか?

<ここまで>

先日のブログで説明したように
【グライドライド】は基本欧米人向けのレース用モデルです。

硬いアウトソールと厚いミッドソールの
組合せで発生する反発力を利用して
推進力に生かします。

アップテンポのリズムが上手くハマれば
それこそ疲れずに長い距離が走れます。

但しそのポイントからズレてしまうと効果であるはずの
反力が逆効果になる恐れがあります。

いつもお話するようにハーフまででしたら問題
はありませんが、フルの場合は走ってみないと
わからないのが正直な所です。

敢えて30km走で一度試してみるのも
良いかもしれません。

単に薄底のシューズでしたらダイレクトに負担を
感じるれますが、反力目的のミッドソールが
なまじ厚底になっている為、衝撃吸収的な
効果もあり、その効果や負担はかなり個人差が
あると考えます。

ただその事も承知でトライされるのも
一つの選択です。

以上が回答です。

正直、超超非日常のフルマラソンのしかも
数時間のレースで履くシューズですから、
ある意味ストレスのない走りやすいシューズでいいと思います。

但し大前提にトレーニングはガチンコのシューズ
を履いている事が条件です。

走りやすいシューズはダメです。

シューズマスター野村です。

業界では相変わらずナイキのズームシリーズが

一人勝ちです。


ただご注意ください。


このシューズは限られた条件で、その効果を

発揮します。

ある意味特殊なシューズになります。


簡単に言うと「衝撃吸収」と「反発」

という相反する機能を有しています。


もう少し解りやすく説明しますね。


今までは、シューズはソールを厚くすることで、

衝撃吸収力をアップさせていました。


アップやジョグには最適ですが、スピード

を上げるにはレスポンスが悪くロスが

大きくなります。


一方、スピードタイプのシューズはレスポンスを

よくする為に薄底のシューズになります。

ソールの素材も硬めになります。


この2種類のシューズの違いは目で見てすぐに

わかりますが、ナイキのシューズはわかりません。

硬い厚底のシューズだからです。


ある特定のペースで走れば効果は期待できますが、

反面、スピードが落ちた時は足元に大きな負担がかかります。

効果が無いばかりか故障の原因になってしまいます。

毒にも薬にもなる訳です。


昨今、毒にも薬にもならないシューズが多い中

面白いシューズを作ってきました。

さすがナイキです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【故障の予防と対策!シューズフィット実践セミナー】

◇ 12月 7日(土)・・・横浜会場

http://jog.livedoor.biz/archives/55793200.html

◆【プロ向け3種選択セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55714303.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 12月 7日(土)・・・横浜会場
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html


◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。


ランニングシューズは地面と身体を繋ぐ道具です。

身体の状態によっては、色々な声が出てきます。


例えば、靴底の減りに「差」が出てきます。

例えば、インソールのスレに「差」が出てきます。

例えば、履き口に「左右差」が出てきます。


昨日の大阪セミナーに参加していただいたT様の場合は、

アッパーのつま先部に破れがありました。

しかも右足だけです。

D47F5059-4E25-4FF3-BE4A-FC499FF2E9B1



























写真では判りにくいのですが、必ず右足だけに出るそうです。

考えられる原因は沢山あります。

〕き足だけにあおりが大きく、その分右拇指に反動が集中する。
右腰の開き
上爪
れのホールドは甘い

など思いつきます。

これらは直接的な原因なんですが、もう少し深層を探ります。

例えば

〕き足だけにあおりが大きく、その分右拇指に反動が集中する。

のは逆に考えると左足が使えていないことが起因しています。

そうです、故障やケガの原因も同じで痛みのある個所よりも

その逆に答えが隠れています。


セミナーではそんな話をさせていただいています。

【故障の予防と対策!シューズフィット実践セミナー】

http://jog.livedoor.biz/archives/55793200.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【故障の予防と対策!シューズフィット実践セミナー】

◇ 未定

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 12月 7日(土)・・・横浜会場

http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html

◆【プロ向け3種選択セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55714303.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 12月 7日(土)・・・横浜会場
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html


◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

いつもお話するのですが、

靴底の減り方はあなたの個性です。


ですから基本、良い減り方や悪い

減り方はありません。


また左右の減り方の違いはそれぞれの

脚の役割が違うためです。


とは言っても極端な【差】は故障やケガの予兆です。


写真の靴底のように前後,左右,上下,内外を比べて

【差】のチェックをしてみてください。
49D1EF22-0206-4D49-BC4C-721E69E12939





















例えば踵の減り方に比べて前足部の

減りが大きいのは単純に腰の緊張が

強いからです。



ては何故、

腰に負担がかかっているのか?

どうすれば解消するのか?

故障との因果関係は?


セミナーでは診断→原因→対策まで

お話しさせていただきます。


故障やケガは痛いところが問題ではなく、

むしろ何故そこに負担がかかったのか?

か問題なんです。



そこが分からないといつまでも肩凝り

解消するのにサロンパスを貼って

終わりになってしまいます。

【故障の予防と対策!シューズフィット実践セミナー】

http://jog.livedoor.biz/archives/55793200.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【故障の予防と対策!シューズフィット実践セミナー】

◇ 10月5日(土)・・・東京

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html

◆【プロ向け3種選択セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55714303.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html


◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

↑このページのトップヘ