プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 目からウロコがポロポロ!シューズ選びの達人!!

シューズマスター野村です。

先日の記事についてご質問がありました。

<ここから>

こんにちは。
先日東京のセミナーを受講したHと申します。
いつもブログを楽しみに拝見しております。

今回のブログの内容で質問があります。


>ランニング用としての機能は走る場合は「薬」になりますが、
>普段履きにすると「毒」になってしまいます。 
  

とありましたが、具体的にどう「毒」になるか教えていただけますでしょうか。
ランニング用でフィッティングした靴はたしかに普段履きとして
履く気はおきませんが、GT2000のようながっしりとしたシューズは
安定するし悪いように思えません。

お手数ですがよろしくお願いいたします。

<ここまで>

少し説明不足でしたね。(汗)

なぜランニングシューズを普段履きにお勧めできないのか?

改めて説明させていただきます。

まずはこのシューズを見てください。
3


















目につくのは踵(かかと)です。

ランニング時の衝撃は体重の3倍かかるといわれています。

そのため各メーカーは踵の衝撃吸収材や反発材の機能を入れます。

普段履きには必要のない機能です。


次に踵部のボリュームでヒール部が高くなります。

つまり重心位置が前方向に少し倒れています。

また前足部にはスリットを入れて前へ前へ走りやすくなっています。



ランニングという非日常の条件下では問題ないのですが、

普段は普通で本来の中心軸があるはずです。


ですからランニングシューズを普段履きにしてしまうと、

その中心軸からずれたところを脳が真ん中とイメージしてしまいます。

素足で立った時とランニングシューズを履いた時の重心位置を

比較してみてください。


いかがですか?


前かがみ、猫背、反り返りなどどちらかに振ると使いやすい腰筋で

バランスを維持しやすくなり、逆に腹筋には刺激がはいりません。


いつも言っているように「〜し易い」は結局同じ筋肉ばかり

に負担を与えてしまいます。


敢えて日常と非日常を履き分けることで、使う筋肉のメリハリを

つけることが重要だと考えます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

このブログではランニングシューズの選び方をテーマに

書いています。


ではランナーの普段履きは?

どんなシューズを履けば良いのでしょう。


少々、大きいテーマなのでパターンに分けてみます。


.咼献優好泪鵑両豺

最近は健康ブームの影響もありウォーキングタイプが増えています。

ただしソールが柔らかいシューズはお勧めできません。

特に踵が軟弱なシューズは腰への負担が大きくなります。

また幅広シューズもダメです。

あっ!シューズを履くときはランニングシューズと基本同じです。

踵をトントンして都度ヒモを締めてください。


⊇性の場合

ハイヒールが欠かせない方は、職場か通勤時のどちらかで

できるだけフラットなシューズを履き替えて変化を感じる事

がポイントです。


カジュアルシューズ

できるだけヒモのタイプを選んでください。

スリップオンタイプは踵がスカスカになりやすく

引きずって歩くためお勧めできません。

           
い子様の場合

日本の子供達は成長期の大事な時に、通学・校内で学校指定

の粗悪なシューズを履かされ続けています。

本当は骨格形成が安定するまではハイカットのブーツが良いのですが、

まずはヒモ靴を毎回締める癖をつける事をお勧めします。

あっ!夏場は鼻緒のあるビーチサンダルもお勧めです。


さてそれぞれに共通しているのは、ヒモ靴で固目のシューズという

ことになります。


「めんどくさい」「朝は忙しい」と理由をつけておろそかに

なっていませんか?


ランニングシューズでその効果を体験している貴方ならできます。

間違ってもクロックスにならないように。 


最後にもう一つ!

古くなったランニングシューズを普段履きにされている方は

多いと思いますが、お勧めできません。


ランニング用としての機能は走る場合は「薬」になりますが、

普段履きにすると「毒」になってしまいます。         

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

この時期、シューズについてのお問合せが激増します。
(回答が遅れている方申し訳ございません)


一番困るのは「お勧めのシューズを教えてください」

というご質問です。


正直に言うと、

「お勧めのシューズ(トレーニングシューズ)はありません」

特に日本人に合うシューズがありません。


ナイキのフリーブームやアディダスのブーストなど

柔らかいシューズの流れは日本のメーカーまで影響を与えました。


では何故「柔らかいシューズ」が日本人に向かないか?


そもそも日本人は世界的にも稀な体形(骨格形状)なんですね。
セミナーでは詳しくお話ししています)

具体的に言うと走法に違いが出ます。

ストライド走法の欧米人に対して一般に日本人はピッチ走法です。


その特徴が出た例として、

)無(銅メダル)リオ(銀メダル)の男子400mリレー
長野五輪で清水宏保が男子500mスケートで金メダル
W杯で小平 奈緒が女子500mで連勝中

これらに共通しているのは【コーナー】です。

正にピッチ走法の効果が現れた結果です。


さて話を戻します。

ピッチ走法の場合、着地時間が短い分レスポンスが求められます。

柔らかいシューズだとこのレスポンスが一気に落ちてしまいます。


アシックスのマラソンソーティが何十年も変わらない

硬めの薄いウレタンソールなのはこのレスポンスを維持するためなんですね。


因みにストライド走法の欧米人はソーティの薄底では

衝撃が大きく脚への負担が多くなるので一般には履きません。

ソーティが海外で販売されていないのもうなずけます。


これはトレーニングシューズの場合も同じです。

着地した瞬間、脳は着地をイメージします。

ところが柔らかいシューズだと更にミッドソールが沈み込んでしまい、

脳が「えっ?」と違和感を感じ、バランスを維持しようとして

腰に力が入ってしまいます。

腰痛の原因です。

またバランスを取るために足指で踏ん張ってしまいます。

これは黒爪の原因になります。

ベストなシューズはありませんが、よりベターな硬いシューズを

目安にシューズを選んでください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

当たり前ですが、ランニングシューズには
サイズがあります。

男性でしたら24.5cmが最小になります。

では23cmの男性ランナーの場合、どうすれば良いのでしょう?
答えは至極簡単です。

「レディスモデル」を選んでください。

私のセミナーに参加されたほぼ1割強の男性ランナーさん

はレディスモデルを履かれていますが何の問題もありません。

レディス






























ところがメーカー直営店ではレディスモデルは
女性用だという事でメンズの24.5cmを勧めます。

読者のWさんからメールをいただきました。
------------------------------
元々足のサイズが小さく昔からシューズ選びは
苦労しましたが、野村さんのメルマガを見て
A社の直営店でレディスモデルの23cmを
買いに行きました。

ところが対応してくれた店員さんはレディスモデルは
女性用という理由で出してくれませんでした。

結局、自宅近くの量販店で23.5cmのスリムを
購入しました。

ワンサイズ大き目ですが、まさかレディスの
スリムが履けるとは驚きです。
------------------------------

女性用モデルと言っても足型が細めになって
いるくらいで素材や機能はメンズモデルと同じです。


男女の区別に囚われる意味がわかりません。
むしろ1.5cmも大きいシューズを履く方が問題です。


現在、国内では26cmぐらいまでレディスモデルが
買えますのでメンズサイズ25.5cm周辺サイズの方
には足入れをオススメします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

読者の方からこんなメールをいただきました。

「これから走りたいのですが、
そんな私でもセミナーに参加できますか?」


ランニングシューズセミナーには色々な方が
参加されています。

すでに走られている方はもちろんですが、
これから走り始める方、販売スタッフさん、
健康ウォーカー、コーチ、ヨガ講師、整体師さんなど
色々な方が参加されています。


面白いところでは有名神宮の警備員さんが
参加されたこともあります。

立ち仕事と玉砂利の上を歩く事で足が悲鳴を上げ、
何とかしたいと参加されました。


さて、
今までスポーツをやったことが無い!という方は
意外と多いのですが、実はこのタイプの方が
一番ランニングにのめり込みます。(笑)

「初めて1km走れた!」
「5kmも走れるなんて!」
「目標の10kmが3カ月で走れた!」
「初めは不安でしたがレースがこんなに楽しいなんて」
「まさかフルマラソンを走るなんて一年前には考えられませんでした」

驚きと感動の連続です。

この驚きと感動があるから「のめり込んで」しまいます。

一方、学生時代にスポーツを経験された方は、
「あんなしんどい事はイヤ」と最初からやらないか、
始めてもついつい頑張ってしまいます。

体が悲鳴を上げ、少しでも「楽」に走りたい!
とシューズサイズを大きくしたり、軽いシューズを
選び、益々悲鳴を上げてしまいます。

結果、続きません。


非日常のスポーツを継続させるには、
ランニングシューズは重要です。

◯昔は26cmを履いていたのに今は27cmを履いている。
◯幅広シューズを履いている。
◯価格、デザイン、色でシューズを選んでしまう。
◯マメや小指が当たる。
◯足の実測サイズ(足長、足囲)を知らない。
◯靴紐は毎回締め直していない。
◯10kmを過ぎると膝が痛い。
◯翌日に疲れが残る。
◯月間走行距離を目標にしている。


2つ以上該当する方は要注意です。

現状を変えるのは大変です。
その習慣を変えるには理屈だけでは中々できません。
シューズフィッテングで体験してみてください。
⇒http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

あっ!前述の警備員さんですが、シューズの見直しと履き方で
無事解決しました。今では他の警備員さんにも勧めいるそうですが、
中々、聴いてくれないそうです。(笑)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 3月 21日(祝)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 3月 24日(土)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

↑このページのトップヘ