プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 目からウロコがポロポロ!シューズ選びの達人!!

いつもメールをいただくKさんからウルトラマラソン用のシューズについてお問い合わせをいただきました。


ここから↓です。


先日メルマガでも少し書きましたが、基本はフルと同じでOKです。

ウルトラ用のシューズは「むくみ対策」として幅広に作っていますがナンセンスです。

ただどうしてもペースが遅くなると「すり足」
になりますので対策としてフラットソールはウルトラ向きといえます。


中足ホールドは必ず必要ですがフォアフット(前足部)はサロマのように
フリーでも問題ありません。
中にはサンダルのように切り取ってしまう強者もいます。


2日以上走ったりシューズを脱がない限り「むくみ」は心配する必要ありません。


我々はウルトラ自体をウォーキングの延長と考えています。
その方が距離の違いも含めてシューズを認識しやすいからです。


五目御飯の具の多さよりも基本となるご飯の銘柄を大事にしてください。


ポイントを書きます。(優先順位)


々鼎
▲好肇譟璽肇薀好函母→爪先が真直の足型)
フラットソール
ち安部の余裕(ただし中足部と踵のホールドは必要)
ツ無だ(シュータンの薄いシューズ)


あえて書きましたが2日以上走るレースでなければフルと同じで全く問題ありません。


日本人がシューズを選ぶ行動のひとつに指をカカトに入れている人を良く見ます。

よく「指2本分の余裕」などと雑誌に書いてありますが、「悪しき慣習」です。

ヒールカウンター(踵の補強)は踵骨の形状に合わせてR(丸味)を付けてありますからその分と合わせるととんでもない大きさの靴を履く事になってしまいます。

すでに「正しいシューズの履き方」を実践している方でしたら、そんな選び方はしてませんよね。

踵が合っていなければ全てが狂ってきます。

先日、正しいランニングシューズのサイズについて書きました。

滋賀のイルカさんからこんなメールをいただきました。


ここから↓



野村様 いつもブログ楽しく拝見させていただいております。

お蔭様で以前よりさらにGT-2100フェチになりました。(-_-;)

今回安価のだったので冒険してレディースの25.5cmをヤフオクでゲットしてみました。
履いてみたらホールド感がすごく良い感じです。

メンズ物はどうも足の甲がゆるく感じていたので、これだ!と
思いました。

現在の在庫・・・

GT-2100 25.0 朝練用、インソール薄いやつに交換
GT-2100 25.5(メンズ)カーボンシート入りマラニック用
GT-2100 25.5(レディース)新品
GT-2110 26.0 普段履き兼練習用、ウエットカーボンシート1mm
厚入り(すみませんパクリました。)
GT-2110 26.0 新品(6月ウルトラ初挑戦用)
GT-2100 26.5 普段履き(フル用引退)

ここまで。


これだけサイズを履きこなされるのもたいしたものですね。

でもイルカさんのすごい所はベストサイズを真剣に探された事です。

フィットさせる事が如何に大事か理解されているからだと思います。

このブログで何回か「シューズサイズ」の説明をしてきましたが、まだまだ「大きめ」のサイズを選んでいるランナーが沢山いらっしゃいます。


「シューズフィット」が如何に大事かは、今まで何回もご紹介してきましたので割愛しますが今日はあなたに是非トライしていただきたい事があります。


「自分の履いているランニングシューズ」のサイズより1cm小さいサイズをお店で履いてみてください。(もちろん正しいシューズの履き方で。)


殆どの方が「あれ? 履けちゃう!」とびっくりされる筈です。


次に今あなたが履いているサイズに変えてみてください。


「でっかいな〜」「何か不安だな〜」と感じると思います。


是非、いつものお店で試してみてください。


こんな簡単なことをしない。できない。で膝が痛い、腰が痛いでは進化しません。


シューズサイズを決め付けないで意識改革してください。


※試した感想をコメントしてください!



編集後記

過ごし易い気候になりましたが、満員電車に乗ると「ムンムン」「ムシムシ」嫌な梅雨もそこまで来ています。最近は男性化粧品も豊富になりましたが、やはり体臭は気になります。

通勤ランナーおすすめ↓です。

パーフェクトデオドラントセットエクストラ【ラムズ・マークス(ドクターデオドラント)】

GT−2100+カーボンシートチューンアップキャンペーンが終了いたしました。とうとうGTの在庫がなくなってしまいました。

全国から沢山のご依頼をいただき本当にありがとうございました。


「カーボンシート」によるチューンアップは継続しています。


ご希望の方は”クリック”してください。


実際に使用された方から沢山の「感想」をいただきました。

「いつもより走り易い。」「脚の内側に疲労を感じた。」「膝が痛くならなかった。」など多くのメールをいただきました。


実は、この感想は決して特別な事ではないんです。いつもこのブログでも書いていますが本来、人間の脚は何千年の進化の元、それらの機能を持っているんです。


しかし非日常のスポーツをする時にはそれなりの過負荷が掛かる為、スポーツシューズを履いてパーフォーマンスをアップさせていく訳ですね。


シューズはそのサポートに過ぎないんです。


ところが残念な事にほとんどのシューズがそのサポートができていません。


走り始めの方が幅広の「ゆるゆる」シューズを履いていたらそのシューズの効果を得るどころか押さえが利かずどんどん足が逃げて行きますね。(一発で膝や腰に負担が出ます。)


また柔らかいシューズも同じ事になります。


特に日本人の場合、臀筋が発達していない為、腰や膝に負担の掛かり易い民族ですからその弊害は倍加します。


メーカーがくだらない「幅広キャンペーン」や「ソフトな足入れ感」「軽いシューズ」などと目先の販売足数だけを意識して本来のランナーに必要なシューズを出さない限りこの「カーボンシート」のチューンアップは絶対に必要な機能だと確信しています。


古代エジプト人が履いていたサンダルには踵のサポートがありました。


踵はありませんでしたが日本人の履いていた下駄は安定していました。


アベベは何故シューズを履かなかったんでしょうか?


「必要なかったからですよね。」


メーカーさんは本気でシューズの本質を考える時期に来ていると思います。

↑このページのトップヘ