プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 目からウロコがポロポロ!シューズ選びの達人!!

GT−2100+カーボンシートチューンアップキャンペーンが終了いたしました。とうとうGTの在庫がなくなってしまいました。

全国から沢山のご依頼をいただき本当にありがとうございました。


「カーボンシート」によるチューンアップは継続しています。


ご希望の方は”クリック”してください。


実際に使用された方から沢山の「感想」をいただきました。

「いつもより走り易い。」「脚の内側に疲労を感じた。」「膝が痛くならなかった。」など多くのメールをいただきました。


実は、この感想は決して特別な事ではないんです。いつもこのブログでも書いていますが本来、人間の脚は何千年の進化の元、それらの機能を持っているんです。


しかし非日常のスポーツをする時にはそれなりの過負荷が掛かる為、スポーツシューズを履いてパーフォーマンスをアップさせていく訳ですね。


シューズはそのサポートに過ぎないんです。


ところが残念な事にほとんどのシューズがそのサポートができていません。


走り始めの方が幅広の「ゆるゆる」シューズを履いていたらそのシューズの効果を得るどころか押さえが利かずどんどん足が逃げて行きますね。(一発で膝や腰に負担が出ます。)


また柔らかいシューズも同じ事になります。


特に日本人の場合、臀筋が発達していない為、腰や膝に負担の掛かり易い民族ですからその弊害は倍加します。


メーカーがくだらない「幅広キャンペーン」や「ソフトな足入れ感」「軽いシューズ」などと目先の販売足数だけを意識して本来のランナーに必要なシューズを出さない限りこの「カーボンシート」のチューンアップは絶対に必要な機能だと確信しています。


古代エジプト人が履いていたサンダルには踵のサポートがありました。


踵はありませんでしたが日本人の履いていた下駄は安定していました。


アベベは何故シューズを履かなかったんでしょうか?


「必要なかったからですよね。」


メーカーさんは本気でシューズの本質を考える時期に来ていると思います。

昨日の続編です。

「え?と」

「爪先を指で押さえてシューズを選んでいませんか?」というテーマでしたね。

このブログを読んでいただいている方や「ヒールロックの仕方」を実践している方なら、すぐに理解していただけると思います。

いつも書いていますが、シューズを選ぶ時は「踵と幅」を合わせてフィットしているか!

この2点で選びます。

ですから極端に幅広の人ですと、幅が合わなければサイズアップしていきます。しかし爪先の余裕が大きくなってしまいます。当然、屈曲ポイントがずれてしまいます。

逆に幅が細い方の場合、サイズダウンをしていきます。すると爪先が当たってしまいます。

どちらの場合も「そのシューズ自体がNGです。」

しかし長さだけで選んでしまうとどんなシューズでも取り合えず履けてしまいます。

爪先の余裕は最後に確認すればいいです。

SEOを意識して少々ベタなタイトルを書きましたが、内容は濃いですよ。


さてショップで試し履きする時、必ず爪先を指で押さえませんか?


「気持ちは判ります」


「指先に余裕が無いと爪が当たる。」ですよね。


実は、あなたが「サイズシンドローム」に陥る原因は正にこの行動なんです。




すみません。


急な来客なんで続きは明日です。m(_'_)m

先程、霞ヶ浦マラソンから帰ってきました。(疲れました〜)

思ったより雨の影響もなく参加者の皆さん良かったですね。


フルのレースでは参加者も多く、多くのランナーのシューズを見てきましたが、まだまだ「長靴」みたいな大きいシューズを履いている方が多いのにびっくりしました。


「事件は現場で起きています!」


日本○○○○の○○さん見ていますか?


あなたはむちゃくちゃ「もったいない」走りだった事を理解していただいたと思います。
(だからGT−2100を買ったんですものね。)


初めて「ヒールロック」をして走った○○さん。


「自分の足で地面を蹴っていることを初めて体験できました。」と感想をいただきました。


○○さん!肩こりと腰の張りは、レース用のシューズでジョグをしている事が原因なんですね。


今後もできるだけ現場へ行きます!


P.S:すみません!明日メールの回答させていただきます。お問い合わせいただいている皆さん、少しお待ち下さい!

いよいよ来週23(日)〜24(月)はボディバランス測定会 in 東京です。

測定会に予約いただいている方以外で「シューズ持ち込みカーボンシートチューン」をご希望の方は下記までメールご連絡下さい。

jog0320@ybb.ne.jp

折り返し、詳細ご連絡させていただきます。

f5dadbbf.JPG以外と知らずに選んでいる方が多いようです。


さて、ターサージャパンと定番ターサー(クラッチ)の違いは一口に言いますとI.G.S機能の有無の違いです。


ご存知のようにジャパンには入っておりません。


ジャパンは3〜4分/kmを想定していますので余計な機能を排除しています。
ですからスピードに乗っている時は、走りやすいシューズです。


一方定番ターサーにはIGSを入れて足の方向性をサポートしています。


ですから3〜5分でも比較的ブレませんから後半どうしてもペースが落ちる方や癖の強い方には向いています。


本当はメーカーがユーザーの使用条件をもう少し理解して説明するといいんですが。


ターサージャパンがF1マシーンとすると定番ターサーはF2の違いとご理解いただければいいと思います。


一番問題なのはF1マシーンが速く走れると勘違いされることです。


条件があえば力を発揮しますが、外れれば逆効果になります。


いつも言いますが諸刃の剣です。

↑このページのトップヘ