プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 目からウロコがポロポロ!シューズ選びの達人!!

3eeda09e.jpg福岡のIさんから嬉しいメールとレースの完走賞を送っていただきました。


Iさんはお勧めしたアシックスGT-2100との相性が悪かったのか、踵に痛みを感じ、対処方法を何回かメールでやりとりをさせていただきました。

普通の方でしたら「これはシューズが悪い。」「合わないから履かない。」とシューズのせいにしてしまいます。例えば、走ってみて小指が当たるのはシューズの責任ではありません。

警告なんです。いい加減なシューズでは警告を発してくれません。

Iさんのすばらしいのはプラス思考でシューズのフィットを工夫され、その機能をレースで見事に発揮されました。


これはIさんが思考錯誤されて掴んだノウハウです。ご自分でコントロールされた事でランニングそのもに幅ができたはずです。

ここからです。

↓ ↓ ↓

> 1/31にGT-2100でアンクルパットが当たって痛いと相談させていただいた
> Iです。
>
> アドバイスの通り、
>  ・踵の部分を内側と外側の両方とも親指で押して柔らかくする
>  ・コルク板をインソールに合わせて切りインソールの下に敷く
> を実行したところ、無事大会で完走することができました!!
> (完走証を添付します。)
>
> 入手したコルク板は、厚さが1mm程度で2枚敷きました。
> すぐに走ってみたかったのですが、風邪を引いて熱をだしてしまい、
> 大会2日前にやっとチューンアップしたシューズで走ることができました。
> 走るのは2週間ぶりだったので、5km程度で・・・と思っていましたが、
> 走ってみると、全然痛みもないうえに、体が軽かったので、8kmほど走りました。

> 今回の風邪は鼻水と咳がひどくて、走っている途中呼吸がつらくなることもあり、

> 本番では15kmまではどうにかなりそうだけど、それ以降はダメかも・・・という
> 感触でした。
>
> そして2/11の本番。
> スタート前は晴れていて、気温も25℃ぐらいまであがりそうで、
> シューズ、風邪に加えて暑さという不安材料が加わりました。
> 完走できれば・・・という気持ちでスタートしました。
>
> 結局、23kmを2時間24分48秒で完走することができました。
> 途中、「いつ足が動かなくなるかわからない」という気持ちでいたので、
> 無理をせず、調子があがってもスピードアップしないでいました。
> 折り返し地点で1時間12分だったので、本当にずっとイーブンペースで
> 走っていたようです。
> 目標タイムは2時間30分でしたし、最後まで沿道の人に笑顔を返すことが
> できたし、スタート前の不安な気持ちを思うと上出来のレースでした。
>
> 10km過ぎに雨が降り出しゴールするまでずっと降っていて、暑さの心配が
> なくなったことと、やはり、何よりGT-2100のおかげだと思いました。
>
> 5年前1度だけハーフマラソンを走っているのですが、タイムは2時間19分14秒
> でした。レース後半、足の裏やつま先が痛かったし、数日間、階段の
> 上り下りがとてもつらかった記憶があります。
> 今回はレース中、目立った足の痛みを感じることがなく、翌日からももに
> 筋肉痛が出ましたが、前回ほどのひどさではありませんでした。
> 前回の方が感覚的に「勢い」があったような気がするのですが、
> 今回距離が2kmほど長く、タイムの差は5分ちょっとですから、今回の方が
> 早く走れたということで・・・なんか、不思議な感じです。
>
> やっぱり、シューズはとても大切なのですね!
> GT-2100を履いて足が痛くなったときには、野村さんのブログを信じすぎたと
> ちょっぴり後悔したのですが、今はレース前に野村さんのブログを読んで
> 良かったと心から思っています。
>
> いつか、フルマラソンにも挑戦したいです。
> (そのためには体重を落とさねば・・・)
> カーボンシートも手に入れて、GT-2100でトレーニング続けます!
> ボディバランス測定会、福岡でも是非開催してください!
>
> 本当にありがとうございました!!





dfafb406.gifいつも濃いメールをいただきますOさんです。



先日、自分の職場で勉強会(テーマは、ウォーキング)を行いました。そこで、みんなに知ってほしいと思い、ヒールロックの仕方を披露しました。(野村さんのモノマネですが…)みんな、関心を持ってみてくれて、実験台になってくれた人も、歩きやすい、靴と足の一体感がいい(ちなみにサイズが大きいことが判明)等、盛況でした。単純なことですが、奥が深いですね。本当は、学校体育でこういうことを教えないといけないのかなと思いました。本当に役に立ちました。感謝、感謝です。ありがとうございます。


是非、皆さんで「正しいシューズの履き方」を広めてください。


本来はシューズメーカーが本気で取り上げないといけない事なんです。でもしません。

なぜなら自分で自分の首を絞めることになってしまうかもしれないからです。

Oさんが言われるように学校体育で教えても良いと思います。
すべてのスポーツに関係しますし、何よりも基本に目を向ける姿勢ができます。

怪我が多くて悩んでいる方、タイムがなかなか出ないと迷っている方!
こんな所に答えがごろごろ転がっています。

サプリメント

すでに500名以上の方に「正しいシューズの履き方」無料レポートをお送りいたしました。


「今までこんな大きなサイズを履いていたのか!」


「たったこれだけで別世界です。」


「ベストがでました。」


沢山の感想をいただきました。


しかし、このレポートの内容は決して斬新な事でもなんでもありません。


直接、締め方をレクチャーした時に「スキー靴や登山靴を履くときと同じですね。」と10人に1人は言われます。


「そうそう」と思った方も多いと思います。


スキーや登山靴を買う時にはそれだけ専門担当の販売員さんがいらっしゃったからですね。
今は知りませんが、昔はヤマハなどは3日間ぐらい販売員を合宿させて正しい技術講習をしていました。(今は昔、ヤマハもスキー産業から撤退してしまいました。)


ところが悲しいかなランニング業界はそのようなフォローは全くありません。

何も知らないバイト君が「大き目の方が楽すョ〜。」ですゎ〜。


そんなバイト君の「このシューズよく売れてるよ。」の情報がメーカーに行きます。


今のメーカーは現場を全く知りません。
(事件は現場で起きてるのに!)


だからあんな「ゆるゆる」「ボテボテ」「クニャクニャ」のシューズを平気で作ってこれるんですね。


走り始めた方なら「有名メーカー」「宣伝に出ているシューズ」だけでイチコロです。


もう信用できません。


あなたがシューズを選択するノウハウを備えないといけません。ご自分の事なんですから。


お送りしました「シューズの正しい履き方」(小学生のレポートみたいです。)さえです。


されど「奥が深いいんです。」


気がついたお父さんは通勤靴に応用しています。

気がついた駅伝選手は帰宅する時が練習だと「にんまり」しています。

気がついたお母さんは「お買い物の時」だけランニングシューズを履いています。

今、気がついた方遅くはありません。

明日からですね。


練習に目的を持つと言う事は以外とこんな事かもしれません。

楽天カード入会でもれなく2000ptプレゼント

昨日の記事にコメントをいただきました。


内容とは違うご質問ですが、皆さん陥りやすい事なので回答を紹介させていただきます。


ここから

アシックスのGT-2100を履いていますが、50キロくらい走った頃から、左足の親指の付け根(足の出っ張っている所)の骨が靴に当たって痛くなりだし、続いて、その骨の下側の地面に踏みつける部分も痛み出しました。靴の型崩れ?か何か判りませんが、靴の気になる部分を中心に、新聞紙きつめに入れて型を大きくしてみているところですが・・・、アドバイスがあれば宜しくお願い致します。

ここまで



なぜこのご質問を紹介したかと言いますと、いまままで私のブログを読んでいただいている方や「シューズの履き方」を見られた方なら判ると思いますが、結構陥りやすい問題なので敢えて紹介させていただきました。


指が当たるからその部分を広げたり、ヒモを緩めても解決にはなりません。逆に広くなった方へ更に逃げていきます。


問題の本質は当たる方へ足が逃げていく原因を把握しないといけません。


例えば、いつも言うように「外側の強い・楽な」筋肉に頼ろうとする為に捻ってしまってる。そしてより捻りたいのでシューズを緩く履いてしまっている。それにより中足アーチが落ちて更に当たる。


このような3段論法になります。


質問者の方は「50キロくらい走った頃から....」と書かれているのでウルトラをされている方かもしれませんね。

フルマラソンまででしたら一般論としてお話できるんですが、ウルトラの場合、色々な要素(距離、筋力、体重、経験、モチベーション)が影響してきますから一概に言えないかもしれません。


しかし「疲れ」からネジレが大きくなって、バランスを保とうとして親指にも力が入っているはずです。


まず、何か気になる事があったらシューズと足のフィットを確認してみてください。

【通販限定】ファンケル「サプリはじめてセット」約30日分★980円(税込)

走った後は玄関にそのまま。じゃありませんか?

ランニング後のシューズの中は汗や湿気でストレス満杯です。

一般にランニングシューズは合皮を使用していますので湿気にも強く伸びにくいですが、やっぱり型崩れしてしまいます。


そこで簡単な保管方法をひとつ。



新聞紙をまるめてシューズの中に入れてください。


結構、吸湿力がありますので翌日の練習までに乾きます。
またシューキーパーの役目も果たしてくれますので、型崩れ防止にもなりますよ。
特に学生諸君「大事に履きましょう。」


ついでにもう一つ!

車の中に入れっぱなしにしないで下さい。
ミッドソールやアウトソールのラバーが剥がれてしまいます。
ひどい場合、ミッドソールが収縮してしまい2度と履けなくなってしまいますよ。

奥さんに新しいシューズを買った事をバレルのを恐れて
炎天下で放置して泣いた方が沢山いらっしゃいます。



基本のサプリはじめよう★FANCL「サプリはじめてセット」980円(税込)

↑このページのトップヘ