プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 往年の名機シリーズ!

シューズマスター野村です。


15年ぶりに懐かしいランナーと再会しました。

当時、浜松から月1回のペースで来店してくれたAさんです。

開口一番にシューズフィッテングを要請されました(笑)



当時のお店を懐かしんでくれましたので過去記事から

記事を見つけて再アップすることを約束して再会を誓いました。

----------------------------------------------<ここから>

今は無き【THE iog コジマ】本店です。

亡き叔父が約40年前に立上げた日本初のランニング専門店でした。

僅か12坪の広さに300種以上のランニングシューズを販売しておりました。

在庫は天井に上げ、売り場中央には【島】を設けて壁面積を作った、当時としては斬新なお店でした。


BlogPaint



すぐ隣には【THE sports コジマ】ランニングウェアー専門のお店があり、皆さん行ったり来たり、

中には手弁当で一日中シューズ探しをしていた強者もいらっしました。

(因みにウェアーのお店にはあのF.ショーターが来店してくれてその品ぞろえに

「クレージー!」と驚いていました)


jog2



国内は元より海外選手の来店も多く、名古屋グランパスのストイコビッチ(現監督)が毎週店先に座ってインターナショナルスクールから帰ってくる子供を迎えに来ていました。

jog コジマ_0004


写真はボストンマラソン3連覇のビル・ロジャース氏

BlogPaint


USA代表 リサ・ワィデンバック さん


販売効率を考えると、とんでもないお店かもしれませんが、面白いお店でした。

残念ながら現在は中京大学の校舎になっています。


----------------------------------------------<ここまで>

この時代、お客様の滞留時間は平均30分、中には2〜3時間の方は

普通にいました。ですからお店はいつも満員御礼で、結果おひとりの接客では

なく複数の方に向けた接客もしていました。


つまりおひとりに接客をしているのですが、声や視線はほかの

お客様にも同時にすることで、「次は私・・」と連続にお声が掛かります。

皆さんちゃんと聞き耳をたてられているんですね。



ネットの進化は買い物のスタイルを大きく変えてしまいました。

ネットを上手く取り込もうとした所もその波に飲み込まれています。


逆にFace to Face の専門店だからこそできる【靴底診断】や

【シューズフィッテング】がわざわざお越しいただける価値になるはずです。



【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

でそのノウハウを伝授させていただきます。

あっ!アフターフォローとして「靴底診断ワークショップ」に

ご招待させていただいてます。


◇ 5月6日(土)・・・大阪で開催します。

http://jog.livedoor.biz/archives/55559036.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 5月28日(日)・・・京都
◇ 5月29日(月)・・・京都
◇ 6月10日(土)・・・東京
◇ 6月11日(日)・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【プロ向け!足圧データを読む方法

◇ 6月11日(日)・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/55597052.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55559036.html

◆【駆け込み寺コンサル】

◇ 未定

http://jog.livedoor.biz/archives/55140730.html


◆【上半身を目覚めさせる!ラン向けポールウォーキング講習】

◇ 5月28日(日)・・・京都

http://jog.livedoor.biz/archives/55606959.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 5月 6日(土)・・・大阪
◇ 5月29日(月)・・・京都
◇ 6月10日(土)・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中

http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!

http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

下駄箱を整理していたら懐かしいシューズが出てきました。

今ではカジュアルスニーカーの定番

【adidas カントリー】です。(Mide in USAです。)


contry-1


名前の由来はクロスカントリーからだったと思います。

アッパーにスムースレーザーを使用して、爪先にも補強を入れています。

ロールアップした独特なヒールは当時としては斬新でした。

contry-2


30年以上経ってますが、フォルムが崩れていません。

先週の東京測定会で持参していただいたNB M587Jです。

M587J-2


【ランニングシューズセミナー】DVDでモーションコントロールのご説明をさせていただいてますが、アシックスのGTでは少々役不足です。

見事なストレートラスト・ミッドソール内外のサポートなど・・・・


M587J-1


やはり、このシューズを履かれた方は皆さん「他のシューズでは頼りなくて・・」とコメントされます。

但しアッパーが少々ルーズな為、Dワイズも日本で展開して欲しいですね。

カジュアル履きの復刻品NB M576です。

もちろん往年の名機と銘を打ったのには理由があります。


ハトメ■まずはハトメです。シューレースホールの位置を見て下さい。ずれています。足甲の形状 をベースに均一に締められるように考えられています。一番はNマークの下地になっているあて革(サドル)ですね。これでしっかりと中足ホールドをしてくれます。アディダスの3本線やアシックスラインようなデザインであればホールドが取り易いのですが、ナイキやNBはそれが出来ません。しかし本当にしっかりホールドを取るのでしたら泥臭いですが、このパターンが一番です。


爪先
■爪先部の補強も蹴り出し時、縦皺にならないようデザインされています。オブリークの日本人には嬉しい補強形状です。



踵
■アウトソールの形状は台形に広がっています。又ヒールカウンターの周りは樹脂の補強版を入れてあります。どちらも踵部の安定性をアップさせる為です。



ミッドソール■ミッドソールの爪先部(灰色部)は硬度を上げて最後の蹴り出し時に左右に逃げないよう工夫されています。内側だけでなく爪先部全体です。これはカーボンチューニングと同じですね。



足底板■インソールをめくると踵から土踏まずの部分まで補強材が入ってます。これもカーボンチューニングと同じです。









アウトソール■アウトソールは一枚岩です。変にスリットを入れたり分割していません。足の動きをサポートする為には連動性が無ければいけません。素材の特性を出すのも同様です。シンプルですが効果はあります。でも素材の貼りつけの手間やカッティングロスが大きくコストアップになってしまいます。


これらの機能はメーカーにとって手間(コスト)がかかります。ですから30年前のランニングシューズは2万円近くしました。


今なら3〜4万円です。


コストダウンは企業努力ですが、機能ダウンでは本末転倒です。


この様なベーシック機能を大事にしているランニングシューズを探してみて下さい。


※「ボディバランス測定会 in 東京」・・・4月3日(土)に決まりました。後日、
                 メルマガにてご案内させていただきますね。

※京都測定会・名古屋測定会は満員御礼で募集終了させていただきました。

19ce41fb.JPG久しぶりに「往年の名機シリーズ」です。

本日ご紹介させていただくのは、サッカニーのAYA(アヤ)です。


約10年程前のシューズですから往年というには新しいかもしれませんね。


あえて紹介させていただいた理由はトライアスリートのトップ選手が愛用していたからです。


一般にレース用といいますとソーティやターサーをイメージしますが、踵がこれだけ厚くでレース用というのには理由があります。


トライアスロンの場合ご存知の様に スイム⇒バイクを終えて最後にランに入ります。


一般のマラソンと違い、疲労が溜まった状態でスタートしますからペースは遅くなります。


当然、「いかにシューズに助けてもらうか!」。


この要望がそのまま形になりました。


さすがサッカニーです。

↑このページのトップヘ