「ボディバランス東京測定会」無事終了しました。


参加者の皆様ご苦労様でした。


測定会参加記録更新中の医大生T君、今回はイデオロギーから進路相談(?)まで話は広がりましたがデーターの現状分析は出来ました。


さて今回の測定会は皆さん、測定データーから現状のイメージを確認していただけたと思います。


例えば、膝痛・腰痛の原因や練習方法の整合性など日頃不安に感じている事がデーターから具体的にご理解いただけたと思います。


これを再度チェックすることで更に成果をだしていきませう。


話は逸れますがフルマラソンを走った直後のカリウム数値は心臓麻痺で死亡する患者と同レベルだそうです。


つまり出てきた数値の問題ではなく、如何に回復するかが問題だそうです。


血液検査のデーターに一喜一憂するのではなく、処置後の回復度を見ないといけないわけですね。


「走靴研」の基本コンセプトです。


その為にはまずはデーターのn数を増やします。