プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: ボディバランス測定

昨日のボディバランス測定会 in 東京も無事終了いたしました。

参加者の皆様ご苦労様でした。

さて今回の測定会で目に付いたのは男性ランナーの外反母趾予備軍です。


踵が小さく足幅が細い事により腱の強い男性でも外反母趾の傾向が見受けられました。


原因はワイズ(シューズの幅)が合っていない為です。


このブログでも何回か書きましたが、簡単に書くと、


幅が合っていないシューズ → 中足アーチ落ち → 開帳足 → 外反母趾


です。


シューズフィッティングにも限界がありBワイズの早期対応をメーカーに望みます。

三村さま

年始の「ボディバランス測定会 in 東京」募集終了いたしました。

沢山のお申込みありがとうございました。


「測定会てどんな事をしてるの?」お問い合わせを頂きました。

具体的には写真のように足圧でバランスをチェックして要因分析→対処方法を質疑応答をしながら掘り下げていきます。

例えば写真のランナーの場合、軸足(左足)に比べて利き足(右足)が外側へ倒れています。(赤色が体重の掛かっている部分)

これは力足である右足の弛緩が強く右足に頼る傾向が強くなっている為ですが、考え方を変えると左足(軸足)の緊張が強いのも一因になっています。

ですから右足のあおりを抑えるよりも軸足の緊張を取ることがポイントになってきます。


要因分析には現在使用されているシューズの靴底もチェックします。靴底の減り方はランナーの癖が見事に出てきます。極端な左右差や前後・内外の減り方に差が有る場合、バランスの崩れ(ロス)が原因になります。

シューズサイズが大きい事もひとつの要因です。

ブログ左カラムの正しいシューズの履き方を練習されてシューズサイズを見直ししてもシューズフィッティングをすると、まだワンサイズ大きい事が判ります。

最後にシューズフィッティングをした状態でラインウォーク等の練習方法を講習させていただきます。

これをマンツーマンでやりますので、たっぷり1時間弱掛かってしまいます。

現在は東京・名古屋をメインに不定期でその他の地区やランニングクラブ・学校を回っております。学校関係・クラブ単位は別途メールにてご連絡下さい。

測定会は主にメルマガ(右カラムからご登録下さい)にて募集させていただいております。

機会がありましたら是非ご参加下さい。



名古屋測定会「ボディバランス測定会 in 名古屋」無事終了いたしました。

参加者の皆様ご苦労様でした。

今回はリピーターの方が多く、以前のデーターと比較が出来ました。

人間にとって1%の変化は激変と言われますが、それ以上の変化も確認出来ました。

総合的にシューズのサイズ見直しとフィッティングの効果は大きいようです。

正しいシューズの履き方は当ブログの左カラムからお申込みいただけますので是非、実践してみて下さい。

福田様


12月の東京測定会に空きが出ましたので追加募集させていただきます。








■東京会場

◇日時:2010年 12月 4日(土)


◇時間枠:

      12:30〜13:15
       13:30〜14:15
       
   (時間枠は各45分間になります。)


場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第8会議室
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

交通アクセス⇒

 http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/access/access_hama.html

費用:測定・講習で¥3,000になります。

◆ご予約は↓こちらから

http://tinyurl.com/36h7b9


※応募者多数の場合は先着順になります。

昨日のボディバランス測定会in東京無事終了いたしました。

参加者の皆様お疲れ様でした。


さて測定前に靴底診断をするのですが、今回は癖が無いのが特徴でした。

極端な「踵の引きずり」や前足中心部の減りも目立ちません。


一時期のような月間走行数百Kmというヘビーランナーではなく生活の一部

としてランニングを楽しんでいる方が増えているようです。


アメリカの市民ランナーに近いイメージです。



↑このページのトップヘ