プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人以上のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: シューズの履き方

【ランニング】は日常ではなく【非日常】です!

と、いつも言っていますが、【非日常】の範囲は皆さんそれぞれです。


例えば歩いたり、階段を上ったりする事は一般には日常かもしれませんが、

故障明けや運動不足の方にとっては【非日常】になります。

【非日常】になることで筋肉を作る働きが増進さますが、日常の範囲ですと

使い易い筋肉で処理をしてしまいます。


【非日常】の効果を出すにはシューズが日常ではダメです。


なんかややこしくなって来ましたが、簡単に言えば、近所に買い物に行く

シューズの履き方やルーズなサイズでは【非日常】になりません。


つまり運動効果が無く、ただ疲れるだけの練習になってしまいます。


このブログで配信している【正しいシューズの履き方】を実践された

ランナーから感想をいただきました。


ここから↓


「正しいシューズの履き方」のファイルを送って頂いてありがとうございました。

早速、お気に入りシューズから普段履きまで試してみました。

ラン用の靴はまだ走りに試していませんが、

履いただけで「フギャッ」と驚きました。

持っている靴の幅が、皆大きかったんです。

一番きつく感じていたゲルカヤノ15レディースサイズでさえ全体的に緩かったです。

普段履きのMBTは、くつ下を分厚くしないとゆるゆるです。

ラン用の靴で、どれも右足親指のつま先が靴にあたって痛いのが不思議だったんですが、

ブログを拝見して、靴の履き方と体のバランスが悪いために

痛かったんだなあと納得しました。

持っている靴の全てのインソールに足を乗せると、

つま先から1.5僂罎箸蠅あるのがほとんどでした。

サイズの数値だけで靴を選んではいけないのがよくわかりました。

ありがとうございました。


ここまで


このランナーも大きいシューズの洗脳から目覚められました。

【非日常】を体感することで日常を認識できます。

簡単に云うとご自身の立ち位置が判ります。

立ち位置が判れば、余計な腰筋緊張から開放されます。


簡単な事が意外と出来ません。

1万円前後もする高価なシューズを無駄にしないで欲しいですね。


【ランニングシューズセミナー】で体験してみてください。

坂本龍馬がブーツなるものを履いて150年が経ちました。

スポーツシューズの歴史はもっと浅く、日本では戦後に一般化しましたが、

ランニングシューズが一般化したのは50年にもなりません。


私が小学生低学年の時には運動会といえば【地下足袋】でした。

それから写真の様な木綿のアッパーにスポンジソールかゴム引きのランニングシューズが現れました。

マラップ17



勿論、履き方なんか見よう見まねで、正しい履き方など誰も知りませんでした。

年々シューズの機能は発達しますが、親から子への文化(ソフト)の伝承はありません。


サイズは大き目、紐は締めっぱなし、踵は踏んづける。

これが当たり前でした。


その為、外反母趾・ハンマートゥなど足への障害や足病が増えたのも当然で、

ある意味、現代病の一つかもしれません。

日常生活ではそれ程、気にはならない事でもスポーツという非日常下では、

大きな負荷になってしまいます。


難しい練習方法よりも、まずはご自身の文化レベル(履き方)から変えて行きませんか?


毎日のようにランニングシューズのサイズについてお問合せをいただきます。


走り初めの方はもちろんですが、ベテランランナー程、大き目のサイズを履いておられます。

そこでシューズサイズ選びのポイントをお話します。


爪先から踵までの実測サイズを測る

ご自身の実測サイズを知らないランナーが多いのには驚かされます。

実測サイズを知らないでシューズサイズは決められません。


実測サイズのシューズサイズを履く

例えば実測が25cmでしたら箱に書いてある25cmのシューズに足入れしてください。

25cmのシューズは実際26cm以上大きく作ってあります。(捨て寸・余り寸と言います)


サイズアップしていく

実測サイズのフィット感が記憶にある内にサイズアップしてみてください。

既に25cmを履いてますから、25.5cmを履いた時に25.5cmのルーズ感が判ります。


シューズ自体はキャパシティがありますので、±1cm程度でしたらシューズ機能を落とさずにフィットさせる事は可能です。

但し2週間も履くとその域を超えてルーズになってしまいます。

ですから最初に余裕を感じるサイズでは、すぐに長靴になってしまいますので注意してください。


スリムタイプからレギュラータイプを履き比べる


私お経験則から、殆どの日本人(99%)はワイドは必要ありません。

スーパーワイドなど考えられません。

これまた実測の足幅(拇指球の付け根から小指球の付け根の円周)と足長が同じでしたらスリムタイプ決定です。

例えばGTのスリムタイプはスリムではありません。ほぼレギュラーです。

スリムという呼称だけで足入れさえした事も無い方!是非、足入れしてみて下さい。


当たり前ですが【正しい履き方】が出来ていないとダメですよ。

当ブログの左カラムから無料で「正しい履き方マニュアルのPDF」をお送りしています。


以上を実践していただければ、足からウロコが落ちるはずです。


いつもお話しているように、シューズフィッティング(履き方)はランニングの基本です。

15年程前にアメリカのポートランドにあるナイキタウンに行った時、

スタッフが前面傾斜した車に乗ってシューズフィッティングをしていました。


BlogPaint



傾斜面に足を乗せて踵を固定した状態でシューズフィッティングをしていきます。

当時、ナイキはオーセンティクなスポーツブランドを前面に掲げていましたので、

さすが直営店だと感心しました。(現在は判りません)


カジュアル履きのスニーカーではなくスポーツギアとしてランニングシューズを履く事の

重要性を消費者に伝えていく事もメーカー、ショップの重要な仕事です。

大晦日です。

皆さんのランニングライフは如何でしたでしょうか?


今年は下関測定会・福岡セミナーや金沢測定会が開催できました。

でも、まだまだ各地からのオファーを頂いております。


測定会での出会いは単に測定データーだけではなくランナーの生の声を聞く事が出来て毎回勉強になります。


来年も全国制覇を目指して頑張ります。


「正しいシューズの履き方」を実践された方からも感走メールをいただきます。


斬新なシューズ機能ではなく「正しいシューズの履き方」という当たり前の事に戻る勇気を持った方が新たな発見をされています。


和・・・足に合ったサイズのシューズを正しく履く

・・・本来のバランスに戻る

乗・・・効率をアップさせ、ロスを無くす事でベストを引き出す。

立ち戻る余裕とトライする勇気を持てば

「薄皮一枚に包まれた別世界」が体験できると考えます。


来年も宜しくお願い申し上げます。


多謝

↑このページのトップヘ