プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人以上のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: シューズの履き方

坂本龍馬がブーツなるものを履いて150年が経ちました。

スポーツシューズの歴史はもっと浅く、日本では戦後に一般化しましたが、

ランニングシューズが一般化したのは50年にもなりません。


私が小学生低学年の時には運動会といえば【地下足袋】でした。

それから写真の様な木綿のアッパーにスポンジソールかゴム引きのランニングシューズが現れました。

マラップ17



勿論、履き方なんか見よう見まねで、正しい履き方など誰も知りませんでした。

年々シューズの機能は発達しますが、親から子への文化(ソフト)の伝承はありません。


サイズは大き目、紐は締めっぱなし、踵は踏んづける。

これが当たり前でした。


その為、外反母趾・ハンマートゥなど足への障害や足病が増えたのも当然で、

ある意味、現代病の一つかもしれません。

日常生活ではそれ程、気にはならない事でもスポーツという非日常下では、

大きな負荷になってしまいます。


難しい練習方法よりも、まずはご自身の文化レベル(履き方)から変えて行きませんか?


毎日のようにランニングシューズのサイズについてお問合せをいただきます。


走り初めの方はもちろんですが、ベテランランナー程、大き目のサイズを履いておられます。

そこでシューズサイズ選びのポイントをお話します。


爪先から踵までの実測サイズを測る

ご自身の実測サイズを知らないランナーが多いのには驚かされます。

実測サイズを知らないでシューズサイズは決められません。


実測サイズのシューズサイズを履く

例えば実測が25cmでしたら箱に書いてある25cmのシューズに足入れしてください。

25cmのシューズは実際26cm以上大きく作ってあります。(捨て寸・余り寸と言います)


サイズアップしていく

実測サイズのフィット感が記憶にある内にサイズアップしてみてください。

既に25cmを履いてますから、25.5cmを履いた時に25.5cmのルーズ感が判ります。


シューズ自体はキャパシティがありますので、±1cm程度でしたらシューズ機能を落とさずにフィットさせる事は可能です。

但し2週間も履くとその域を超えてルーズになってしまいます。

ですから最初に余裕を感じるサイズでは、すぐに長靴になってしまいますので注意してください。


スリムタイプからレギュラータイプを履き比べる


私お経験則から、殆どの日本人(99%)はワイドは必要ありません。

スーパーワイドなど考えられません。

これまた実測の足幅(拇指球の付け根から小指球の付け根の円周)と足長が同じでしたらスリムタイプ決定です。

例えばGTのスリムタイプはスリムではありません。ほぼレギュラーです。

スリムという呼称だけで足入れさえした事も無い方!是非、足入れしてみて下さい。


当たり前ですが【正しい履き方】が出来ていないとダメですよ。

当ブログの左カラムから無料で「正しい履き方マニュアルのPDF」をお送りしています。


以上を実践していただければ、足からウロコが落ちるはずです。


いつもお話しているように、シューズフィッティング(履き方)はランニングの基本です。

15年程前にアメリカのポートランドにあるナイキタウンに行った時、

スタッフが前面傾斜した車に乗ってシューズフィッティングをしていました。


BlogPaint



傾斜面に足を乗せて踵を固定した状態でシューズフィッティングをしていきます。

当時、ナイキはオーセンティクなスポーツブランドを前面に掲げていましたので、

さすが直営店だと感心しました。(現在は判りません)


カジュアル履きのスニーカーではなくスポーツギアとしてランニングシューズを履く事の

重要性を消費者に伝えていく事もメーカー、ショップの重要な仕事です。

大晦日です。

皆さんのランニングライフは如何でしたでしょうか?


今年は下関測定会・福岡セミナーや金沢測定会が開催できました。

でも、まだまだ各地からのオファーを頂いております。


測定会での出会いは単に測定データーだけではなくランナーの生の声を聞く事が出来て毎回勉強になります。


来年も全国制覇を目指して頑張ります。


「正しいシューズの履き方」を実践された方からも感走メールをいただきます。


斬新なシューズ機能ではなく「正しいシューズの履き方」という当たり前の事に戻る勇気を持った方が新たな発見をされています。


和・・・足に合ったサイズのシューズを正しく履く

・・・本来のバランスに戻る

乗・・・効率をアップさせ、ロスを無くす事でベストを引き出す。

立ち戻る余裕とトライする勇気を持てば

「薄皮一枚に包まれた別世界」が体験できると考えます。


来年も宜しくお願い申し上げます。


多謝

一昨日より西湖ロードレースに販売応援で行ってきました。

大方の雨予想を覆す天気で無事帰還いたしました。

富士五湖の中でもメイン道路から外れている為、抜群の自然環境で走れる恵まれたレースですね。

SAIKO ROAD RACE



相変わらずランナーの足元は残念なサイズと残念な履き方が目立ちました。


BlogPaint




それでも30人程のランナーにシューズフィッティングをさせていただきシューズの履き方が大事だと言うことをご理解いただけました。

そんな中、たまたまシューズを忘れて来られた東京のM.Oさん。

アシックスのカヤノをお買い上げいただきました。ベストサイズとシューズフィッティングでプラスアルファをオマケしておきました。


O
\n

↑このページのトップヘ