プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人以上のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: ランニングシューズ DVD

「最近ランニングシューズがワンサイズ大きくなった」

身に覚えありませんか?

成長期の若者ならいざ知らず、30歳を過ぎてから足が成長する事はありません。


最初は丁度良いかな(曖昧な感覚です)と思っていても、一週間と経たない内に

ブカブカのシューズに成り下がります。

それこそシューズ代だけでなく故障をしてしまえば、また来シーズン棒に振ってしまいます。


ゴールデンウィークです。このブログ600ページを凝縮した下記DVDで足から

ウロコを落としてみませんか?

◆【ランニングシューズセミナー&正しい履き方実践】DVD ¥2,800 約100分

◆【正しいランニングシューズの選び方 in お店】 DVD ¥3,500 約60分

◆上記2点を併せてご購入の場合、¥1,000の割引とさせていただきます。

合計金額¥6,300−¥1,000=¥5,300になります。

※付属の資料はお申込み後、PDFにてメール送信させていただきます。

入門者、シリアスランナー、競技者、コーチ、監督さんが

今すぐわかるランニングシューズ
選び方・使い方・履き方DVD


2,000人以上のボディバランス測定の実績と5万人のシューズアドバイスの経験から生まれた「正しいランニングシューズを選ぶ」ノウハウです。


私の経験から100%近くの方が、サイズの大きいシューズや目的に合わないランニングシューズを履いています。

その為、

・記録が伸びない。

・疲れが取れない。

・黒爪やマメで悩んでいる。

・膝痛・腰痛などの故障が絶えない。



などで悩んでいる方が本当に多いと思います。

多くはシューズに起因しています。


これは今日から初めて走る方ばかりでなく、実業団クラスでも同じです。


シューズ文化の浅い日本では、昔から大きめのサイズを当たり前に履いていました。

長年の習慣は簡単には直りません。

当然、ショップでも大きいサイズや軽いシューズを勧めます。


例えば、シューズの箱に書いてあるサイズです。

ご自身の足の大きさが25cmであれば、

箱に書いてある25cmのシューズを選ぶのが当然ですね。


何故なら25cmの人が履けるように「捨て寸」(余り寸とも言う)を付けて製造しているからです。

25cmのシューズは測ってみると実際26cm以上あります。


でも現実はショップはもちろんの事メーカーでさえ大き目のシューズを勧めます。

しかも23cmの人にも28cmの人にも同じ様に1cm〜1.5cmの余裕を求めます。

それでは箱に書いてあるサイズは何の意味があるのでしょう?



そんな不可解な現実を変えて、ご自身のシューズをご自身で選べる事を目的に

このDVDを作りました。


是非、多くの方に「薄皮一枚向こう側」にあるシンデレラのシューズにめぐり合って

欲しいと思います。


ランニングシューズセミナー&実践!正しい履き方DVD

全国のランナーに見ていただくよう各地で実施していました

【ランニングシューズセミナー】をDVD化しました。

600ページに及ぶブログの内容を凝縮しています。


第2部として【実践!正しいランニングシューズの履き方】もご紹介しております。

主な内容:(2時間弱)

第1部

はじめに

日本人と欧米人の違いはシューズにも違いがあります。日本人の特性を知る事で

正しいシューズ選びが出来ます。


目的別ランニングシューズ選びのポイント

これが一番重要です。人間は本能的にを選択します。つまり使いやすい筋肉を使ってしまいます。

大きいサイズのシューズや柔らかいシューズを選んでしまうのは、足を自由にしたいからです。

「効果的な練習をするには目的に合ったシューズとは?」

「故障を防ぐには?」

シューズ選択マトリックス表を見ながら効果的な1足を選んでいただきます。

これは競技者や監督・コーチの皆さんにも見ていただきたいですね。


良いシューズの見分け方

メーカーはシューズを売る為、どうしても走り易いシューズを作ってきます。

しかしそれではまた使いやすい筋肉を無駄に使い、練習の効果が

上がらないだけでなく、故障にも繋がります。

外見から解らないシューズの見分け方を伝授させていただきます。

これはシューズの開発ミーティングや展示会で実践している方法です。


正しいシューズサイズの選び方

小さい時から【大きいサイズ】に慣れてしまった日本人は、どうしても

大きいシューズを選んでしまいます。

これは入門者に限らず実業団クラスでも同じです。

目からウロコのシューズサイズの選び方を解説します。


シューズの減り方で診る故障の原因

ランニングフォームが違う様にシューズの減り方にも個性があります。

しかし偏った減り方は偏った筋肉の使い方による骨格アライメントの

崩れが原因です。

靴底をチェックする事でご自身の状態がチェックできます。


第2部

実践!正しいランニングシューズの履き方

ブログから「正しいシューズの履き方」を配布させていただいてますが、

測定会で実際にフィッティングさせていただくと

「全然違う!」「フィットしているのにきつくない!」と感想をいただきます。

それならとDVDで具体的に正しい履き方をご紹介させていただきました。

極上のフィット感を体感して下さい。


【ランニングシューズの選び方 in お店DVD】

前作【ランニングシューズセミナー】をご覧いただき、

「具体的にシューズ毎に説明して欲しい」というご要望をいただき、実際に

お店でシューズを手にとって説明させていただきました。

こらから新しいシューズを買う方はすぐに役に立ちます。


.織ぅ彿魅轡紂璽困料び方

お店でシューズを比較しながら具体的に説明させていただきました。

ターサーとスカイセンサーの違いや、今人気の「ファイブフィンガーズ」

についても使い方をご案内しました。


⇔匹ぅ轡紂璽困慮分け方

前作【ランニングシューズセミナー】では出来なかった、

良いシューズを具体的にシューズ毎に比較してしまいました。


実測足長の測り方

ご自身の足の寸法をご存知でない方が結構いらっしゃいます。

実際のサイズを知らずに本当のシューズサイズは判りません。

「1分で出来る足サイズの測り方」をご紹介


ぅ肇譽ぅ襯轡紂璽困料び方

日本の急峻な山を走るには欧米のシューズをそのまま使うには

問題があります。

走るコースや目的別にシューズ選びのポイントを説明させていただきました。


ゥ轡紂璽坤船紂璽縫鵐阿砲弔い

おなじみのカーボンチューニングや踵フィットパットのご紹介と

大きいシューズの対処方法やインソールについて説明させていただきました。


◆お客様の声


長野県 寺沢様

先生のDVDを参考に、そして先生からのありがたいメールでのアドバイスで

GTNY2160を購入してから1カ月経ちました。

結局のところ、スリムは買えずレギュラーサイズを履いています。


先生の言われた通り、最近、足のアーチが戻ってきた感じがします。

そして故障という故障もなく走れてます。


昨日、10kmのレースがあり、このときはターサーアビリオで走ったのですが

4年前の自分のベスト記録を1分弱更新することが出来ました。


これもまずはトレーニングシューズからという先生のアドバイスのおかげだと思っております。

本当にありがとうございました。


鳥取県 S様

目からウロコというか、全く思いもしなかったようなお話がたくさんあり、
ビックリしつつ、大変勉強になりました。

また、第二部のシューズの正しい履き方もその通りにやってみたところ、
今までのシューズと同じものかと疑うくらい履き心地が変わりました。


東京都 山内様

昨日、いつもお世話になっている整体で
ランニングを前提として、足への体重の負荷を軽減する骨盤の動かし方と
その簡単なエクササイズを教わりました。

これは、DVDで日本人の骨盤と走法について話されていたのでピンときました。
やはり、DVDを購入して勉強させて頂いてよかったと思います。

兵庫県 掛布様

2回ほどボディバランス測定会にも
参加させていただいたので、このDVDは
良い復習になりました。

特に、トレーニングの目的は心に響きました。

大阪府 A様

DVDの内容非常に共感するところが多かったです。
私のお店でも足のサイズを計測するのですが、
4Eの方などほんとにごくまれです。

大体はD〜Eくらいです。しかし、スリムタイプはほとんどありません。
ワイドは大量にあります。

島根県 加藤様

DVD拝見しました。大変参考になりました。

特に、ヒールロックの部分は参考になりました。

これまでにも、正しいシューズの履き方解説で
ある程度は分かっていたのですが、やはり動画での
解説の分かりやすさはすごいですね。

小倉様

私は治療院をしていますが、職業柄たくさんのスポーツ選手の足を診て

靴の履き方の悪さを痛感しておりました。

近頃では、やはり日本人には鼻緒のついた下駄の文化が良いのかも・・とか


そんな折、ふと目にしたタイトルに、正直あまり期待せず 開いてみてビックリ!

今まで学生時代から漠然としていた事の根拠と間違いに初めて気が付きました。

早速試させていただきます。

本当にありがとうございました。



◆お申込み方法と価格

【ランニングシューズセミナー&正しい履き方実践】DVD ¥2,800

【正しいランニングシューズの選び方 in お店】 DVD ¥3,500

上記2点を併せてご購入の場合、¥1,000のセット割引とさせていただきます。

合計金額¥6,300−¥1,000=¥5,300になります。

※付属の資料はお申込み後、PDFにてメール送信させていただきます。

お申し込みは→こちらから

【プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方 in お店】

DVDの中でご紹介しましたシューズチューニングについて、


「もう少し詳しく教えて欲しい。」

「踵が動いてしまうのを改善したい」

「外反母趾対策の方法を教えて欲しい」

「どうしてもマメが出来る」

「靴擦れで悩んでいます」

など連日お問合せメールをいただきます。


毎度のことですが、文章では中々ご理解いただけません。

複数の読者様から、「またDVDで説明して欲しい」と

ご依頼をいただき、ご自身でチューニング出来る事を前提にと

DVDにまとめてみました。


内容は・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【自分で出来る!ランニングシューズチューニングの方法】DVD

当然の事ですが、既成品は不特定多数の方に合わせるため、

どうしても個人差が出てきます。

特にシューズについては衣料のように、すそ直しやウエストを詰めたり

出来ません。


でも簡単な方法で【貴方だけのシューズ】に出来るんです。


■DVDの内容

1.【素足ランニング用インソールチューニング】

素足ランニングと言ってもシューズは履きます。

ソックスを履かないでシューズを履いて欲しいのです。

それにより眠っている五感に刺激を与えてくれ、人間の感性が蘇ります。

ソックスを履かない事でビックリする程の開放感と接地感がありますよ。


ただソックスを履かない事でシューズがルーズになったり、汗をかく事

でシューズの臭いが気になります。

その対策を解説させていただきました。



2.【トライアスリート向け靴擦れ対策】

競技の特性上、基本的に皆さん素足でシューズを履かれます。

当然、靴擦れやマメで悩んでいる方が多いと思います。

その対策DIYです。



3.【練習効果とタイムを1%上げるチューニング】

すでにお馴染みのカーボンシートを使った新しいチューニング方法

や腰筋緊張を和らげる為の簡単チューニングなど



4. 【0円で出来る貴方仕様のシューズチューニング】

ご自身の足型に合わせたチューニングが何と0円で出来ます。



5.【外反母趾対策】

予備軍を入れると半数以上の方にその傾向が現れています。

既に外反の症状に悩んでいるランナーに少しでも痛みを和らげる

方法をご案内しました。


6.【足蒸れ対策チューニング】
ランニングシューズの通気性を格段にアップさせる方法


いつもお話しているように、シューズフィッティング(履き方)はランニングの基本です。

15年程前にアメリカのポートランドにあるナイキタウンに行った時、

スタッフが前面傾斜した車に乗ってシューズフィッティングをしていました。


BlogPaint



傾斜面に足を乗せて踵を固定した状態でシューズフィッティングをしていきます。

当時、ナイキはオーセンティクなスポーツブランドを前面に掲げていましたので、

さすが直営店だと感心しました。(現在は判りません)


カジュアル履きのスニーカーではなくスポーツギアとしてランニングシューズを履く事の

重要性を消費者に伝えていく事もメーカー、ショップの重要な仕事です。

無料PDFでお送りしています【正しいランニングシューズの履き方】だけをDVDでまとめました。

測定会やセミナーで実際にシューズフィッティングをさせていただくと・・・・


・思っていた履き方と違っていた。(PDF)

・フィットしているのにきつく無い!

・初めての感覚です!

・まだまだサイズが大きい事が分かった!

・小指の当たりが気にならなくなった。

・「フィット」しているという感覚が分かった!

・もっと早く知っていれば・・・・


すでに【ランニングシューズセミナー】DVDを見ていただいた方からも同じ感想を頂いてます。


PDFでは伝えきれない細かいニュアンスがDVDなら伝わると考え【履き方】だけでDVDをまとめました。

今回は7つのポイントを挙げて、説明させていただいてますので、入門者の方にも解りやすく解説しております。


お申し込みは→こちらから

↑このページのトップヘ