プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人以上のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: ランニングシューズチューニング

シューズマスター野村です。

一昨日、昨日と本年最後の
「野村の生フィッティングセミナー」をやってきました。

既に履き方DVDをご覧いただいたてる方は流石に
しっかり履かれていました。

中でもご自分でシューズチューニングをされている
Aさんは故障知らずです。
http://jog.livedoor.biz/archives/55734298.html

ただ、そこに至るまでは試行錯誤の
連続だったそうです。

Aさん曰く、

「野村さんのDVDでチューニングを
やりました。わからない事は都度メールで
問合せさせてもらい、何とか私に一番合う
シューズになりました。」

と喜んでいただきました。

さて野村がシューズチューニングを
お勧めする理由は、簡単に個々人に合った目的で
シューズの効果を引き出す事が可能になるからです。

でも使うパーツ、使う箇所、使う位置は
それぞれ違います。

ですので市販されているインソールはあまり
お勧めできません。

例えば、

足型に合わせたオーダーメイドは聞こえは良いですが、
 バランスを崩した足型に合わせて作れば更に悪化して
 しまう恐れがあります。

別売のインソールは調整ができません。
 それだけに毒にならないかもしれませんが
 薬にもなりません。
 もし薬になるのなら使い方の効用説明が必要です。
 健常者の方が入れっぱなしで良いわけがありません。

インソールはあくまでもシューズと足の間を埋める
 スペーサーの役目でそれ以上でも以下でもありません。
 衝撃吸収剤など既にシューズにある機能を入れても
 足元が不安定になるだけです。

更にボリュームのあるインソールを入れるために
 シューズサイズを大きくしては本末転倒になります。

足元は非常に敏感です。例えば糸くず1本あるだけで
 マメの原因になります。わずかな変化でもやり方に
 よっては大きな効果があります。あるお医者様曰く、
 1%の変化は人間には激変だそうです。

これは感覚の問題ですが、違和感には正の違和感と
 負の違和感があります。使ってみないとわからない所
 がありますが、最終的にはご自身の感覚で試行錯誤
出来ることが重要です。

そもそも内反・外反などバランスの取り方が真逆の
 人が同じインソールで良い訳がありません。 
 それで問題が無いのはインソールは効果が
 ないことを証明しています。

野村のお勧めするシューズチューニングは既存の
インソールやシューズに少し手を加えることで、
あなただけのベストフィットを見つけていきます。

またチューニング用の部材もホームセンターなどで
簡単に手に入ります。千円もかかりません。

その部材を使って多種多様なチューニングをします。
◯膝痛対策
◯小指、親指の当たり
◯足甲や足指の痺れ
◯踵の靴ずれ
◯マメ対策
◯黒爪対策
◯外反母趾対策
◯スピードアップのお手伝い  

などなどそれぞれのお悩みにお応えします。
またフィット性をアップさせるだけで、
故障やケガの予防にもなります。

ただ今回のAさんのようにどのチューニング
がベストか?不安ですよね。

そこで、野村が満足できるフィット感を得られるよう
試行錯誤のお手伝いをさせていただくことにしました。

まずは問診表をお送りして現状の問題点を共有
させていただきます。

次に恒例の靴底診断であなたご自身のバランス
をチェックさせていただきます。

そしてチューニング方法の選択と順番を決めます。

つまり野村と一緒に試行錯誤をしていきます。

http://jog.livedoor.biz/archives/55734298.html

これは現在、野村が個別コンサルでやっている
内容です。

通常の個別コンサルは一回で15000円を
いただいてますが、今回はネットコンサル
として初めての試みになりますので、

【故障対策からタイム狙いまで!
あなた専用シューズに簡単改造する方法】DVD

をご購入いただいた方限定30名の方に無料で
フォローさせていただきます。

http://jog.livedoor.biz/archives/55734298.html

期間は半年です。

シューズマスター野村です。

先日の

「ホールドの甘いGT-2000NY-6 を美味しく履く方法」

の記事に反響のメールをいただきました。

「あきらめていたシューズが履けた!」
「何となく大きいと思っていたシューズがはっきり大きいとわかりました」
「箱のサイズの意味が分かりました」
「2サイズ小さいランニングシューズを買いました」

ありがとうございます。

全てのランナーが満足できるシューズはありません。
既成のシューズなら当然です。

野村の生フィッティングが喜ばれるのは
ランナーの足型に合わせて施術させていただくからです。

ご自身でベストフィットを探すのは少しの手間と
工夫があればできます。

先日のブログで百円インソールの活用をご案内しました。
シューズ個体のキャパシティを上手に探る方法です。
http://jog.livedoor.biz/archives/55748626.html



記事では既成のインソールと百円インソールの活用
でしたが、もう少しレンジを広げて更に細分化します。

なんかよく分からない説明ですみません。
簡単に言います。(笑)

シューズの中で足をホールドさせる方法です。

シューズのホールド性(緩い→キツイ)を1〜12段階で
試行錯誤します。

1 インソール無しで素足で履く
2 インソール無しで薄手のソックスで履く
3 百円インソールで素足
4 百円インソールで薄手のソックス
5 使い古しのインソールで素足
6 使い古しのインソールで薄手のソックス
7 新品のインソールで素足
8 新品のインソールで薄手のソックス
9 使い古しのインソール+百円インソール+素足
10 使い古しのインソール+百円インソール+薄手ソックス
11 新品インソール+百円インソール+素足
12 新品インソール+百円インソール+薄手ソックス

如何ですが?

シューズのヘタリ具合に合わせてベストフィットを
探していく方法です。

まさに試行錯誤です。

1%の効率アップを目指すにはこれくらい試してみる価値はあります。

これがスポーツ競技だと考えます。

http://jog.livedoor.biz/archives/55734298.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 大阪・・・.2019年 3月21日(祝)
◇ 東京・・・.2019年 5月 5日(日)
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html

◆【プロ向け3種選択セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55714303.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 大阪・・・.2019年 03月21日(祝)
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【貴方にご指名が入る!カリスマスタッフになるプロ向けセミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

シーズンも後半を迎えましたが、東京マラソンを始め
まだまだビッグレースが目白押しです。

さて貴方はレース用シューズをどのように選んでいますか?
単に走り易いとか、軽いとか、流行りで選んでいませんか?

もちろんそれも選び方の一つですが、果たして結果が出ていますか?
もし貴方が次のレースでタイムを狙っているのでしたら、
今までの方法では難しいです。

実はレース用シューズは出来るだけ新しいシューズがいいんです。
敢えて言えば新品がベストです。
今までの常識から言えば真逆ですね。

新品のシューズはその機能が100%生きています。
選び方と使い方を間違わなければ疲れず、速く走れます。

【レース直前だから効果アップ!
目からウロコのレース用シューズの選び方と使い方】

内容です。

○数十年間ソーティ、ターサーが変わらないのは何故?
○ズームフライが選ぶランナーとは
○シューズの機能を引き出す方法
○1%の効率アップでフルなら500mの差
○桐生選手が10秒を切った最大の理由
○後半の失速をカバーする補強
○新品のシューズを走らず慣らす方法
○日本人の特性を最大限に活かす

2月2日(土)の東京セミナーで
通常のトレーニングシューズの講習と合わせて公開
させていただきます。

敢えて東京マラソン直前にレース用シューズを新調してみませんか?

【プレミアムランニングシューズセミナー in 東京】

http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 大阪・・・.2019年 3月21日(祝)
◇ 東京・・・.2019年 5月 5日(日)
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html

◆【プロ向け3種選択セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55714303.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 大阪・・・.2019年 03月21日(祝)
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【貴方にご指名が入る!カリスマスタッフになるプロ向けセミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

昨日は地元名古屋で今年最後の

【生フィッティング体験セミナー】で締めくくりです。

あいにくの雨でしたが、皆さん熱心にシューズフィッティングを

体験&実践していただきました。


そんな中、極端に足幅が細い女性ランナーのTさん。

シューズフィッティングをしたのですが、どうしても

ベストフィットがでません。


ご本人は「今までと比べれば全然違います」と喜んでいただきましたが、

私は納得できません。

「ちょっと待っていてください」


たまたま先月から始めた

【故障対策からタイム狙いまで!あなた専用シューズに簡単改造する方法】

の本日発送分を車に積んでいましたので、その内の一つを開封して

急遽、チューニング作業&講習開始です。


まずはスカスカ動く踵をホールドさせます。

踵の形状は個人差があります。

そこで踵とヒールカウンターが合う位置を探します。

スポンジパットをインソールの底に貼り上下の

ベストポイントに合わせます。

次にフィットがしにくい踝(くるぶし)周りにもスポンジパットで

ベストポイントを探します。


試履きしてもらうと、

「凄いです。足に吸い付いているようです。」

こうなると止まりません。


次は足が前後に動かないよう、アーチサポートを

施工?しました。

「ちょっと窮屈かな?」

「でもスッ、スッと前に行きます。こんなの初めてです。」

なんやかんやで4時間のセミナーになってしまいました。(笑)


他の参加者様も興味津々で、その場で4セットの

ご注文をいただきました。(謝)


正しい履き方で踵のホールドはかなりアップしますが、

Tさんにように既成のシューズではどうしても遊びが

出る方や、更なるフィットを出す場合、どうしても

個別のチューニングが必要になります。


そこで今回のように段階を追って上下左右前後に踵を固め

ベストフィットを探します。

あなたもご自分のベストフィットを探してみませんか?
http://jog.livedoor.biz/archives/55734298.html

【故障対策からタイム狙いまで!
あなた専用シューズに簡単改造する方法】
http://jog.livedoor.biz/archives/55734298.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 大阪・・・.2019年 3月21日(祝)
◇ 東京・・・.2019年 5月 5日(日)
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html

◆【プロ向け3種選択セミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55714303.html

◆【ボディバランス測定会】

◇ 大阪・・・.2019年 03月21日(祝)
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【貴方にご指名が入る!カリスマスタッフになるプロ向けセミナー】

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

ランニングシューズの寿命についてご質問を

いただきました。


ポイントは踵の減りです。


踵の外側が減っている方が多いと思いますが、

その踵の外側が1mm減ると角度で5度傾くと言われています。


特に膝痛で悩んでいる方は要注意です。


さてその対処方法ですが、「シューグー」をお勧めします。


靴底などの補修材でスポーツショップや靴屋さんで昔から

販売されているので使用されている方も多いと思います。


使い方は→http://www.shoegoo.co.jp/how_to.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 6月 30日(土)・・・東京(満員御礼)
◇ 7月  1日(日)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 6月 9日(土) ・・・名古屋
◇ 6月 16日(土)・・・大阪

http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html


◆【ボディバランス測定会】

◇ 6月 16日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 7月 1日(日)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

↑このページのトップヘ