プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人以上のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: ランニングシューズチューニング

シューズマスター野村です。

以前、このブログでもご紹介しました【段ボール】チューニング

ですが、ランニングシューズについてはチューニングをされる方は殆どいません。


市販されているシューズは不特定多数の方を対象にしていますので、全ての方に

同じようなフィットはなかなか出来ません。


またランニングシューズは使用していくと、どんどん機能が落ちてきます。


元通りにするのは難しいですが、チューニングによってある程度は

蘇らせることができます。


【段ボールインソール】もその一つです。


【プレミアムランニングシューズセミナー】では実際に段ボールでインソールを

作っていただき、その場で装着していただきます。

(セミナーではプラスαのチューニング方法を伝授しています)


大阪セミナーにご参加いただいたT様からのメールです。

━─━─━─━─━─

日曜日の大阪マラソンの報告です。
結果は、
4時間8分30秒(スタートライン通過まで10分経過してました)で初マラソン完走できました!


シューズに不安が無くなったら、
あとは走るだけでシューズのせいにできませんしね(^^;;


練習してて、
シューズフィッティングでしっかり履けているつもりでしたが、
右足指がどうも動きやすい状况。


そこで動きやすい箇所の中敷の下に段ボールを入れて調整してみたところ、遊びが無くなりました。
レース中はほとんど脚が痛くなることも無く、走れました!


セミナー参加していなかったら、
と思うとゾッと、します…。


本当にありがとうございます!
これから楽しみながら成長していこうと思っておりますので、
よろしくお願いいたします。


━─━─━─━─━─

もちろんシューズサイズや履き方の見直しが大前提ですが、

微調整のチューニングは意外と効果大です。


●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー開催予定】
◇ 8月14日(金)AM・・・名古屋
◇ 8月30日(日)AM・・・東京
◇ 9月 6日(日)PM・・・金沢
◇ 9月21日(祝)AM・・・大阪
◇ 9月22日(祝)AM・・・高松
◇ 9月27日(日)AM・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html


◆【ボディバランス測定会】筋力バランスをチェック!

◇ 9月  6日(日)PM・・・金沢
◇ 9月 21日(祝)PM・・・大阪
◇ 9月 22日(祝)PM・・・高松
◇ 9月 27日(日)PM・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【プレミアムボディバランス測定会】
マンツーマンのケガと故障の原因と対策をします。

◇未定

http://jog.livedoor.biz/archives/54950110.html

◆【駆け込み寺コンサル】とにかく怪我でお困りの方
◇ 8月 14日(金)・・・名古屋 (満員御礼!)
◇ 9月 26日(土)・・・東京

http://jog.livedoor.biz/archives/55140730.html


◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

最近は男性ランナーも増えてきました。

外反母趾に至る過程で多いのは・・・

大きいサイズ⇒中足アーチの落ち⇒開帳足⇒外反母趾

のスパイラルです。


本来のアーチ形成を戻すためには足のフィットしたシューズ

を履く事が必要です。


でもどうしても親指の付け根が当たって痛くなり、またまた

大き目のサイズで逃げてしまいます。


補強が当たらないシューズを探しますが、なかなかベストの

シューズを探すのは難しいですね。


そこで方法の一つとして「当たる部分だけ広げる」ことでかなり

痛みが和らぎます。


こんな道具を使います。

レンチ1






穴の部分で押さえて凸部分で広げます。

セミナーや測定会で対応しておりますので、ご希望の方はお声をかけてください。




○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

◆【新・ランニングシューズセミナー開催予定】

◇7月14日(日)AM・・・・高知
◇7月15日(祝)AM・・・・高松
◇7月21日(日)AM・・・横浜
◇7月27日(土)AM・・・名古屋
◇8月4日(日)AM・・・・東京
◇8月11日(日)AM・・・・大阪

詳細・お申込は・・こちらから


◆【プロに教える!ランニングシューズセミナー開催予定】

次回は9月に予定しております。


◆【ボディバランス測定会開催予定】

◇高知測定会・・・ 7月14日(日)  詳細・お申込はこちら→http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◇横浜測定会・・・ 7月21日(日)詳細・お申込はこちら→http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

名古屋測定会・・7月27日(土) 募集終了 詳細・お申込はこちら→http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◇東京測定会・・8月 4日(日) 詳細・お申込はこちら→http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◇大阪測定会・・8月 11日(日) 詳細・お申込はこちら→http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

先日、コメント欄にご質問をいただきました。

インソールについてのご質問です。
大きいテーマなのでブログでお答えします。

ここから⇩

DSISについてどう思われますか?
オーバープロネーションなので迷ってます。
シューズマスター様のお考えを教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。


ここまで

そもそもランニングシューズに入っているインソールはシューズと

足の間に入れるスペーサーの役目です。

そこに目的を持ったインソールを入れる事は目的に合わない人に対しては

リスクになります。

つまり使い方によっては薬にもなり毒にもなります。


ですからAさんにはレースだけに使用するとかBさんにはアップの時だけに

使用するなどの処方が必要だと考えます。

使用方法を限定しないのは毒にもならない代わりに薬もなりません。


アーチが落ちたからアーチを上げるという単純な事では解決にはなりません。

例えは違いますが、発熱したのは体の機能に異常が発生し、それを治癒するため

に発熱しているわけですから、体温を下げる事が目的では無いはずです。


それよりもシューズを緩く履いている方が、よりプロネーションを助長

してしまいます。

まずはシューズフィッティングをしっかりすることから始めて下さい。

ブログでもお薦めしている【素足ランニング】ですが、普段履いているランニングシューズ

を素足で履くと、フィット性が落ちてシューズの中で足が動いてしまいます。

当然、摩擦熱でマメの原因になります。


そこで素足用に展開したのが、【素足ランニング用インソール】です。

多分、業界初です。


表面に豚皮を貼ることで摩擦熱を抑えるだけでなく、沢山の汗腺によって

汗や湿気を吸ってくれます。

チューニングセミナー3


◇インソールに豚皮を貼った状態

また中足部にアーチパットを入れる事で、ランニングや日頃の生活で落ちた中足アーチを保持

します。ランナーはもちろんですが、外反母趾で中足アーチが落ちて開帳足になった方にも

お薦めします。

インソール3



更に踵(かかと)の骨がシューズの中で前後に動かないよう、底面にカーボンシートでアーチを

作り、その上に写真の高密度コルク貼って底上げします。

カーボン補強


コルク1


コルク2


インソールにボリュームを付けてホールドアップを図るだけでなく、【機能】を入れました。

通常(ソックスを履いた時)と素足時(インソール)との使い分けで、

1足で2通りの違う刺激を入れる事を目的にしました。


インソール2


◇完成品です。

ただ素足に慣れない間、シューズに接触する事で靴擦れが起こる事もありますので、付属品として

写真(赤いピース)の様な低反発素材をお付けします。

また土踏まずの部分を持ち上げるアーチクッキーもお付けします。

これらは個人差がありますので、暫く走りながらご自身で調整していただきます。

(説明書付きですからご安心ください)

フィットセット4



このブログでもご案内しましたが、本当は昨年末に展開する予定でしたが、モニタリングや

仕様決定に時間がかかり、やっとご案内することが出来ました。


ご自身で作っていただこうと、5月に販売しましたDVD【ランニングシューズチューニング編】の中で

案内しましたが、具体的に教えて欲しいという依頼があり

【チューニングセミナー】で実際に製作をしていただきました。


チューニングセミナー2


ただ他の地域や女性の方から、「インソールが欲しい!」とご希望が増えてきましたので、

今回のご案内となりました。


製作には少々時間を要しますので、ご注文後5日以内の発送とさせていただきます。

ご依頼は→ こちらから

意外と無頓着なのが靴紐(シューレース)です。

シューレースも劣化します。

収縮性のなくなったヨレヨレのシューレースでは甲に圧迫感を与えるだけでなく、

ホールド性が落ちてしまい、ロスにつながります。


レースは勿論ですが、トレーニングシューズのシューレースを新品に変えるだけでも

フィット感がアップしますよ。


ランニングシューズのシューレースはフラットタイプの平紐やGTなどのトレーニング

用に使用されているオーバルタイプがあります。


また同じタイプでも紐の幅に種類があります。


タイプ別に説明すると・・・

(辛魁丙挂椒織ぅ廖

短距離から中長距離のレース用のため高速での使用でもブレが少ない反面

締まり過ぎるため、長距離での使用の場合、足甲への負担が大きくなる。

∧辛魁壁広タイプ)

昔からあるオールラウンドタイプでジョグ用からスニーカーまで幅広く使われている。

オーバルタイプ(楕円タイプ)

20年程前からトレーニングタイプに使われだしたタイプでボリュームがあるので

甲への圧迫感が少ない。反面、平紐に比べると緩み易い。

4殄

ランニングシューズには殆ど使用されないが、登山用シューズや

Dリング(ハトメに使われているD型のホール)タイプのシューズに

使われる。都度、締め直す時に一気に締めることが出来る。


【応用編】

さて皆さんLSDをされていると思いますが、これが結構負担が大きいんですね。

一般的にLSDは1回/月、多くても2回と言われています。

中には毎週されている方もいらっしゃると思いますが、これでは疲労は抜けません。


そこで【積極的LSD】をオススメします。

【積極的LSD】とはハイピッチのLSDです。

例えば6分/kmのペースは変えずにピッチを速くします。(結構難しいです)


それにより余計な足のローリングを抑え、左右差を無くします。

その時にトレーニングタイプのシューレースをオーバルタイプから平紐(幅広タイプ)に

変えてあげる事でレスポンスをアップさせます。

シューレースを使い分ける事で効率アップです!


簡単な事ですがめんどくさがらないでください。

こんなことで差がつきます。(誰もしていないから大事です。)


逆にオーバルタイプのシューレースを一定間隔で絞ってある紐がありますが、

収縮性が極端に落ちますので、あまりオススメ出来ません。


まだまだチューニング方法はあります。

今回、初めてシューズチューニングセミナーを大阪・東京で開催します。

【シューズチューニングセミナー in 東京・大阪】

↑このページのトップヘ