プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!

故障が絶えない、練習効果が出ない、腰痛・膝痛でお悩みのランナー様! 実は、今履いているシューズが大きな原因になっています。 ブログ「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方」を始めて早10余年。3,000人のボディバランス測定と50,000人のシューズフィッティングの実績であなたにシンデレラの一足を見つけて差し上げます!

カテゴリ: 素足ランニングのススメ

シューズマスター野村です。

今日は朝からお問合せメールの整理です。

そんな中走歴25年のベテランランナーさんから
ランニングシューズの寿命についてお問合せ
をいただきました。


年間5足もランニングシューズを買われるそうで、奥様から
「まだ履けるのに!」とボヤかれるそうです。(笑)


そのチェック方法ですが、

まずは踵部の減り方ですね。
IMG_1319






















例えば踵が1mm 減ると着地した時の角度が5°傾きます。
特に膝痛や腰に負担が出る方には更なる負担になってしまいます。


アッパーは綺麗でも極端に踵が減っている場合は
即買い替えをお勧めします。

奥様よろしくお願いします。


さてここで話が終わってはシューズマスターの看板が
泣きますので、その対策を少しご紹介します。


踵が減っているのは単純にシューズを引きずっている
可能性があります。


ご自身では分からないかもしれませんが、
バランスを維持しようとして無意識に腰に力が
入り前後どちらかに傾きます。


脳のイメージと実際のバランスのズレが引きずり
を発生させているんですね。


前振りが長くなりました。
ではその対策です。


「インソールを外して走ってみてください。」

「えっ?」

意外でしたか?

インソールを外す事で色々な変化が現れます。

|綯呂離瀬ぅ譽ト感が刺激を与えてくれます。
▲轡紂璽坤汽ぅ困飽穗卒兇魎兇犬泙后
lのルーズ感を感じます。
ぢ元が少しフラットになります。
イい弔發話しするシューズの真ん中をイメージできます。


正しいイメージと新たな刺激は腰の緊張を緩和してくれます。

まずは腰から余計な荷物を降ろしてください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー】

◇ 6月 30日(土)・・・東京(満員御礼)
◇ 7月  1日(日)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/54636257.html

◆【野村の生フィッティング体験セミナー】

◇ 6月 9日(土) ・・・名古屋
◇ 6月 16日(土)・・・大阪

http://jog.livedoor.biz/archives/55684252.html


◆【ボディバランス測定会】

◇ 6月 16日(土)・・・大阪
http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【自分でできる!靴底の減りでケガ対策】個別コンサル

◇ 未定
http://jog.livedoor.biz/archives/55673634.html

◆【プロ向け!ランナーの救世主になる靴底診断ノウハウ】

◇ 7月 1日(日)・・・東京
http://jog.livedoor.biz/archives/55543242.html

◆【カーボンシートチューニング】効果を体感したい方、一度体験してみてください。

※休止中
http://jog.livedoor.biz/archives/50790316.html

◆【ランニングシューズセミナー完結編】DVD

貴方の靴底診断もさせていただきます!
http://jog.livedoor.biz/archives/53234193.html

さてメルマガではブログにはちょっと書けない?ことから裏話まで
猫を2枚ほど脱いで書いてます(笑)
登録・解除かはこちらから→http://www.mag2.com/m/0000172999.html

シューズマスター野村です。

セミナーでソックス生地の厚みについてご質問を頂きました。

まず薄いソックスか?厚いソックスか?を悩む前に素足でランニングシューズを履いてみてください。

素足でランニングシューズを履くと接地感が違う事が体感できます。

新しい感覚を体感する事で【脳】は沢山の気ずき【情報】を得ることができます。

一番にサイズ・ワイズが合っているか?否か?が判ります。

まずは厚み以前の問題に気がつかれるはずです。

チャレンジしてみる価値はありますよ。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

◆【プレミアム・ランニングシューズセミナー開催予定】

◇ 3月30日(日)AM・・東京満員御礼!
◇ 4月 6日(日)AM・・金沢
◇ 4月13日(日)AM・・松本
◇ 4月26日(土)AM・・横浜

詳細・お申込は・・こちらから


◆【ボディバランス測定会開催予定】l

◇東京測定会・・ 3月 30日(日)満員御礼!
詳細・お申込はこちら→http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◇金沢測定会・・ 4月 6日(日)
詳細・お申込はこちら→http://jog.livedoor.biz/archives/54340262.html

◆【新・ランニングシューズセミナー】DVD (約90分) ※ケガでお悩みの方必見です。


お申し込み・詳細は→ こちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆シューズチューニングセミナーを開催します。
───────────────────────────────

陸上部の生徒達が練習後、シューズをだらしなく履いているのを見ると

「もったいないな」と思います。


なまじ強い脚力を持っている彼らは、ついつい使い易い強い筋肉を

使ってしまいます。

でもその筋肉は本番に取っておかないといけません。


練習後もしっかりシューズを履くことで中心軸の筋肉に刺激が入ります。

こんな簡単な事ですが、長い間に大きな差がつきます。

練習後も競争は続いています。


そんな差を付ける方法としてチューニングがあります。

何もトップ選手が履く特殊なスパイクピンや新素材を使う事だけが

チューニングではありません。


今回、ご紹介するのは足のストレスを取り、新たな筋肉を目覚めさせる

インソールと踵がルーズでお悩みのランナー向けに踵のホールドアップ

をさせるチューニングです。


5月にリリースしました

【自分で出来る!ランニングシューズカスタマイズの方法】DVD


内容は理解できるけど自分で作るのはちょっと・・・。

というお声を頂きました。


それならと・・・・

材料も当方で用意して

【ランニングシューズのチューニングセミナー】をやります。


さてその内容ですが、


1、裸足ランニング用インソールの製作


裸足ランニングが話題になっていますが、いきなりコンクリートの上を

を裸足(5本指シューズ含む)走って故障をしているランナーが大勢

いらっしゃいます。


ブログでも書きましたが、古代人もマサイ族も土の上を裸足で歩いています。

決してアスファルトではありません。かつ彼らにとって走る行為は非日常です。


しかし【裸足】での歩行には沢山の効果があります。


・接地感が増して本来の立位置を認識できる事で腰への負担が減る。

・ソックスで縛られた足を開放することでストレスが減る。

・着地から蹴り出しまでのイメージが磨かれる。

・踵着地の難しい日本人に踵から着地しやすくなる。

・人間本来の野生が磨かれる。(?)


ただ【裸足】にならなくともソックスを脱ぐ事・・・

つまり【素足】でシューズを履く事で同様の感覚が掴めます。

※【素足】とはソックスを脱ぐ事です。


またコンクリートの上を走っても負担はありません。

そこで【素足ランニング用インソール】を作ります。


つまり一足で通常ランニング用と素足ランニング用にインソール

を分けて使う事で2通りの使い方が出来るんですね。


ただソックスを脱ぐ事でシューズがルーズになってしまいます。

素足ラン用インソールは通常のインソールに【豚革】を

表面に貼り、通気性と接地感、そしてインソール自体にボリュームを

つけることでフィット性を上げます。

インソール2

(完成品です。)

また通常のインソールには入っていない【アーチパッド】を貴方の

足に合わせて豚革とインソールの間に入れます。

素足ランニング時のみのサポートを入れる事で刺激を与えます。

インソール3

(汗腺が多いので通気性は良いです。履き古すとアメ色に変わって来ます)



2.既存インソールのカスタマイズ


既存のインソールにもチューニングを施します。

特に日本人の場合、踵形状が小さい事でホールド性が落ち、シューズの

中で足が前後に動く方が多いと思います。


その対策として土踏まずのアーチ部分にカーボンシートとコルクを使って

インソールのアーチを付けます。


コルク2
    (高密度のコルクを使用)

これにより踵骨(しょうこつ)が前に動かないよう止めることが出来ます。


個人差がありますが、その場合の対策も説明させていただきます。

コルク1

(インソールとコルク材の間にカーボンシートを入れます)

3.シューズのフィッティングUP


素足でシューズを履くと、アッパーに足が当たってしまう場合があります。

ソックスを履いていては判らない事です。


その対策として2種類の低反発素材を当たる部位に貼り付けます。

フィットセット2


フィットセット5

(写真はシューズフィット用に加工しています)

◇募集人数:


シューズセミナーと違いますので人数が限られてしまいます。

だいたい5〜7名様/回を予定しています。


予算は材料費¥3,000とセミナー講習費¥3,000の

合計¥6,000

ですが、インソールをご自身でご用意いただきます。

(古いインソールでも可)


当方でご用意させていただく場合は実費(約¥1,500別途)になります。

材料明細

・圧縮コルク、豚革、アーチパット、低反発素材、接着剤、

 スポンジ材、カーボンシート、調整用ボール紙 各一式

IMG_0183
   (主な材料です。)

【チューニングセミナー in 東京】


◇日時7月22日(日)9:30〜11:30(受付開始9:15)の予定です。

◇場所:東京都立産業貿易センター 
   浜松町館 M3階 
   第8会議室
(JR 浜松町駅から徒歩5分)

◇交通アクセス⇒

 http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/access/access_hama.html

◇費用:セミナー費・材料費込み ¥6,000

 ※但し新品インソールを当方にて手配の場合は¥1,500別途になります。

ご予約は>>>こちらから



【チューニングセミナー in 大阪】


◇日時:8月 4日(土)9:30〜11:30(受付開始9:15)

※失礼いたしました!大阪開催日に表示ミスがありました。上記訂正しました。(謝)

◇場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)

  503 会議室

  〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14

  TEL: 06-6942-0001


◇交通アクセス

●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

車でお越しの場合は、阪神高速東大阪線、法円坂出口を左折して直進、
京阪東口交差点左折、西へ信号5つ目


アクセス⇒http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html


◇費用:セミナー費・材料費込み ¥6,000

 ※但し新品インソールを当方にて手配の場合は¥1,500別途になります。



ご予約は>>>こちらから

前回【踵着地の必然性】について書きました。

裸足ランニングよりも裸足ウォーキングをオススメするのは

踵着地が出来るからです。(日常動作)

つまりシューズやソックスを介在させない事で0点を認識出来きます。


それにより本来の立ち位置が判り、脳のストレスが軽減されます。

2本足で立つという複雑な筋肉のやり取りに対して、正しい姿勢で立てれば

筋肉に余計な緊張を与えません。


例えば・・・


踵で着地する事で膝が伸びます。

膝が伸びれば背筋も伸びて腰への負担が減ります。

普段ヒールの高いシューズを履いている人にはアキレス腱周りの縮みを伸ばしてくれます。

また外反母趾などの要因になる開帳足を抑制してくます。


走ってしまうと踵着地が難しくなってしまいます。

また速い動きはバランスの崩れを誤魔化してしまいます。

つまりゆっくり歩くのは誤魔化しが出来ない分、難しいのです。


さてランニングシューズを素足で履くだけだも、かなり変化を感じれますが、

もっと簡単なことでも出来ます。


例えば室内でスリッパを履かれているなら、素足で歩く事をオススメします。

踵の無いスリッパでは、どうしても足を引きずってしまい、膝が曲がって猫背になります。


確か太古の昔にはスリッパはありませんでした。


前回、古代人と現代人の環境の違いから【裸足】を考えてみました。

元より、人間の足の進化は、その環境の変化にも大きな影響を受けていたはずです。


そもそも古代人にとって走る行為は非日常だったはずです。

例えば・・・・

 ヾ躙渦麋

◆ー蹐

 祭り 


などなど 非日常ですね。


当時はダイエットや健康目的で走る人はいなかったはずです。

つまり【歩く事】が日常でした。


改めて【歩く】を考えてみます。


踵(カカト)の骨の丸みや脂肪の厚みは地面から来る衝撃を受ける為に発達しました。

踵が地面に接する事で爪先が上向きになり、障害物につまずかず歩けます。


踵で最初の衝撃を受けてから前方への体重移動をします。

足のアーチ(縦アーチ・横アーチ)はスプリングの役目をして、左右にフラつかない

スムースな体重移動をサポートします。

前方向に体重移動する事で、踵が上がり、前足部のアーチがスプリング効果で

最終の蹴りになるわけです。


一連の動作は2本の足で交互に連携しながら、他の動物には見られない上下動の少ない、

ロスの少ない、スムースな二足歩行が完成しました。

(まだ進歩の途中かもしれませんが)


歩行に於ける踵着地は必然なんですね。

しかし【走る】行為で踵着地をすれば、衝撃が大きくなるだけでなく、ブレーキを掛けること

になり効率が落ちてしまいます。


そこでフォアフットストライク(前足着地)やミッドフットストライク(中足着地)が登場する訳です。


スピードを上げれば無意識にフォアフット着地になります。

決して踵を着いて走りませんね。


つまり着地方法を意識する必要はないんです。


さてここからが問題です。

実は、我々日本人はこの【踵着地】が出来ないんです。


このブログでも何回も書いた様に、日本人の骨盤形状は欧米人と違い小さい為

臀筋が小さく、お尻で体が十分に支える事が出来ません。

仕方なく脚で支えます。

それにより外側広筋が発達し、所謂O脚になってしまいます。

外側の筋肉を使おうとして外側への【あおり動作】が大きくなり、膝や腰への

負担が大きくなってしまいます。


これは草鞋・草履文化や正座も影響していると言われています。

すり足気味に歩く事は、つまり膝を曲げて歩きます。

先程、書いた人間の歩き方と違いますね。


その意味では最近ブームのファイブフィンガーズを使う場合、走るのではなく歩く事、

しかも踵を着いて歩くことでご使用されるにはオススメ出来ます。



◆【ランニングシューズセミナー&正しい履き方実践】DVD ¥2,800 約100分

◆【正しいランニングシューズの選び方 in お店】 DVD ¥3,500 約60分

◆上記2点を併せてご購入の場合、¥1,000の割引とさせていただきます。

合計金額¥6,300−¥1,000=¥5,300になります。

※付属の資料はお申込み後、PDFにてメール送信させていただきます。


【5分で効果UP!体幹トレーニングとランニング用筋トレの方法】DVD+PDF 60分¥4,800(送料・消費税込)


【自分で出来る!ランニングシューズチューニングの方法】DVD 70分¥3,800(送料・消費税込)

↑このページのトップヘ